ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫) [Kindle]

  • 318人登録
  • 3.78評価
    • (21)
    • (49)
    • (39)
    • (2)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 三上延
  • KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (173ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
宮部 みゆき
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久々に読んだけど内容忘れていて次がきになってサクサクっと読めた。
    文章もきれいで読みやすくて、オチもスッキリしている。
    ドラマ化もされたけど、イメージが全然違うもので、この作品は本でみるものだと思った。

  • 6冊一気に読むほど面白かった。小方さん、ありがとう。晩年読んでみたい。

  • 古い本には 物語がある。…それは本の内容ではなく持ち主の物語であって、内容と絡ませて新しい物語を作り出しているとても魅力的な作品だとおもいました。登場人物も個性的で愛らしく思わず見守りたくなります。

  • 古書の魅力が十分に伝わる作品。
    古書は汚くて古くて、読みたくないって思ってたけど、古い本が手元に渡るまで、たくさんの物語があることを知った。それに思い馳せながら読むのもまた楽しいんだろうな。
    ただ、すべて栞子さんがきれいな容姿だったからに限る。これがブサイクな女の子が話し方もオドオドしてて、ずっと一日中本を読んでる子にだれが話しかけてくれるの?
    可愛い女の子しか、引くようなコアな趣味をもっちゃいけないの?

  • 鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。

  • 北鎌倉が舞台、古書堂のお話。本のタイトル毎の章立て。途中で区切っても楽しく読める。

  • 北鎌倉の昔からある、古本屋さん、「ビブリア古書堂」に亡くなった祖母のいわくつきの本を持ち込んだ五浦大輔。そこにはかつて見かけた、きれいな店主はおらず、彼女は入院していることを知った。入院先に出向いて、美しき店主、篠川栞子に会い、祖母の本「夏目漱石・全集」のうちの1冊の謎を解く。その謎をきっかけに、大輔は店主不在の「ビブリア古書堂」でアルバイトをはじめることになった。そこには古書にまつわる、謎・事件が持ち込まれるようになる。そして、栞子が入院することになった、太宰治の「晩年」についての事件(?)が起こる・・・。シリーズ6巻の最初の1巻目。

  • 本への愛着の話は、きついねえ。

  • 本を読む人にとっては古本はなじみ深いだろうに、いや、だからこそなのか、古本、というか希少本みたいなのを書いた日本の小説はあまり見ないわけで。まぁ自分も「たかが本で」と言ってしまいそうな質ではあるけども。まぁ難しい本には興味ないけども、登場人物がけっこう魅力的で、最後の話の人とか、レクター博士みたいになってlきっと続編あるよなぁ、とか、思うのでした。

  • 所謂ライトミステリと呼ばれているものでは某Qと骨に相当がっかりさせられていましたので、こちらも最初は恐る恐るという感じで頁を捲っていました。
    がこちらは面白い!
    まぁ素材が古書ということで興味があったからかもしれませんが、薀蓄は控えめでしたし、主人公の設定が突飛では無かったですし、主人公以外のキャラクターにも親しみが持てましたので、読んでいて気持ちが良かったです。
    これから先事件で関わったキャラが増え、ビブリア古書堂の常連になるにつれ物語に深みが増していきそうな所にも期待してしまいますね。
    さて続きを買わねば。

  • 古書にまつわる薀蓄話が面白い。作中に出てくる謎に面白みを感じるかどうかは人次第。読書を始める人の入口となればいいかなというところ。

  • 謎の美人?を軸にすろとこが、マニアにうけるやろなと。本好きそれも古本好きには堪らない一品?

  • 物語の中で出てくる本も読みたくなりました。

  • ちょっと対象年齢が低いかなあと思ったけど十分楽しめる!これに紹介されている本を買って読んでみたくなる。

  • 大変ステキで魅力的なブックガイド。
    本の魅力を語るくだりが魅力的です。

  • ライトミステリ小説というんだそうだ・・・ラミスかな。

    古書に関して並外れた知識を持つが、極度の人見知りである古本屋の店主・栞子(しおりこ)が、客が持ち込む古書にまつわる謎を解いていく。

    語り手は五浦 大輔(ごうら だいすけ)
    23歳の男性。司法試験を落ちまくり、現在ぷー太郎。母親からぷーすけと呼ばれている。

    北鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」の女店主は、篠川 栞子(しのかわ しおりこ)
    黒髪の長髪に透き通るような肌をした美人。

    軽く、しかし、色々な本の話を織り交ぜながらの謎解き。

    ミステリーは面白いのだが、いつも殺人事件があるのがちょっとなあと思う私は結構いいかなと。

  • 前々から気になっていたけど、表紙からちょっと敬遠していた本書。でも読んでみたら面白く、あっという間に読了。
    古書にも興味が湧きました。シリーズとして次回作以降も読んでみたい。

  • 本に関する部分の書き込みが凄いラノベという印象。
    出てくる本は自然と読んでみたくなるし、本屋で進められるのは納得しました。
    ただ、他の日常系ミステリより飛び抜けているとは思えず、大ヒットの理由はやはりドラマ化なのだと思った。

  • 無骨で本など読んだことのない(とある事情から読めない)男性の主人公と、グラマーなのにスレンダーでちょっとズレた本の虫のお姉さんの2人が、古本にまつわる事件を解決していくシリーズモノ。
    どちらかと言えばライトノベルに近い部類の小説だが、意外にきっちり練られているように感じました。

  • ビブリア古書堂の事件手帖読了。かなりナナメな気持ちで読み始めたんですが、意外なほどよくできた話でした。サラっと読みやすい話ですし、そのわりには最初から最後まで必要な事項入れてきれいにまとまってると思います。ヒロインももっとパーフェクト儚い美女かと思ったら、地味に性格悪かった

  • ミステリーですが、装丁も然り、印象としてはライトノベルという感じでしょうか。極度の人見知りでありながら本に関しては生き生きと話す古書店の店長である篠川栞子と、過去のトラウマで本が読めない体質を持つバイトの五浦大輔を中心に巡る、ほんわかとしたミステリです。文章の言い回しなどに癖がない分、あまり本を読まない人でも読みやすいんでしょうね。内容も奇抜なものはなく、どなたでも抵抗なく読めるものになっています。

  • この本のドラマが面白くて、また読書をするきっかけを与えてくれた。
    手始めにこの本から。
    とても読みやすく、さくさく読めた。続きも読みたい。
    ただ、栞子さんの描写や大輔への言動など、
    おじさん作者が願望で書いているようで、ちょっと引きます(苦笑)
    そういうのいらないんだけどなぁ・・・
    でも、話に出てきた本は魅力的な本が多く、
    読んでみたいものばかりでした。

  • 読んでいる間、
    それなりに楽しめる作品。

    …でも、それだけ…かな。

    殺人事件とかは出てこない。

    …なんか、こう云った雰囲気の作品は
    いろいろあるよね。

    坂木司さんの本とか・・・
    小路幸也さんのシリーズものとか。


    嫌いじゃないけど・・・

    何冊か読めば、それで食傷気味になるような。


    …でも、
    取り上げられている本については、
    興味をそそられる。

    長くなるので、詳細は ⇒ http://tschuss12.jugem.jp/?eid=421

全39件中 1 - 25件を表示

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)に関連するまとめ

三上延の作品一覧

三上延の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)はこんな電子書籍です

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~<ビブリア古書堂の事件手帖> (メディアワークス文庫)の文庫

ツイートする