BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]

  • 76人登録
  • 3.70評価
    • (5)
    • (6)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • マガジンハウス (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910277530338

BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 旅に行きたくなる。を手に取ったのは二回目。前回のも面白かったけれど、今回のはもっと面白かった。写真も多めで、構成がよくできている。ポール・ボウルズ、ジャック・ケルアック。今年はよくこの二人を特集した雑誌を多く見る気がするのはオンザロード公開だけの話じゃないのかな?は、さておき。風景のおいしい街や美味しいものがたくさんある町。国内が多かったなぁ。山形の紙風船上げは生でみたいな。

  • 旅に出たくはなったけれど、でもミャンマーはちょっと遠いかなあ・・・

  • 「旅に行きたくなる。」
    なんていう特集なのですが、みてみると確かに旅に誘われます。
    日本のよさを知る旅、東北地域に旅がしたくなりました。

    BRUTUSは2013年雑誌大賞も受賞し波に乗ってますが、やっぱりエッジの効いた特集やってくれる時なんかはついつい手にとってしまうもの。旅は十八番ですかね。
    旅行誌なんかとはまた一線を画す旅モノでした。

  • 今の生活が忙しくて時間に追われているからか
    旅への願望は常にある。
    ひとり旅もしたい。
    誰に遠慮することもなく自分だけの時間を自分だけのために使って。
    いつやるの?
    今でしょ(笑)

    年とってからじゃなく今行きたい。
    そんな気持ちにさせる1冊。

    オーロラ見たい。
    星のや泊まりたい。
    ブータン行きたい。
    南の島もいいな。

    はぁ。

  • 題名の通り、旅に出たくなります。まずは国内かな。

  • 旅に行きたくなる。
    波照間島、軽井沢の星野リゾート。何か旅ということを考えて見ると、やっぱり素敵な感覚に襲われるものだ。
    その醍醐味を味わうためには、自分なりの工夫も必要。場所だけでなく、身につけるもの、旅行バッグ、パスポート入れ
    から手帳まで。そして、持って行く本。全てを、忙しい合間に効率的に準備する。朝はちょっとあわてながら飛び出し、
    飛行機や電車の中でゆっくりと旅の始まりを感じる。
    最近は、温泉に行く機会が増えた。温泉に行く時には、必ず持っていくバッグがある。ちょうど良い大きさと、持ちやすさで
    旅を味わうアイテムだったりする。次はどこへいこうかな。3ヶ月に1度は旅をする。これは、毎年年初に考える自身の目標だったりする。

  • これは読んでみたい↓
    「あの人が、旅路の果てに見た理想郷。
    ポール・ボウルズ タンジール
    ジャック・ケルアック メキシコシティ
    ゲーテ ナポリ
    田中一村 奄美大島 ドリス・デューク オアフ島
    河口慧海 ラサ
    ウォルター・ウェストン 北アルプス」

全8件中 1 - 8件を表示

BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

BRUTUS (ブルータス) 2013年 3/15号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする