ブレイクアウト [DVD]

  • 87人登録
  • 2.45評価
    • (0)
    • (5)
    • (12)
    • (16)
    • (5)
  • 18レビュー
出演 : ニコラス・ケイジ/ニコール・キッドマン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462084873

ブレイクアウト [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 家族と犯人との駆け引きがどうも隙だらけだし
    家から逃げ出す場面もなんか違和感
    大事なところだと思うのだけど・・・

  • ここはこうすればいいのに、っていう場面がたくさんあった。最終的には悪い奴らをなんとかするが、モヤモヤする映画だった。

  •  これが初顔合わせとなるオスカー俳優、ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンの豪華共演で贈るサスペンス。監督は「フォーン・ブース」「オペラ座の怪人」のジョエル・シューマカー。妻と反抗期の娘と豪邸に暮らすダイヤモンド・ディーラーのカイル。ある日、武装した強盗一味が家に押し入ってくる。そして妻を助けたければ金庫を開けろとカイルに迫る。しかし、そんな絶体絶命の状況にもかかわらず、なぜか解錠することを頑なに拒み続けるカイルだったが…。

  • ■タイトル名

    タイトル名:ブレイクアウト

    ■概要

    ダイヤモンドディーラーのカイルは妻のサラ、反抗期だが愛らしい
    娘のエイヴリーと3?で豪邸に住み何不自由ない生活を送っていた。
    そんなある?、突如覆面武装した4人組が一斉に家に押し入り宣告する。
    「おまえの持っているものをすべていただく」ダイヤモンドの?って
    いる?庫を開けろとサラを人質にとられ脅されるも、カイルにはそ
    の宝?をどうしても彼らに渡せない秘密があった。
    そして、サラにもカイルに打ち明けられない秘密が・・・。
    (From amazon)

    ■感想

    もはや、ゴミ映画。
    全員がウジウジ、グダグダ・・・・
    ばかばっか。
    殺せばいいじゃん、とっとと。
    もはや、それだけ。

    あまりにくだらなすぎ。
    途中の20分ぐらい見ただけで、この感想しか浮かばない。
    すごいな、この映画・・・・・

    出演者全員、こんなのによく出演したな?
    脚本読んで、「何?このクソな内容?」って思わなかったのか??

    ■自分がこの作品のPOPを作るとしたら?(最大5行)

    時間の無駄。
    観る価値ゼロ。

  • うだうだしててつまらない。

  • ちょっと古い映画なのでちょっと古い価値観とちょっと古いおもしろさという感じ。あんまりおもしろくなかったけど、最後だけは意表を突かれた

  • 過剰な宣伝文句のおかげで見る前の期待が大きすぎて、泥棒軍団が仲間割れ始めるあたりから微妙になってきてしまいました。最初は良かったんだけどね。
    でも、泥棒と家族の駆け引きは割と面白かったし、上映時間が一時間半くらいで長すぎず、退屈しのぎにちょうどいい感じの映画です。

  • うーん・・・途中まではわりと面白かったんだけどなー。
    金庫を開けさせるまでは引き込まれた。
    けどそれ以降は、
    「どうやって逃げよう→殺してやる!→なんとか逃げ出す→やっぱり捕まる→最初に戻る」
    という展開ばかりでイライラ。
    見ていて「それさっきもやったよ!」とツッコみを入れざるを得ない。

    カメラワークがいまいちなせいで何が起こったのかわからないシーンが何回もあった。
    例えば、奥さんが顔を掴まれ「私は罪深い人間です」と無理矢理言わされるシーン。
    敵から奪った筋弛緩剤入りの注射器を後ろ手に隠し、打ってやろうと好機をうかがっているのかと思ったけれど、突然旦那(ニコラス)のいる場所に場面転換。
    駆けつけた奥さんがちょっと動きがおかしいような気がしたので「もしかして奪い返されて少量打たれたの?」と勘違いしてしまった。
    緊迫したシーンなんだからそれをサッと隠すシーンだとか相手に打とうとして失敗したとか決着をつけずに場面転換するのは視聴者に混乱を生むと思う。
    ニコラスが敵の大男ともみ合うところも、注射器が刺さる大事なところがちょうどカメラからフレームアウトして見えなかったり。

    他にも、奥さんが敵と不倫関係であったことを匂わせ、中盤まで「奥さんが黒幕?」とミスリードを誘うサスペンス風演出が面白そうに感じたのに、犯人の男が統合失調症?で幻覚を見ていたようなネタバラシ演出の入れ方がいまいちなせいで、「え?幻覚ってことでいいの?どっち?」と疑ったままでエンディングを迎えてしまった。
    犯人の一味が強盗をしなければならなくなった理由が仲間の裏切りのせいだった、とかも同様ですが、どんでん返しを狙って何箇所かそれらしい展開を入れてみたけど見せ方で失敗しましたという印象。

    ラストも、あれだけお金を渡すことを拒んで「金はない金はない」を連発していたのに最終的にはお金の隠し場所に逃げ込んで(犯人をわざわざその場所に引き込むか?)、一矢報いる為とはいえわざわざ金に火をつけると始末。
    お金が大事なのか家族が大事なのかどっちなのーー!

    かたくなに開けなかった金庫の中身が空だったのも白けた。
    予告ムービーであれだけその部分を売りにしてたのにそんなものかと。

    設定や家の作りとかは面白そうなんだからもっと話を練れば名作になった気がする。
    二度目の視聴はないですが、ニコールキッドマンが美しかったのでそこは見た甲斐があったかな。

  • 何の前情報もなしに観たのだけれど、個人的にはイマイチ。Nキッドマンは美しかったけれど、悲鳴の印象しかないし、結末も、良かったね。だったけどあれ、結構致命傷じゃないのかと…。あの後無事助かって家族は修復されたんだろうか?何とも個人的にはハマらなかったな。

  • だまし、だまされ、こういう展開の映画好きです。

  • うーん。溜めに溜めてドンデン返しが対したことないってオチ。なんか最後にドドドッと畳み掛けたはいいけど、どれもこれも想定内でお寒い感じでした。目的と手段がごっちゃになっちゃったいい例。

  • B級映画の暇つぶしとして見るならあり
    ごちゃごちゃしてて、種明かし的な感じで話が進んでいくけど、細かいところが、よくわからない
    最後もハッピーエンド風だけど、何がスカッとはいかないのが

  • キャストは良いけど
    グダグダでストーリーもいまいちでスッキリしない。
    ハラハラもしないし、けっきょく家族仲良く円満?
    最後もハッピーエンドといえるのか、中途半端なきもちで終わりました。

  • ★★☆☆☆
    ニコラス・ケイジが彼らしい役をいつもどおりやるお話
    【内容】
    妻と娘と共に何不自由なく暮らすダイヤモンドディーラーのカイル。しかしある日、カイルの家に覆面武装した4人組が押し入った。

    【感想】
    最近のニコラス・ケイジって何かから逃げる役ばっかりだな。

    有吉弘行さんが大沢あかねさんのことを「ブス会いちの美女」とアダ名をつけましたが、
    ニコラス・ケイジは「B級映画いちのスター」ですね。

    最初から不穏な空気が漂っていて、あぁやっぱりという終盤を迎えます。
    てかフェイクの金を入れとけよと思うわww

    原題は「Trespass」(不法侵入)。

  • 「裏切りの連鎖が生み出す極限のスリル!」

  • ニコールキッドマンの美しさにはいつも憧れるが、この美しさが俳優としてジャマな気もする。何に出ても、ニコールにしか見えないんだよねえ。

全18件中 1 - 18件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ブレイクアウト [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ブレイクアウト [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする