伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】 [Kindle]

  • 407人登録
  • 3.73評価
    • (29)
    • (60)
    • (44)
    • (7)
    • (3)
  • 61レビュー
著者 : 佐々木圭一
  • ダイヤモンド社 (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
三浦 しをん
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】の感想・レビュー・書評

  • びっくり!!
    内容がないよう!!

  • 会社のチームのメンバー6人で図書交換週間を実施している。これはその一冊目。
    ブランドマネージャーの資格を持つ先輩の本。さすが、本のチョイスも秀逸である。
    同じ内容でも、伝え方を工夫するだけで、相手への響き方も大きく変わる。
    それを、実践を交えて具体的に解説している。著者は、社会人になりたてのころ、運命の巡り合わせか、コピーライターに配属された。しかし最初は泣かず飛ばすの状態だったらしい。そこから、様々な著書からコトバを見つけ出し、ノートに書き写すことで、ある法則性に気付いたという。
    それらはビジネス、そしてデートの誘い方一つにしても多いに応用出来る、と。
    例えば、「デートしてほしい」と言うよりも、「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」と、相手のメリットを一致するお願いの仕方にするとグッと成功率が上がるという。
    その他、残業や領収書の頼み方や、放置自転車の看板、など、実例を交えて様々なテクニックを紹介している。
    時に、SMAPやサザンの歌詞を引用したり、コトバの作り方を料理のレシピに例える等の比喩を多用したり、わかりやすく言いたい部分を図にしてみたりと、我々読者に興味を持たせ、飽きさせない工夫も随所に見られた。
    私が惹き付けられたのは第3章。「強いコトバをつくる5つの法則」の章だ。
    「サプライズ法」「ギャップ法」「赤裸裸法」「リピート法」「クライマックス法」の5つを駆使できるようになれば、心を揺さぶるようなコトバを作ることが出来るようになると言う。
    これを読んですぐ後に、仕事である商品のコピーをクライアントのHPを見ながらポスターに書き写す、という機会があった。そのとき、早速「ギャップ法」を用いていることに気付き、思わずニヤリとしてしまった。仕事上、コトバと接する機会はとても多いので、これからは意識してコトバを見てみようと思った。
    そして、見るだけではなく、それらのコトバを自ら使うことが最も大事。仕事でも、プライベートでもコトバは普遍的であり、必要不可欠なもの。職業柄、成果物をどうしても重要視しがちだが、それらの魅力を最大限に伝えるにはやっぱコトバの存在は欠かせない。相手の心を動かすコトバ。意識して使ってみたい。

    そして、最も心に残った一文はこちら。
    「告白しますが、今でも思い通り人に伝えられたときは、恥ずかしながら感動で目頭が熱くなります。」
    割と冒頭の方に出て来るんだけど、私はとても秀逸な一文に感じた。何故なら、コミュニケーションの分野では今ではいくつも講義をするほどの名高い著者であるにも関わらず、このような謙遜のコトバ。そして、この文に色んなテクニックが施されていることに気付く。クライマックス法と赤裸裸法。そしてビジネス本なのに、じわっと伝わってくる温かさと人間らしさ。私は偉そうなことを延々と述べるビジネス書が好きではないので、そういう点が全く見られなかったところがこの本の大きな魅力だと感じた。
    小説ばかり読み過ぎたので、来年はビジネス書も読んでみようかな。

  • 元々は文章が苦手だった著書ですが、ある時、印象深い文章には法則があるのに気付きます。それが分かってから、コピーライターの仕事がうまくいくようになりました。

    何も難しいことは書いてありません。この本を読んで少し意識すれば、仕事やプライベートがうまくいくようになるはずです。何かを伝えるときには、相手の気持ちになること。自分の伝えたいことを、どう表現すれば、相手が気持ちよく受け取ることができるか。そのために必要な事は、すべてこの本に書いてあります。

    この本に書かれていることを意識して、ちょっとだけ伝え方を変えていきましょう。それが、未来を変えていくことになるはずだから。

  • 読んだその場から伝え方が変わります。昨日断られたデートも、今ならきっと成功します。そんな本。ちなみに佐々木氏に今度インタビューしてきます。楽しみぐふふふふhh

  • 同じような内容の本は多々あると思う。

    けれど、具体的にどのように落とし込めばいいのかと言うのがいまいちわかっていなかったのが、よく理解できた気がする。

  • あなたは人に何か頼み事をする時に、思いついた言葉をそのまま伝えてないだろうか。
    それではOKがもらえるかどうかはただの運任せ。ギャンブルと言ってもいい。

    人生における大事なポイントでは、それではいけない。
    受け入れてもらう確率を上げる努力をしなければならない。


    そのために必要なことは、まず頭の中をそのまま垂れ流すのをやめること。
    そして、相手の立場に立ち、相手のメリットを満たすように言い換えてから伝えること。

    例えば「今度デートしない?」とストレートに誘っても、来てくれるかどうかは微妙な所だろう。
    だが「びっくりするほど美味しいパスタの店があるんだけど一緒に行かない?」と言えば、デートするという結果は変わらないのに、相手が来てくれる可能性は高まる。

    つまり、目的は同じでも、伝え方によって相手の行動は変わるのである。
    言葉は思いつくものではない、作り出すものなのである。


    相手の立場で考えるための切り口は以下のようなものがある。

    ・好きなことを満たす
    出来るまで4分ほどお待ち下さい → できたてをご用意しております。4分ほどお待ち下さい

    ・嫌いなことを回避する
    芝生には入らないで下さい → 芝生に入ると雑草の匂いがつきます

    ・選択肢を与える
    今度デートしない? → 美味しいパスタの店とフォッカチオの店があるんだけど、どっちか行かない?

    ・承認欲求を満たす
    残業頼めない? → 君の企画が刺さるんだ。お願いできない?

    ・自分限定と思ってもらう
    会議には参加してください → 他の人はよくても、佐藤さんだけは参加して下さい

    ・チームワーク化する
    ちゃんと勉強しなさい → お母さんもやるから、一緒に勉強しよう

    ・感謝を伝える
    これ領収書落とせる? → いつもありがとう。これお願いできますか?

    これらのポイントで考えながら、どう言えば相手が受け入れてくれるか、と考えた上で伝えることが重要になる。


    また、相手の気持ちを揺さぶるためには、言葉を印象強いものにしなければならない。
    そのためには、言葉に「高低差」を付ける必要がある。

    ポイントは以下通り。

    ・サプライズワードを付ける
    「そういえば」「実は」「ここだけの話〜」など

    ・ギャップを付ける
    あなたが好き → 嫌いになりたいのに、あなたが好き

    ・赤裸々に伝える
    あなたが好き → 顔が真っ赤になるほどあなたが好き

    ・繰り返す
    「人民の、人民による、人民のための政治」

    ・集中力を入れなおす
    「今からポイントを言います」「ここだけは覚えておいてくださいね」

    現代のような情報が溢れている時代では、ただの発言は無いものと同じである。
    よりエネルギーのある言葉を目指して、発言力を磨かなければならない。


    人生において、頼み事をする場面は無数にある。
    デートの誘い、仕事の依頼、プレゼン、接客、入社面接、等等…。

    伝える技術を学ぶことで、これらの成功確率が少しずつ上っていく。
    そして、人生の様々な面でプラスに働いていく。

    つまり「伝える技術」とは、どんな資格よりも優れた、人生で最も役に立つ技術なのである。


    自分は人に何かを頼むのが非常に下手で、改善したいと思い本書を手にとってみた。

    そこに書かれている「何の準備もしないで思ったことをそのまま言う人」とは、まさに自分のことだった。
    実に図星を突かれたと思った。

    とても分かりやすく、即効性のある一冊だった。
    ぜひ今後の役に立てていきたい。

  • お願いを受け入れてもらう7つの切り口、強いコトバを作る5つの技術が分かりやすくまとめてあり、普段から実用できる。何気なく使っていた言葉でも意識して使うと我ながら驚くほど伝わり方が変わって、感動で震える。

  • 思ったより軽く読めた

  • トイレをきれいに使って頂きありがとうございます。

    言い方次第で相手の動きがガラリと変わる的を得た言葉だと思います。

    いつか使用される可能性があるので権利化すべき、現状使用される予定がないから放棄すべき。どちらも、いわゆる将来ものと言われる特許に対するコメントです。前者は、重要そうに聞こえます。後者は、足枷のように聞こえます。

    特許の価値は不確定な部分が多く、会社分割などの特許とはあまり関係ないところからの影響を受けるので、状況に応じて上記の二つを使い分けています。

    本来ならば、アイデア自身で決まっても良いはずの価値が、言い方次第で変わるように聞こえる。不思議です。

    一般的な商品でも「この人から買いたい」のような思いに至ることもあると思いますので、そういう意味では、特許も他の商品と同じように、交渉人の腕に依存するのは、当たり前かもしれません。

  • 伝え方は技術で培えることを説いた本。
    「なんでわかってくれないんだろう?」と思った時には、きっと読み返すだろう。

  • 非常に実用的な本であり、「伝える技術」を紹介する内容となっている。
    大きく分けると、
    ⚪︎「ノー」を「イエス」に変える技術
    「ノー」を「イエス」に変える、お願いコトバの作り方
    ⚪︎「強いコトバ」をつくる技術
    感動スピーチや、映画の名セリフの作り方
    の2つが紹介されている。
    著者が冒頭に「伝え方は鍛えられる」と言っており、確かにこれらの技術は誰でも実践することができ、本書に記載されてる方法を用いれば効果があることは理解できた。ただ、日々この技術に気をつけながらコミュニケーションを取るのは、けっこう大変なことだと感じている。
    この技術を鍛え続けていけば、感動が連続するような人生を本当に作り出すことができるのかもしれないだろう。

  • 佐々木圭一
    上智大学大学院を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。クリエーター、リー・クロウのもと米国TBWA/Chiat/Dayで2年間クリエイティブに従事。日本人初、米国の広告賞One Show Designでゴールド賞を獲得しました。
    要旨
    この本は3章から構成されており、第1章では、伝え方の技術や伝え方を学ぶことの重要性が述べられています。第2章では「ノー」を「イェス」に変える技術、第3章では「強い言葉」をつくる技術が説明されています。
    感想
    人の心を動かす言葉(名言)には何かしらの伝える技術が使われていることが分かりました。第2章の「相手のすきなこと」,「嫌いなこと回避」,「選択の自由」,「認められたい欲」,「あなた限定」,「チームワーク化」,「感謝」、第3章の「サプライズ法」,「ギャップ法」,「赤裸々法」,「リピート法」,「クライマックス法」の技術はどれも納得させられるものであり、今後の生活に活かしていこうと思いました。一度読んで実行するのは難しそうなので時折読み返し、自分でも使えるようになりたいです。ここだけの話、内容も難しくなくすぐに読み終えることが出来るので学生の内に一度読むことをおすすめする一冊だと思いました。

  • 文章というのは自分の言いたいことが如何に相手に伝わるかという点に配慮しなければならないと思う。本書に述べられている方法は簡単なものではあるが、確かに効果があるように思う。コピーライターの手法を堅いビジネスの場でそのまま導入するのも難しい面もあるが、コッソリ入れるだけならば大丈夫か?

  • 「言葉」を「コトバ」と記している(本文中ほぼすべて)のがやけに目についた。
    そのせいか、述べられていることはもっともなんだけど、何だか軽いなぁ・・・という印象。

    お願いを「イエス」に変える3つのステップと7つの切り口は、なるほどと思ったのだけど、日常で自然に使うにはこれを諳んじて、自然に使えるまで練習が必要。まず最初に、これを覚えるのがけっこうハードル高いかも。

  • あっという間に読み終わったにゃ。
    どのテクニックも、自分が普段表現しながらうすうすわかっていたことにゃんだけど、本書ではっきり「これが、テクニックです!」と教えていただいて整理できたから、次回からすばやく応用できるにゃ。
    ただ、このボリュームでこの値段はあまりお値打ちじゃないにゃ。パックンの『ツカむ! 話術』のお値打ち感とは、正反対じゃにゃ。

  • この本を読んで、いかに対比で書かれてある表現に自分がグッと引きつけられているか意識出来るようになった
    特別なことはしていない
    意識と伝え方を少し変えるだけだ

  • p56 自分の頭の中をそのままコトバにしない

    p58 相手の頭の中を想像する

    p59 相手のメリットと一致するお願いをつくる

    p72 人は2つ選択肢があるときの「比較」が得意

    p90 あなたのお願いを実現させる答えは自分の中にない。相手の中にある。

    p99 私たちが目指したいのは、モノでつるのではなく、ピュアにコトバだけで相手の気持ちを変えること

    p137 人を動かすのは「感動」です。

  • 読みやすい。勇気づけられる。あとはいかに実践するかのみ。

  • 前から話題になっていて気になっていたけど固めのビジネス系の実用書かと思って手を出してなかった作品。
    学生時代に飲食店でアルバイトをしていたときにコレを読んでいたら、難しいスキル云々じゃなくて超デキるバイトになってたかもしれない。笑
    もちろんビジネスシーンでも役立つし、恋愛とか普段の生活でも活かせる。
    実用書も案外悪くないのかもしれない。

  • 少しの工夫で話しことも話しやすくなったり、受け取り方に違いが生まれる。ちょっとしたことでこんなにも変わるのは勉強になった。

    しかし、相手も同じ本を読んでると、計算して言葉を発してるんじゃないかと心配になることもあったが、気持ちで伝えることを優先すればそんな心配も必要ないと思う。

  • こう吟ってるだけあり中々読んで面白い

  • さくっと読めました。
    伝え方、ことば一つで大きく印象が違ってくることを改めて実感。
    たとえば、
    「猫がいた」 ではなく、
    「冷え込んだ朝。道路はとっても冷たそうだけど、落ち葉の上は温かいことを知ってる猫がいた!」
    みたいな。
    これが印象的になるかは置いておいて…
    言葉を選ぶときは意識しようと思いました。

    言霊‼︎

    本の中で、ボブ・ムーアヘッドという牧師さんの言葉を、佐々木圭一さんが訳したものが載っていたのですが、すっごく印象的で、心が震えました。
    長文なのですが、最後の1文はこちら。
    「人生は、どれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない。
    どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ」

  • お願いをする時、プレゼンをする時などに役立つと思います。
    心を打つ言葉には法則がある。それを著者が見つけ出したことで、読んでいて納得。
    難しい事は書かれていません。今すぐ実行したくなります。
    私にはとても有意義な内容でした。

  • 物を教える人間として興味があったので読みました。言葉ってすごいっすね!じぇじぇじぇ!!

  • 鈴木おさむさん推薦の本です。コミュニケーション能力の差と思っていたが、実は…
    同じ事でも言い方を変えればこんなにも違うのかと、改めて発見です。

全61件中 1 - 25件を表示

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】はこんな電子書籍です

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】の単行本(ソフトカバー)

ツイートする