スリーピー・ホロウ [DVD]

  • 171人登録
  • 3.47評価
    • (4)
    • (28)
    • (30)
    • (3)
    • (1)
  • 12レビュー
監督 : ティム・バートン 
出演 : ジョニー・デップ  クリスティーナ・リッチ  マイケル・ガンボン 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113764704

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スリーピー・ホロウ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 請求記号:00G323(館内視聴のみ)
    所蔵資料はビデオテープです。

  • 再見

    犯人は亡霊で、それを操っていたのは人間というのがおもしろい(普通は亡霊のふりした人間なのに、亡霊は本物だったのか!)


    以下ネタバレあらすじ引用


    ストーリー
    1799年、ニューヨーク市。科学捜査を信条とする捜査官、イカボッド・クレーン(ジョニー・デップ)という男がいた。その頃の警察といえば、『川に浮いていた死体は溺死』等、ろくに捜査もせずに拷問・誤認逮捕を繰り返しており、科学捜査を進言するクレーンは煙たがられた挙句、ニューヨーク市から馬車で2日程行った、ハドソン川沿いの丘にあるスリーピー・ホロウという小さな村で起きた連続殺人事件の調査を命じられる。厄介払い、というやつだ。連続殺人事件は、2週間のうちに3人が殺され、いずれの遺体からも首が切断されているという、とても猟奇的な事件・・・。覚悟を決め、村へと旅立つクレーン。

    村に着いたクレーン。まずは村の相談役である、バルタス・ヴァン・タッセル(マイケル・ガンボン)を訪ねる事にする。滞在期間はバルタスの屋敷に世話になる事にしたクレーンは、村の主なる人物であるトーマス・ランカスター医師(イアン・マクダーミド)、スティーウィック牧師(ジェフリー・ジョーンズ)、サミュエル・フィリップス判事(リチャード・グリフィス)、ジェームズ・ハーデンブルック公証人(マイケル・ガウ)が集まっている場に出向き、事件に関して色々と質問をする。分かっているのはピーター・ヴァン・ギャレット(マーチン・ランドー)、その息子のダーク・ヴァン・ギャレット、そしてウィンシップ未亡人の3人が首を切断されて殺されていた、という事だけだ。どうやら村人達の話によれば、首は発見されていないらしい。首なし騎士が現れ、首を奪い・・・地獄へ持ち帰ったのだという。さっぱり意味が分からないクレーンの為に昔話を始める村人達。その昔、アメリカ独立戦争の時に、ドイツの王子が送り込んだドイツ人の傭兵がおり、黒馬デアデビルに乗り、殺戮を楽しむように敵の首を次々とはねたのだという。だが1779年の冬、スリーピー・ホロウの村からほど近い西の森で、この男は討ち取られた。自らの剣で首をはねられて、だ。それ以来、その森には騎士の亡霊が出没するようになり、20年経った今、無差別に人を襲い、復讐を始めたのだという。それを聞いたクレーンは、亡霊に怯える重鎮達に、「犯人は生身の人間だ。きっと捕まえてみせる」と宣言するのだった。

    また殺人事件が発生。さっそく現場へ駆け付けるクレーン。被害者はジョナサン・マスバスという男で、やはり首が切り取られ、持ち去られていた。その後、村ではジョナサンの葬儀が執り行われた。葬儀が終わり、人々が散っていく中、クレーンにフィリップス判事が話しかけてきた。「ジョナサンは4人目ではない、5人目だ。5人が4つの墓に眠っているんだ。」謎の言葉に、困惑するクレーン。早速、翌朝日が昇らないうちに墓を掘り返す事にする。だが死体は4体しかない。・・・いや、待てよ?ウィンシップ未亡人の腹部に刺し傷を発見するクレーン。死体を医師宅へ運び。自ら解剖する。その結果、未亡人の腹には、赤ん坊がいた事が判明した!

    その夜。クレーンは首なし騎士に襲われ、気を失う。首なし騎士の正体は、村人達の化けたイタズラだった。バルタスの屋敷に用意された自室で目を覚ましたクレーン。暖炉のある部屋へ行くと、バルタスの娘、カトリーナ(クリスティーナ・リッチ)が母の形見の本を読んでいる最中だった。どうやら、カトリーナの母は既に他界しており、その時看病していた看護婦が現在の母(後妻)となったらしい。お守りに肌身離さずに持っていて、とカトリーナがクレーンに手渡した本のタイトルは“霊界と呪文”。この本も、母・エリザベスの形見らしい。念の為にと、一応受け取るクレーンだった。

    フィリップス判事の様子がおかしい。後をつけたクレーンが、フィリップス判事と野原で言い争っていると、突然辺りにいた羊達が怯えだす。そして現れたのは、本物の首なし騎士(クリストファー・ウォーケン)!騎士は真っ直ぐフィリップス判事に向かうと、容赦無く首をはねた!そしてクレーンの事など気にも留めず、首を持ち去って行ってしまった!意識を失う、クレーン。そして、恐怖のあまり、自室に閉じ籠ってしまった。だが!クレーンは自力で恐怖を克服した!そして西の森へ行き、騎士の墓を探し出し、亡霊と対決する決意を固めるのだった!

    父親を殺されたマスバス少年(マルク・ピカリング)をお供に、西の森を目指すクレーン。道中、殺された人達の共通点を考える。マスバス少年の証言によると、ヴァン・ギャレット親子は殺される1週間前、口論していたという。そして、マスバスはヴァン・ギャレットに仕えていたらしい。道中、魔女らしき者の住む祠を発見し、『血塗られし首なし騎士を追う者よ、インディアンの道を西へ進め。“死人の木”を探して登っていけ。そこが騎士のねぐらだ』と予言を得る。そして更に進むと・・・何か動く者が!それは何と、カトリーナだった。クレーンの事が心配で、追ってきたらしい。そして3人は、遂に“死人の木”を発見するのだった。木の根を斧で切り付けるクレーン。何故か切り付けた部分からは血が吹き出し・・・中からは殺された人々の生首が大量に転がりだしてきた!この木はあの世への入り口・・・門なのだ。そして更に、木の根元には何か最近掘り起こした跡があり、ショベルでその部分をクレーンが掘ると、そこには頭蓋骨の無い白骨死体が。誰かが騎士の死体が埋まっていたこの場所を掘り、頭蓋骨を持ち去ったのだ。騎士の霊は、盗まれた頭蓋骨を取り戻す為に現れたのである。このままでは、自分の頭を取り戻すまで、罪の無い人々の首を刈り続けるだろう・・・。

    その時、突然雷が鳴り響いたかと思うと、殺された人々の生首の中から湧き出すように現れたのは・・・首なし騎士!走り去った首なし騎士を追う、クレーン達。しかしクレーンが村に戻った時、既に殺戮は終わっていた。助産婦のキリアン一家が皆殺しにされていたのである。首なし騎士を捕えようとする青年・ブロム(キャスパー・ヴァン・ディーン)を、「勝ち目は無い」と止めようとするクレーン。結局クレーンは深手を負い、ブロムは殺され・・・首なし騎士は去って行ってしまった。何とか一命を取り留めたクレーン。だが、一つ分かった事がある。騎士は誰かれ構わず殺しているのでは無い。陰で彼を操る者が指図している。彼の頭蓋骨を盗み、墓の場所を知っていた生身の人間が。

    カトリーナの看病のお蔭もあり、体調を取り戻したクレーン。部屋に籠り、推理する。そしてある事を閃き、ハーデンブルック公証人の所へ向かう。ハーデンブルック公証人の事務所には何故か、マスバスの鞄があり、中にはピーター・ヴァン・ギャレットの遺言状が。その遺言状は最近書き換えられた跡があり、相続者の名前は殺されたウィンシップ未亡人になっていた。そして遺言状と共に、結婚証明書もあった。ピーター・ヴァン・ギャレットはウィンシップ未亡人と結婚し、遺産の全てを彼女とその腹にいる子供に残すつもりだったのである。つまり、牧師は結婚式を司り、医師は妊娠した未亡人を診察。判事は法律で2人を保護し、公証人は書類を隠した。これで4人の関係が、線で繋がったのである。そしてこの連続殺人で一番得をする人物とは・・・ギャレットに最も近い親族、バルタス・ヴァン・タッセルだ!そう推理するクレーン。

    自室に戻ったクレーン。部屋にはカトリーナがいた。証拠を抱えていたので、カトリーナには席を外して貰うことにした。その後、部屋に現れた小さな蜘蛛により、偶然ベッドの下に魔法陣・・・“悪魔の目”が描かれているのを発見する。誰かがクレーンに呪いをかけようとしている?!

    その夜、何者かが屋敷からこっそり抜け出した事に気付き、後をつけるクレーンとマスバス少年。抜け出したのは、ヴァン・タッセル夫人(ミランダ・リチャードソン)だった。森の中、スティーウィック牧師との情事に耽る夫人を後に残し、屋敷に戻るクレーン。だがクレーンが留守の間に、カトリーナが勝手に机から証拠を持ち出し、焼いてしまっていた。咎めるクレーンに、恨みの言葉を吐いて去っていくカトリーナ。

    翌朝。ハーデンブルック公証人が首を吊って自殺したと知らせが入る。そして夜、教会で会合が開かれる事に。そこに現れた、首なし騎士。どうやら、途中でヴァン・タッセル夫人を殺してきたらしい。村人達は我先にと教会へ逃げ込む。何故か騎士の霊は、教会の中には入って来れないらしい。騎士の霊の狙いがバルタスだと決めつけ、バルタスを教会の外に追い出そうとするスティーウィック牧師。ランカスター医師は恐怖の余り、観念して本当の事を話そうとするが、スティーウィック牧師に十字架で殴り殺されてしまう。勿論4人が結託して行った悪事を公表されないように口封じの為に、だ。その様子を見てパニックになり、思わず銃でスティーウィック牧師を撃ち殺すバルタス。警官達から逃げようとしたバルタスだったが、騎士の霊が投げた柵が窓ガラスを破り飛び込んできて、バルタスの心臓を貫いた!柵には紐が繋がっており、騎士の霊が紐を手繰り寄せた為に外に引っ張り出されたバルタスは、予想通り、首をはねられたのだった。地獄のような光景を見て、気を失うカトリーナ。だがその手にはチョークの粉が付着しており、教会の床に描かれた“悪魔の目”を、クレーンは見逃さないのだった・・・。

    黒幕はカトリーナだった・・・。未だに目を覚まさない彼女を残し、村を去るクレーン。だが、本当に自分の推理は正しかったのだろうか・・・馬車の中で考える。そして物語は意外な展開を見せるのだった・・・。

    ラストは・・・
    馬車の中で何気なく、以前カトリーナから受け取った本“霊界と呪文”のページをめくり、驚くクレーン。あの“悪魔の目”と思っていた魔法陣は、“愛する者を悪霊から守る術”だったのだ!カトリーナはクレーンや愛する父を、必死に悪霊から守ろうとしていただけだったのだ。急いで村へ引き返すクレーン。ヴァン・タッセル夫人の遺体を調べると手にかつて見た情事で自ら付けていた傷があるものの、その傷は死んだ後で付けられた物である事に気付く。つまり、誰かの死体をヴァン・タッセル夫人が死んだと思わせる為に傷を付けた事になる。そう、本当の黒幕はヴァン・タッセル夫人だったのだ!

    ヴァン・タッセル夫人はカトリーナをさらい、そして魔術を使い、首なし騎士を呼び出す。ヴァン・タッセル夫人は幼い頃、両親と妹と一緒に小さな家に住んでいたが、父親が早くして他界。それが原因で地主に土地を追い出された事を、ひどく恨んでいたのである。母親から魔術を教わった彼女は地主・・・ヴァン・ギャレットの財産を全て奪うべく、騎士の霊を使い財産を受け取る権利のある人間を順番に殺していたのだ。フィリップス判事や助産婦一家は、秘密を知っていたというだけの理由で殺されたのだ・・・。森の中でクレーンが出会った魔女こそ、ヴァン・タッセル夫人の妹で、彼女もまたクレーンの手助けをしたというだけで既にヴァン・タッセル夫人に殺されていた。遺産を手に入れる為に邪魔な人物はあと1人。カトリーナだけなのだ。そしてヴァン・タッセル夫人の召喚に応じ、騎士の霊がカトリーナ達の立て籠もる風車小屋まで迫っていた!

    ようやくカトリーナの元に到着したクレーン。マスバス少年とカトリーナを連れて、風車小屋を上へ上へと逃げる。追ってくる騎士の霊。クレーンは上から火を放ち、回転する風車の帆に捕まって地上へと逃げる。大爆発する風車小屋。だが騎士の霊は無傷だ。馬車に乗り、逃げるクレーン達を愛馬に乗り追ってくる騎士の霊。

    何とか“死人の木”まで逃げ延びたクレーン達だったが、そこにはヴァン・タッセル夫人が待ち構えていた。夫人の放った銃弾で倒れるクレーン。夫人はカトリーナを捕まえ、騎士の霊に差し出そうとする。だが、クレーンは死んでいなかった。カトリーナからお守りにと貰った本が銃弾を食い止めていたのだ。クレーンは夫人の腰に巻きつけてあった騎士の頭蓋骨を奪うと、騎士の霊に投げ返す。騎士の霊に首は戻り、素直に地獄へと戻って行った。もう夫人の言葉に従う必要は無いからだ。・・・自分が死ぬ原因となった(追われていた騎士が隠れていたところを発見した子供の頃の夫人が、物音を立てた為に、追っ手に発見され殺された)、そして死んでからも頭蓋骨を奪い使役する非道なヴァン・タッセル夫人を恨むかのように、しっかりと抱きかかえながら・・・。

    こうして事件は終わった。ニューヨーク市に戻ったクレーン。マスバス少年はそのままクレーンの助手として雇われる事になり、カトリーナも村を捨てクレーンと一緒に上京する事となった。そして年は1800年となり、

  • 【あらすじ】
    18世紀末、これからは科学捜査だ!と息巻くイカ捜査官はスリーピー・ホロウ村での連続殺人事件の担当を命じられる。被害者は軒並み首を切られておりその首は見つからない。村人は大なり小なり血縁関係があり、誰でも被害者に繋がりがあるため捜査は難航。村人は首切り騎士の呪いだと言うが、科学の人イカは一笑に付す→そんなイカの目の前で首切り騎士が現れ、判事を惨殺→速攻呪いを信じたイカは、殺しの理由を捜査し始める。

    【以下ネタばれあらすじ】
    騎士の墓には頭蓋骨がなく、それを見つけるまで殺しが続く→イカは[村長][村長の息子][村長の隠し子を身ごもった夫人][村長の下男][判事]が殺されていることから村長の遺産を相続できる者が頭蓋骨を隠した真犯人と推測(下男と判事は真相を知っていた)→地主を疑うが殺され、その娘リッチを疑うイカ→しかし真犯人は地主の後妻で、一族の土地を奪った村人を憎んでいた→頭蓋骨が戻った騎士にさらわれアボン。イカ&リッチ+αはNYへ。

    最後に真相をすごい勢いで説明し続けるシーンが工工エエエ(´Д`;)エエエ工工って感じでした。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 首なし騎士が怖いのにすごく魅力的だった。

  • 1799年、N.Y.郊外のスリーピー・ホロウという村で連続殺人が発生。それは「首なし騎士」が村人の首を斬るというものだった。市警のイカボッド・クレーン(ジョニー・デップ)は捜査に乗り出し、村の隠された秘密に気づいていく…。

    雰囲気作りは申し分ない出来。ストーリーは、首なし騎士の犠牲者たちに共通点があることが判明する過程はなかなか面白いものの、言葉だけの説明で人間関係が掴み難いのと、謎解きがラストに集中していて駆け足気味になのがネックで推理する余裕がありませんでした。

  • ティム・バートン&ジョニー・デップ。
    珍しくちゃんとジョニー・デップがイケメン仕様。めっちゃ変人だけど黒い髪と真っ黒けの服、隠しきれない細い脚。頬がこけてるのもまた素晴らしく雰囲気があっていい。

    時は18世紀末。拷問により自白を強要する操作方法にウンザリしていたイカボット捜査官はついに法曹関係者から疎まれ、人里離れたスリーピーホロウという村でおこった殺人事件を解決するよう命じられる。この村がまた過疎地にありがちというか、他人によそよそしく信心深くて「首なし騎士の幽霊が夜な夜な首を狩っている」などと言い出すし、何故かやたらとイカボットをNYへ送り返したがる。怪しいことこの上ない。まあイカボットも変な道具をたくさん持ってたり死体を解剖して何故か必要以上に血だらけになったり虫嫌いのビビりだし、あまりにビビって何回も気絶するわで人に好かれる性質ではない。しかし村で出会った美少女と恋に落ち、事件解決に向け奮闘します。

    まーこのイカボットが変人すぎてとても好きだった。愛想悪い、女慣れしてない、とにかく気絶しまくる、魔女怖いので子供を盾にする、虫怖いから取って!って子供に命令する…全く頼りがいがない。最後に騎士と戦う時も女の子に全力で庇われてるし。このイカボットの恋愛が見所の一つ。
    あともう一つの魅力は首なし騎士です。ラストに出てくる首なし騎士の顔は恐ろしい形相なのに何故か妙に魅力があります。物語の最後に騎士が盗まれていた首を取り戻したので地獄へ戻って行くのですが、事件の黒幕であり騎士の首を盗み操っていた犯人である魔女を捕まえ、一緒に地獄へ連れ去ります。その時に「おしおきだぞ〜」とばかりに牙のある口で噛み付くようにキスをするので魔女が叫びながら血だらけになり気絶するのがとても良いラストでした。
    こういうとにかくキスで終わらせるというか黙らせるラストが大好き。
    そういえば魔女は子供の時に騎士と出会っていますがその時も恐ろしい形相ではあったけれど一応騎士は優しかったもんね!魔女のせいで死んだけどね!

  • ※暴力及び流血の激しい描写と性表現の含まれる作品です。

    【印象】
    18世紀末の米国、無神論者な捜査官の男。
    連続殺人、複数の変死体が出ている村を訪れる。
    見せかけ。妙に滑稽さを前面に押し出している場面もあります。

    【類別】
    ホラー、ファンタジー、ミステリ、サスペンスの要素。少しだけアクション。

    【脚本等】
    謎解きとしての纏まった流れはありませんが意外性は織り込まれています。

    【画等】
    衣装や生活空間について、古い時代の描写に努めているようで少し興味が引かれました。
    ホラー作品によくある、わざとらしい演出強調を見受けます。

    【音等】
    音楽はクラシック風。

  • ジョニー演じるクレーン捜査官は、スリーピーホロウという村で起きる連続殺人事件を任される。

    クレーン捜査官は科学の力で事件を解明すると意気込んでいたが少しおじけ気味。でもだんだんたくましくなってく。

    ジョニーデップはなよなよした役のが良い

  • シンプルさがお洒落にも感じるホラー。

  • ジョニーデップとティムバートンの映画が好きだから観たのだが、一番期待はずれな作品に感じた。犯人が途中から予測できてしまったのも残念。

  • WOWOW。
    なんてジョニーデップがきれいなんでしょう。

全12件中 1 - 12件を表示

スリーピー・ホロウ [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

スリーピー・ホロウ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする