恋のロンドン狂騒曲 [DVD]

  • 219人登録
  • 2.90評価
    • (4)
    • (14)
    • (63)
    • (21)
    • (6)
  • 41レビュー
監督 : ウディ・アレン 
出演 : アントニオ・バンデラス  アンソニー・ホプキンス  ジェマ・ジェーンズ  フリーダ・ピント  ルーシー・パンチ 
  • 角川書店 (2013年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111244048

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

恋のロンドン狂騒曲 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 不安定ながらも、そこまで悪くない生活が、恋に恋する大人たちのちょっとした判断ミスで崩れれていくのを、軽妙に描く。
    登場人物たちが、知らぬ間に袋小路に迷ってしまっていて、怖いくらい。

  • ウディアレンお得意のラブコメ。
    大人だって恋をする。
    そして年をとった分だけ、悲しいことも多々あるのだ。
    その大人の悲しみの部分をほどよいユーモアに包み
    クスッと笑わせてくれる。
    すごく印象に残るような作品ではないけれど
    心地いい脚本と演出だった。

  • 予言や教えなんかにとりつかれてる人が好きじゃないわたしは終始いらいらしていたけれど、場面転換がウディアレンらしくってそこだけ好きです。

  • 別にウディ・アレンが好きだなんて言うつもりはないのだけど、ウディ・アレンの作品はだいたい楽しめる。

  • 「人生はから騒ぎ」で始まるこの映画。
    確かに簡単に男女がくっついたり離れたりを繰り返す。
    が、それは一途に幸せを求めているから。
    ままならない人生、くっついたり離れたりは簡単に決断しないと前には進めないのだろう。

  • 冒頭の人生はから騒ぎと前置きしたところはよかった。
    ミッドナイト・イン・パリのロンドン版だって、ロンドンに憧れてるわたしはたのしみいって見始めたけど、なんとなく予告みたときから、ん?ちょっと違うな・・・と思ってたけど、ただのから騒ぎ映画だった・・・

    でもこうやって騒ぎ立てる人いるもんね、自分は平和にいたいな(というわたしも騒ぎたてるかもしれないから、人生ってこわい!)
    精神世界とか、占い師とか、そういう話だしてくるところが少し笑えたな
    そしてウイスキー飲み過ぎ

  •  真面目にやって傷ついたりしてもうしばらく恋愛なんていらねえやとか思ったりもするけれど、あんまり難しく考えないで恋とか人生とかもっと楽しんでみようぜと思わせてくれるウディ・アレンのラブコメはいつも。だいたい本人がいかに真剣なつもりでも恋愛する姿なんてはた目から見れば滑稽なものだし、とも気づかせてくれるウディ・アレンのラブコメはいつも。

  • 近頃のウディ・アレンの映画は、フィルモグラフィで燦然と輝く黄金期を飾る作品群だ。こういうとアンチミーハーみたいで気持ち悪いが、『人生万歳!』と近年のヒット作『ミッドナイト・イン・パリ』を除いて、ほとんど完璧だったように思う。

  • いつ面白くなるのかと、ずっと待ってたけど、結局最後まで面白くならなかった。

  • 途中までいつもの感じで風呂敷のたたみ方に期待したけど、一人以外全員不幸になってて観終わったあとがっかり。視点がシニカルすぎるんだよなあ。。

  • 2013年10月に観ていたことを忘れ2014年4月22日に再度最後まで観る(観終わってもなお一度観たとは思えなかったので前回はちゃんと観なかったのでしょう)

  • マーマーマガジン
    愚か

  • ドタバタ劇。
    恋の幻想って言葉がぴったりくる。
    幻想に振り回されず、目の前の現実を、目の前の相手を、大事にしたいものです。

  • なんでしょう、このドタバタ感。
    どんどんドロドロした渦に埋まっていくこの感じ。

    本当にどうしようもない人たち。
    だからこそ人間らしい、のかな?

