悪の教典 DVD スタンダード・エディション

  • 1387人登録
  • 3.07評価
    • (65)
    • (183)
    • (292)
    • (160)
    • (49)
  • 269レビュー
監督 : 三池崇史 
出演 : 伊藤英明  二階堂ふみ  染谷将太  林 遣都  浅香航大 
  • 東宝 (2013年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104075932

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

悪の教典 DVD スタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画館で鑑賞。

    全編に流れる鬱屈した空気も、
    生徒役の子の雰囲気も、リアル。

    三池監督の作品は初見でしたが、監督の手にかかると、血しぶき乱れ飛ぶのもエンターテイメントとして見やすくなるから凄い。
    たとえ、ハスミンが極彩色のお化け屋敷とノリノリの音楽をバックに、猟銃で生徒達を撃ちまくっていても。

    “to be continued”って出てたけど、続編はあるのだろうか。原作者の貴志さんは書きたがっているみたいだが(パンフレットより)。
    あんな結末だったので、どんな力技でハスミンを出してくるのか、ちょっと興味がある。

    …しかし、ハスミンのアメリカ時代に登場した刑事さん、
    いくら平穏に生活したいからって、日本に返さないで欲しかったです…。

  • 原作は未読。
    前半は生徒から人気者の蓮見先生が裏の顔を持っているのが徐々に分かる感じで楽しめましたが後半の殺戮が残念で仕方なかったです。
    確かに猟銃をぶっ放す姿がやけに様になってるし伊藤英明さんもすごく良かったんですが皆殺しって…あれだけ緻密にやってきた人なのにあのやり方じゃ、なんか全部どうでもよくなった感が出てるというかヤケクソでやってる感じに見えまして、どうも納得出来なかったです。

  • 血の苦手な人は観てはイケナイ

    貴志祐介原作『悪の教典』の映画版。
    ・まるで出席を取るみたいに、先生はみんなを殺し続けたんだ。
    ・クラス全員、皆殺し。
    映画のキャッチコピーの通り生徒が次々と血を撒き散らしていく。

    原作にあった体の奥底から湧き上がる緊張感、怖さが、映画では音と映像で恐怖を煽る方向となり、ハスミンの不気味なサイコ・キラーさが減っていた。
    特に音楽が緊張感をぶち壊していた。
    特殊造形がチープすぎていた。
    伊藤英明がハスミンを怪演していただけに残念。

    幕引きは原作よりも映画の方が良かった。

    To be continued...と表示されたけど映画オリジナル?それとも原作も続編あるのか?
    原作続編は読みたい。
    ハスミンの異常さは宮部みゆき「模倣犯」ピース同様、気になる。

  •  ものすごく前向きな捉え方をすれば伊藤英明とチューしたくなる映画

  •  表の顔はいい先生、しかし裏では都合の悪い人間を自殺に見せかけ殺していた高校教師。ある日、悪事がばれそうになった教師は文化祭の準備で夜に居残ったクラスの子達の皆殺しにかかる。

     うーん、これは中途半端だなぁ。
     話としては決して悪くはないんだけど、この手の正統派なホラー映画と比べると以下のところが中途半端。
     スプラッターが適当すぎる。殺し方も単調で痛みが伝わってこないし、つまらない。例えば高いところから飛び降りたら骨が飛び出ないと。ショットガンで遠くの敵を撃ち殺すのはさすがにおかしい。
     主人公の脆さ、弱さが伝わってこない。あらゆるホラー映画の殺人鬼って奇形だったり何か脆さがあってそこに悲哀があるのだが、この主人公にはそれが見えない。
     殺される生徒達のパニックぷりが微妙。立ち向かって倒してしまってはホラーにならないわけだけど、ただワーキャー言って殺されるだけだとなぁ。パニックならパニックでもっと変なことしないと単調。
     あと、根本的なこととして、これで完全犯罪を成立させようという前提が意味不明。キャラクター設定が分からないというより甘い感じがする。

     もちろん正統派ホラーでなくてもいいのだが、でないならばそれを超える何かがないといけないわけで、とても中途半端な映画になってしまっている。
     一般向けでホラー映画をつくりたいというのは分かるんだけど、結果としてホラーっぽい映画になってしまっていている。 

  • 素材的にはもっと面白くなりそうなのだが、
    どうにもこうにもつまらない。

    忍び寄るような恐怖や、
    不条理感を醸し出すのに、
    濃い緑色の画面は魅力的なはずなのに、
    ぴんと来ない。
    蓮実の背景が描かれなさすぎが原因なのか?
    ただの血まみれエンターテイメントになっていて残念。

  • 教師役の伊藤英明が学生をズンドコ卒業(揶揄)させる殺戮ムービー。「主人公はサイコパス」という情報を仕入れてから見ないと分かりにくい部分もある。血の雨ときどき肉体美。

  • 伊藤英明が罪の感情がまったくない人にしか見えなくて合ってた。

  • 最高にクールな殺人鬼!!

    この男、正に悪魔。

    三池監督の超問題作!
    とある教師の殺人目録。教師が生徒を狩っていく。

    とにかく観て下さい!
    映像のクオリティーも半端じゃない。人の皮を被ったサイコパス。
    怖いけど面白い。スリリングで楽しくなるけど怖い。
    正にエンターテイメントって感じです。

  • 原作既読、効果のよく分からない改変ばかり。過去話と殺害される教師を削るのを許容しても蓮実対抗要素である蓼沼や園田が居なかったのが残念。蓮実の殺さざるを得なかった理由、生徒側の生存作戦等も台詞だけでいいので説明欲しかった。特に殺す理由が不明なほど観客は胸糞悪く感じてしまう。カウンターがないと全員殺したか分からないし。せめてタデだけでもいれば保健室のくだりがちゃんとしたのに…。一方で噂ほど快楽殺人に走らせた傾向は感じなかった。アメリカ時代に殺しの相棒がいたのは良かった。音楽と伊藤英明だけが良心。

全269件中 1 - 10件を表示

悪の教典 DVD スタンダード・エディションに関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

悪の教典 DVD スタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

悪の教典 DVD スタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする