からくりサーカス(12) (少年サンデーコミックス) [Kindle]

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 藤田和日郎
  • 小学館 (2000年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

からくりサーカス(12) (少年サンデーコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 辛い巻です。ゾナハ病治療施設でゾナハ病の現実を見せつけられます。
    しろがねーO登場。それは、現代の科学ー分子生物学や人口頭脳学が生み出した新しいしろがね。
    しかしパウルマン先生とアンぜルムスさんの前にあっけなく倒されてしまう。
    「ああ、ルシール僕にもわかるよ・・・ナルミは何かを捨てて変身しているのだな。自動人形にとっての悪魔に!」
    「悪魔がここでくたばるわけにゃ、いかねえんだよ!!」
    「オレはここに来て、なんにもできなかった!なんにもできずにただ、みてるだけだった!!だから・・・だからせめて!子供達の痛みの、その何百分の一かでも味わってやらねえと・・・オレがなんなのかも・・・わからねえんだよォ!!」

    子供たちの前で死闘を繰り広げたナルミは、これからは子供たちを怖がらせたくない、と錬金術師しろがねのつけていたマスクをつけるようになる。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

からくりサーカス(12) (少年サンデーコミックス)はこんな電子書籍です

からくりサーカス(12) (少年サンデーコミックス)のコミック

ツイートする