幻想博物誌 (河出文庫) [Kindle]

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 澁澤龍彦
  • 河出書房新社 (1983年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

幻想博物誌 (河出文庫)の感想・レビュー・書評

  •  神話などに登場する、さまざまな幻獣を紹介したエッセイ。時おり昆虫や海胆や貝なども出てくるが、あとがきにあるように、プリニウスの『博物誌』のうち8~11巻の動物の部を特に参照したらしく、幻獣が中心。
     RPGに出てきそうな幻獣がいっぱい出てくるけれど、名前を知ってはいても元ネタの神話などはおぼろにしか知らない場合も多く、全体に非常に興味深かったです。
     スフィンクス、バジリスク、フェニックス、サラマンドラ、ケンタウロス、などなど。
     とりあえず、プリニウスは必読のようだ。ボルヘスの『幻獣辞典』もわりと頻出したので、再読しようと思う。ちなみに表紙絵は『ベリー公のいとも豪華なる時祷書』。
     博物学が面白い気がしてきたので、荒俣宏なんかも読んでみる。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

幻想博物誌 (河出文庫)はこんな電子書籍です

幻想博物誌 (河出文庫)の文庫

ツイートする