  • ウッディ・アレン好き。結婚40年で離婚した熟年夫婦と娘夫婦の四人の群像劇。
    宗教にはまり、若い女性にはまり…、くすくす笑えて、滑稽で、でも本人達は真剣で。
    人のことだけれど、我がふり直そう、と。
    アンソニーホプキンス演じるおじいちゃんが一番惨めだった。見ていて。年相応に成長していたいな〜と。

  • アウトレイジ ビヨンド的な、いい時期は一生続かないよ!危ないよ!みたいな話だった。皮肉な話だけど面白かった。

  • 最後のエンディングが何とも言えない。とっても中途半端だった。タイトルとはマッチしてたかな…。Love is blind.

  • 何も得るものがないまま終わったのでびっくりしました。全員わりとどうしようもないです。

  • 結婚してたって、年齢なんて、関係ないのです。ってね。
    いつまでも夢見るし、いいなと異性を思うことだってあるし、ずるいことだってするし。皆恋に夢見て振り回されて。小粋な雰囲気の中、やってることはよくあること。人生ってそんなもんよね。っていう。

  • ★★★☆☆
    隣の芝は青く見える
    【内容】
    占い師に傾倒する妻と現実を見ない夫の老夫婦。仕事に疲れた妻と仕事をしない夫による若夫婦。そんな4人の恋愛模様を描く。

    【感想】
    滑稽だ。実に滑稽だ。

    若作りしたジジイが娼婦を妻取る。
    占いにハマったババアが金を取られる。
    男に恋した女がアホをみる。
    才能に嫉妬した男が墓穴を掘る。

    どれをとっても滑稽であり。隣の芝が青く見えてしまう。ウディ・アレン監督らしい作品だな。

    原題『You will meet a tall dark stranger』とは、「(近いうちに)いい出会いがありますよ」って占い師がよく言う言葉からきてます。(なんだその題名ww)

  • ロンドンを舞台にした、ウディ・アレン監督のラブコメディー。熟年離婚した老夫婦とその娘夫婦の4人がそれぞれに織りなす恋模様が、皮肉とユーモアをたっぷりまぜこんで描かれている。
    部屋の中で行ったり来たりしながら、それぞれが好き勝手なことを言って口げんかするシーンなんか、勢いがあっておもしろい。
    皆それぞれに幸せになろうともがいているんだけど、それは傍から見ればかなり滑稽なんだよね。苦笑しながらも、それはそれで悪くないかもと思えてしまうのは、ウディ・アレンの力なのかもしれない。
    でも、心配事を多く残したままで終わってしまい、彼らのその後が気になるところ。

  • 一つの家族のバラバラさ。
    楽しみ方は、人それぞれなんだろうけど、
    特に目立った新しさは、無い。。。

    ウディ・アレン好きでも、
    らしさが薄いので、記憶に残るか?

    悪くもなく、良くもない。普通。

  • You will meet a tall dark stranger

    アメリカンドラマをぎゅっと詰め込んだ感じ。

  • いろいろとつきささる。あらゆる人生にまつわる人間の普遍的な悩みの種がいたるところに,それもドライに散りばめられていてどんな人が見ても一箇所は刺さるように作られている。この映画は複雑な多面体のような存在で見る人によってある面の濃淡が異なって見えるわけだ。

    なんだかこれを観ていてなぜ僕がウディ・アレン作品を観てしまうのかわかった気がする。ウディの作品はどれも些細で俗っぽい人々の欲求とか衝動とか習慣の積み重ねで成り立っているけれどそこで話される言葉はいつも,僕らはどうやって生きたらいいのか,に向かっている。些細な風景だからすっと入れるし,重要な問いだから捕らえられてしまう。

    ミッドナイト・イン・パリ的な複数ストーリーが絡みあいながら同時進行するスタイルはここからなのかな。人生万歳あたりからますます面白いなあ。

    本当は人生万歳までの一人称的語りスタイルが一番好きだけどね。

全41件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

恋のロンドン狂騒曲 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする