Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]

  • 32人登録
  • 3.53評価
    • (0)
    • (8)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 文藝春秋 (2013年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268510332

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 欧州に生きる。自分が高校サッカーに夢中だった頃、こんな時代が来るなんて想像もできなかった。同じ年の中村俊介が海外に移籍した時に、俺も海外でやりたい。そんな風に鼓舞された気持ちになった。中田英寿がローマで活躍し、語学を自由に操る姿にプロとしての強さを見た。それから10年。新しい世代が、海外で戦っている。しかも、最高のビッククラブで、レギュラーを取っている。香川はマンチェスターだし、長友はインテルだし。ルーニーからパスを受け取って、シュートを決めるなんて、感激の瞬間だ。もしかしたら、日本人バロンドールが出たりして。彼らに共通するものは、確かな技術と自信。そして、ある種の謙虚さだと思う。サッカーに対する楽しいという感覚をまったく隠さない笑顔に、過去の人達がプレッシャーに押しつぶされそうなほど期待を背負った姿とはかけ離れたものを感じる。日本企業も日本国内市場だけで食っていける時代は終わった。社内に海外に通じる人材や外国人がいるのは、もはや普通のことだ。海外に疎いおじさんたちは、なんとか今の状態で一抜けするのを首を長くして待っているのだから、ちょっとかわいそうになってくる。早く世界へ。そんな気持ちになってくるね。

  • 「クリスチャーノだって、最初のうちは単なるウイングに過ぎなかった」というのが、香川の記事内で出てきます。
    あ、香川が言ったんじゃないですよ。

    そうです。マンU加入初年度は確かに、単なるテクニックが抜けてるウイングでした。それでも、ファーガソンの下でバロンドーラーにまでなったんですよ。

    今季(12-13)の香川じゃなくて、来季(13-14)に期待してます。

    大前に触れられていたのに、少しびっくり。あんまり活躍できてないので、現状は。
    応援してるので、頑張って欲しいです。エスパルスからの海外移籍だからね。

  • 廣山望のインタビューが3ページあったので、買った。
    今はスペインで指導者の勉強してるらしい。頑張って欲しい。


    ハーフナーマイクのように見た目欧州、身体に染み付いた文化は日本人ということを今まで、あまり気にしたことなかった。

    あと、大前げんきが、移籍金ゼロ円だったのかぁ。

  • 自分も、仕事で世界トップになりたい。

  • 一流の日本人アスリートが、それぞれのギラギラした意志のもと海外で戦い、ステップアップを目指している姿に刺激を受ける。

    個人的な一押し記事は、廣山望氏のインタビュー。
    パラグアイ・ブラジル・ポルトガル・フランス・アメリカと世界各地で転戦した彼は何故その道を選んだのか。そのルーツに触れています。
    マスロバルがいた頃のジェフが好きだった人にもオススメ。

  • 2013/2/21 近所のコンビニで購入。
    2013/2/21~3/3

    ヨーロッパで活躍する日本人選手達の動向。一昔前には想像出来ない充実ぶり。でも、あと十年、いや五年もすれば、こういう特集が成り立たないほど普通になってるかも。

全7件中 1 - 7件を表示

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 3/7号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする