描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップ [Kindle]

  • 89人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (10)
    • (17)
    • (3)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 矢島美由希
  • CCCメディアハウス (2012年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (204ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸見 一郎
ジェームス W....
カイザー・ ファ...
ロバート キヨサ...
トニー・ブザン
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップの感想・レビュー・書評

  • 「とりあえず描いてみよう」というスタンスが好き。

    ルールとか形式ばらず、
    「どういうことが起こるか?」
    「何を得られるか?」
    を解説している。

    「とりあえず描く」というアクションが取りやすい。
    実際に描いてみたいという思いのある人にオススメ。

  • 【kindle umlimited】マインドマップという名前と表紙のような絵は見たことあるけど、どうやって使うんだろう?と気になりつつも何も行動に移さなかった私(笑)ほんとに、ふだん使いできるような実際のマインドマップが沢山ありました。一番印象に残ったのは、3.11の時に、これからどうする?という内容で今後のことを衣食住に分けて書いてあったマインドマップ。そして育児のことで夫婦がマインドマップを書いてお互いが思ってたことがすれ違ってたことがわかったマインドマップ。

  • マインドマップのいい導入書。実際の例が出ているので、それを参考にしながら最初のマインドマップを書くことができます。

    マインドマップは何よりも「描く」ことが大事と著者は言います。というのもその作業の過程で、頭の中を整理し、問題解決につながるヒントを見つけ出すきっかけになるから。描くことによってどうしたいのかを念頭に描くことにより、頭の中を整理するだけでなく、自分に足りないものも教えてくれます。

    マインドマップは「その先に枝を伸ばす」ことを考える作業です。この思考の癖がつくと、日常のコミュニケーションにおいても、相手の言葉を表面的に捉えることが少なくなり、掘り下げて想像を膨らませていけます。

  • 流し読みして概要だけ把握。
    あとは実践してみてといったところ。

  • デジタルと箇条書きに行き詰まりを感じて、試しにマインドマップをやってみようと思って購入。本書によるとマインドマップ創始者が提唱する7つのルールに合致するマインドマップは「フルマインドマップ」、部分的にそれに沿っているものを「ミニマインドマップ」というらしい。本書購入前からマインドマップの真似事のようなことをしていたが、それは「ミニマインドマップ」だったわけだ。

    ルールを遵守することも大事だが、なにより楽しむことが大事という本書。最初は「ミニマインドマップ」から始めて、行き詰まりを感じたら本書を読みつつ「フルマインドマップ」に近づければいいのかもしれない。無理せず少しずつマインドマップの良いところを生活に取り入れるという点で、本書はとても良い導入書籍。

  • 実例が沢山のっているので
    マインドマップを書いてみようと思う
    初心者の私には、とっかかりやすい本でした。

    講座があったりして(しかもお高め)
    もっと難しいものだと思っていましたが。。。

    買い物メモだったり、旅行計画だったり
    連想ゲームをするかのように
    描いていけるものだとわかって
    実践する意欲がわきました。

  • マインドマップ、本も読んだし、講習も受けたのですが、あんまり書いていなくて、もうすぐ単位認定試験があるため、学習のための思考整理をするため、電子書籍を購入して、駆け足で読みました。復習のためには必要十分内容で、楽しく書けそうな気持ちになってきます。実際に新しく水性ペンを購入して、2枚ほど書きました。哲学の遠近法に関するマインドマップで、A4では足りなかった!楽しみました。

  • 頭の中を整理できそう

  • マインドアップを改めて勉強するために購入。
    すごくライトな本で2時間ほどで読了しました。

    当方マインドマップはMacのMindNodeProを使っているので、手書きの例しか載っていない点がすごく気になりましたちゃんと他人の使用例など参考になりました。

    久しぶりに頭の整理に使ってみようと思います。

  • 電子書籍だったので、より一層気軽に読めた。

    マインドマップっていざ書いてみようと思うと難しくて...
    ってなるけど、簡単だよ~って語りかけと、
    たくさんの例が並んでるので、
    これを読むことで今まで書いてこなかった人も簡単に書き始めれそう。

    マインドマップのハードルを下げてくれて、
    知ってる人も知らない人にも、万人にお勧めの一冊。

  • ほんのちょっとのことで他者とすれ違うことは多い。そこを少し埋めるためにマインドマップを使うのもいいかもしれない。本書はビジネス用途より本題通り日常の中でのマインドマップの利用方法を豊富な実際のマインドマップで説明している。それらを参考にいろいろな生活の局面でマインドマップをもっと活用していけたらなと思う。

  • 日常生活のごく普通の場面でマインドマップを使用する方法が実例とともに紹介されている。
    マインドマップを描くという心理的抵抗が薄れる内容。

  • マインドマップの導入本は何冊か読んでいるが、ビジネス以外でのマインドマップの使い方が紹介されており、マインドマップの利用範囲の広さについて考えさせられた。本書は紙に書くマインドマップを紹介しているが、個人的には最近はマインドマップ作成アプリもあるので、携帯性の観点からデジタル化について考えてみたい。

  • 何度も挫折しましたが、この本をきっかけにマインドマップに向かえそうです。と言っても本家のブサンさんが言うような、色合いとか線の太さが大事だというのも分かるんですけど、やっぱり自分はWebで管理したいので、
    なんか色気のない「MindMup」
    http://web-marketing.zako.org/web-tools/mindmap-for-google-drive.html
    に落ち着いているんですけどね。
    そういった意味では著者の言われることをスルーしている悪い生徒なのかもしれませんね。でも何にせ、続けれそうっていうのが一番です。ありがとうございます。

  • マインドマップを描くことで記憶がよくなると聞き、本書を購入。
    もともとは記憶力向上のために開発された学習術らしい。
    その後、考えをまとめたり、発想を広げたり、コミュニケーションにも効果があるということで日本でも普及したそうだ。

    自分でも早速描いてみたいのだが、本書の前半は生徒さんの活用例ばかりでウンザリ。
    こんなにたくさん要らないし、まずは描き方を教えてくれ。
    2~5章は読み飛ばしてもよいと思います。

    効果を知るには、まずはマインドマップを描かなくてはならないのであるが、どうもその気が起きなくなってしまった。
    なんでその気が失せたのか、その理由を探るためのマインドマップから描き始めてみようか。

全16件中 1 - 16件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップはこんな電子書籍です

描くだけで毎日がハッピーになる ふだん使いのマインドマップの単行本(ソフトカバー)

ツイートする