ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]

  • 958人登録
  • 3.52評価
    • (69)
    • (134)
    • (131)
    • (48)
    • (10)
  • 119レビュー
監督 : 庵野秀明 
出演 : 緒方恵美  優希比呂  林原めぐみ 
  • キングレコード (2013年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003818128

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 三部作だとおもってたら四部作だったエヴァ劇場版の第三弾。

    新生エヴァだなといった印象。
    別にエヴァでやらなくていい展開だとか、
    エヴァファンが期待してそうにないテンションだったり諸々あったけど、
    わざわざ新しく作ってるんだから、そういうもんだと思う。
    旧作劇場版より、こっちのが好き。

    でも14年経過はどうなんだろう。
    普通の人間も加齢キャラデザじゃないから、
    アラフォー世代にはみえない・・・


    弐式アスカが実質ヒロイン的で可愛かった♡
    惣流・アスカよりも、優しくって強い子のかんじ。
    マリさんは相変わらず素敵だった!!
    最初の戦闘シーンの鼻歌がうるさすぎて、PCバグってるのかとおもったw

    カヲル君は相変わらずのホモォだった。
    腐女子がこぞって夢中になるのもわかる気がした。

    Qは、ゲンドウの孔明の罠が炸裂してたり、
    破に続いてシンジくんがインパクトのトリガーだったり、
    レイちゃんがシンジくんのキーパーソンとなって
    間接的に世界の行く末を担ってたり・・・・・・
    碇一家が、お騒がせ一家すぎるw なんだこの一家w

    エヴァは毎回楽しみにして、そして毎回がったりして、
    それでも新作がでれば必ず見るというのが恒例のアニメ。
    次回シンもみるぞー。

  • 詰め込み過ぎだろうと。ていうかあの状態で元の世界にどうのこうのとかっていうのを対抗軸みたいに持ってくるのは無理があるような。長い付き合いの作品だからとりあえず最後まで観るけど、やっぱ当時物議を醸したあの「気持ち悪い」で終わっとけば最高にカッコイイ作品だったのになー。

  • 興収52億円を叩き出した、大ヒットアニメ4部作の3作目。『~破』では新キャラクターが登場するなど独自要素が頻出したが、本作は全く新たな物語となっている。難解さがファンを呆然とさせたことも話題に。併映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録(amazonより抜粋)

    冒頭から視聴者を置き去りにしていくこの映画。
    そんな突飛な始まりはなかなか理解できない。
    むしろ最後までやっぱりエヴァです。
    すんなりと理解させてくれません。
    シンジもどんどん・・・・。
    どうなっていくのか。
    本当にスッキリさせてくれるのかな。
    こんな長い期間でシリーズ化しているんだから、お願いだから「なんだかんだ言って最後はスッキリ解決」っていかないのかな。
    きっといかないだろうな。
    だって期待したらすかされるエヴァ。
    でも私は憎めないのでとりあえず星は4つ。

  • 映画を見て、2週目になったが、相変わらず今後どうなるのか展開が読めない。
    過去2作品とは全然違う、全くの別作品になったような印象。
    あぁ、これは15年前に受けた置いてきぼり感だ...
    否が応でも、最後まで付き合わないと。その時点で商業的には成功なのかもなあ。

  • 作品への愛(もしかしたら罪の意識もあるかもしれません)、作品制作の痛みや苦しみ、これからも作り続けていく覚悟、そして周りの人たちへの感謝、そんな庵野監督の思いを感じます。色々描かれていますが、庵野監督から周りの人たちへの「ありがとう」という思いが印象に残る作品です。
    アニメ(ーター)見本市で前田監督が制作された「Kanon」の原作になっているカレル・チャペックの「創造者アダム」がモチーフの一つとして少し入っているようですね。
    破からQの間の話も見てみたいですが、Qで描かれている内容からすると、おそらく庵野監督はその部分を作ることは出来ません。もちろんこういう出来事があったなどの設定は考えてあると思いますが、その部分の物語を持っていて魂がこめられた作品としてそれを作ることが出来るのは庵野監督以外のスタジオカラーの方々になると思います。

  • 庵野監督の作品を見た。

  • このエヴァも好きです。好きですよ。
    でも、前作の序・破みたいな鶴巻さんの監修したエンタメ要素をふんだんに取り入れて欲しかった。

    庵野監督〜小難しく考えなくてもいいじゃない。
    そういう難しい時こそ、笑えばいいと思うよ。

  • 初回は映画館で。旧作への思い入れが強すぎて、そのときは評価不能。でも、きっと今度こそ彼らは幸せになるに違いない、と思うと、涙が止まらなくなったエンディングだった。
    その後、カートには入れるものの、どうしても買えない、という状況が続いていたところに、ひょんなことからいただく機会があり、本日の鑑賞に至る。
    今回も、希望が溢れた世界に、前回より早いタイミングで涙ぐむ。以前は、泣いてしまったものの、「こんなエヴァンゲリオン許せない」と思っていたのになぁ。
    シンジの成長であり、庵野さんの成長であり、私の成長なのかもしれない。

  • 主人公のシンジくんは
    世界で一番に状況の把握と真意の理解から遠ざけられている人物

    見ているこちらもシンジくんといっしょに頭に「?」でいっぱいになりながら
    強制的に進んでいくストーリーを眺めるしかないのね……

    アスカとマリのコンビネーションがおもしろかったにゃん

  • シーンの映画なんですよ。法華経的なシーンとかを描きたい。それから、怒りに震えて戦うというシーンとか。ストーリー自体はまあ、もう、よくわからないというか、メタファーでしかないのでそれでいい。好き嫌いでいうと好き。3Dのカメラアングルの操縦室のシーンとかはあれやっぱコンピューターグラフィックスも使ってるのかな。かっこいいです。

  • わけがわかりません。相変わらずシンジ君はグダグダでもういや

  • 実は何度か観ようと思っていたのだが、何度も途中で挫折。
    短い時間に情報量が多く、しかもこれまでの世界観を覆すかのような出来事の連続についていけず。
    三度目くらいにしてようやく最後まで観ることができた。
    その間にマンガ版のエヴァンゲリオンも完結し、あの結末を読んだことで、この作品の立ち位置というか、真希波が元々どういう存在だったのかが知識として漠然と補完できていたので、混乱はそれほどなかった。歪んだ世界。時間軸も登場人物も、槍もエヴァも使徒も。全てが歪んだ世界なんだろうなぁと。
    そういうことが漠然と認知できればいい作品なのではないかと個人的には理解している。
    それにしても冬月である。将棋は「打つ」ではなく「指す」である。31手先読めるんだからそこは頼むよおじいちゃん。

  • 連続してみないと忘れてしまっていて、
    もう1回見直したいと思う。
    もうちょっと真剣に見よう。

  • わけわからんすぎて!

  • 眼帯アスカはカッコ良く戦ってるけど、見てるこっちは置いてけぼりな作品。破からQまでの事がわからないから余計に。

  • なんかだんだんどうでも良くなってきた感じ。

  • カヲルくん!!!!

  • 宇多田の曲はいいな~。

    シンジくんが考えなさすぎて、日本だからこそ受けるのかなと思う。

  • どれだけ観ても好きになれないエヴァシリーズも、ようやく「Q」まで辿り着いた。前作「破」のラストがちょっと良かっただけに、本作はつまらなさが際立つ。冒頭の宇宙シーンは、「ゼログラビティ」のようなカメラワークで、期待が高まったのだが、それが終わって人物劇が中心になると、TVシリーズと変わらないダサい演出の連続になる。特にアップの撮り方が単調で映画らしくないとつくづく思ったし、美少年がグランドピアノ弾いている設定で、「昭和かよっ!?」とテレビを消したくなった。ラストだと思わせておいて完結してないし。鈴木プロデューサーはよくこんなの「次のアニメ界を10年背負って立つ」と評したな。あいつやっぱセンスない。☆2

  • 文学が収束させてしまいつつある世界をアニメーションは別次元に変容させうるか。Qは言語的な解釈を拒絶するところが基盤。夢分析的な解釈ならばいくらでもできるようなものが、興行的に成功している。これが時代の要請なのか。

  • 今までのシンジは何だかんだ困難に立ち向かう印象だったので、今作のウジウジ&暴走っぷりにはイライラさせられた。
    ただ、彼の“自分だけ14年置いてきぼり”な状況を考えれば感情移入が出来た。

    目覚めたら14年経ってて、自分がサードインパクトの引き金を引いた事、綾波を助けられなかった事を知る。うん、これだけでもショックよね。さらに、自分を認めて貰える唯一の手段だったエヴァに乗れない。これがヴィレを飛び出した決定打な気がする。
    ネルフに着いたら着いたで、綾波?と意志疎通が出来ない、父親は相変わらず。で、認めて貰いたがりのシンジはカヲル君に依存。最後に意固地になってるのも“カヲルの為”だから。ここら辺、破の最後で綾波を助けようと必死なシンジとダブる。
    結局、今度は救う所か死なせてしまう、サードインパクトの続きも始めてしまうのだから、最後に抜け殻になるのも仕方ないかもしれない。

    ―――でもさ、やっぱも少し人の話聞こうよシンジ君!て思ってしまう。
    次作では成長してくれるかなぁ…?

  • wikiの解説を見なければ意味が分からなかった。最初の場面も新しいエヴァも。
    これはこれで面白かったから、個人的には全然良いけど。

  • カヲル君がすごく好きだ.....

  •  金曜ロードショーにて。ネタバレどーん。

     もうやめてよう、こんなのエヴァじゃないッ……もうこれ以上エヴァをよごさないでよう……(漫画版エヴァのアスカのごとく)
     果てには「これはエヴァじゃない……エヴァじゃない……エヴァじゃない……」とシンジくんの「逃げちゃだめだ」ばりにつぶやいた人間なんてものは、いらっしゃらないのでしょうかね。

     それほどまでに、アニメや旧劇場版との差異に愕然としました。
     あれから十四年が経過してしまっていた、とか、まあそういう話もありでしょう、でもアスカが「バカシンジ」と言わないのです。「餓鬼」と、「ガキね」と言うのです。こんなのアスカじゃない。シンジにだけは唯一見せてたまっすぐさがない。時間の経過によりまったくもってかわってしまった?
     ああ、それでも。
     言えることは、
    ・なぜ弐号機にまでビーストモード搭載したん
    ・なぜ弐号機に「ごめん」てアスカが言ってしまったん
    ・カヲルくんに対するヴァイオレンスにちからそそぎすぎだよ
    ・頭パーンフラグめっちゃ立ってたけど旧劇場版より酷いだろww 肉片を飛び散らせるなよwwww
    ・綾波が綾波じゃないよう
    ・ゲンドウがマダオにしか見えない
    ・綾波ユイっておまえまじふざけんな
    ・もうこれはエヴァじゃない
    ・エヴァはもう遠い昔にいなくなられた
    ・もうこれはエヴァじゃない
    ・大事なことなので弐回言いました
    ・最後の夫婦漫才でなんかちょっと救われた
    ・ちょっとだけね
    ・カヲルくんは相変わらずイケメンでした

全119件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする