パンズ・ラビリンス [Blu-ray]

  • 333人登録
  • 3.57評価
    • (25)
    • (41)
    • (48)
    • (10)
    • (4)
  • 39レビュー
監督 : ギレルモ・デル・トロ 
出演 : イバナ・バケロ  セルジ・ロペス  マリベル・ベルドゥ  ダグ・ジョーンズ 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427810709

パンズ・ラビリンス [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦争中の少女の話。
    母親とともに、新しい父親となる大尉の元へ行き、残酷な現実と向き合わねばならない少女は、お伽話に夢中になる。

    グロテスクな現実と、少女の夢見るお伽話の世界の対比が、現実のキツさをアピールしてくる。
    血がブシャーとかはあまりないけど、痛々しいグロが多いので苦手な方は注意。
    あと女性にはきついシーンがあるかも…

    最後は少女にとってはハッピーだったのかもしれないが、視聴者にとってはなんとも言えない気分にさせられる。
    私は自分の抱いた感情が少女に対する同情なのか、世界観に対する恐怖なのか、少女が気持ち的に救われたことに対する安堵なのかわからないが、エンドロールでしゃくりあげて泣いてしまった。
    しゃくりあげるまでした作品は滅多にない笑

    レビューを見ていると、なぜぶどうを食べたのかと感じている方が多いようだが、あの戦時中にぶどうという甘くて美味しい食べ物は喉から手が出るほど食べたいものであるだろうし、あんなにもたくさんの食べ物があったら魔がさしそう…あくまで少女は子供なので
    その過ちを受け止めきれない余裕のなさも子供ならではかなーと思う
    でもあの手に目がある怪物は怖い…

  • 不思議な国のアリスを思わせるような切なさと美しさの入り混じるギレルモ・デル・トロ監督のダークファンタジー作品です。主人公に寄り添う歪な世界が心象をよく表すようで悍ましさと愛おしさが湧きます。

  • 残酷で血塗れの御伽噺でも現実に比べればずっと美しい。
    ヴィダル大尉はスペインの悪習を担う人物だったり、レジスタンスはそのスペインの悪習を断ち切ったという、希望の未来を感じさせたり…
    あと、オフェリアが地底の王国に逃避したということから、神の救済が無かったor跳ね除けたということで、キリスト教の力が弱まったという解釈もしてみたんだけど、多分深読みしすぎですね。

  • 半分くらいで寝た。

  • ☆9

    2017.3.10 鑑賞

  • 独裁政権化の現実とファンタジーの世界を行き来する作品。ファンタジー側の登場人物が禍々しい。

  • 見たことあるのに、見たこと無いていで何度か借りて見てしまった。バッドエンド。

  • 好きそう、と言われてたので手に取ったんですが、スペイン映画合わないかも。
    ファンタジーと戦争を掛け合わせた感じ。血に濡れたダークファンタジーと言ってもいいかも。
    映像は美しいし空気感はおとぎ話そのものなんだけど最後までどこにも馴染めなかった。
    ラストは賛否あると思いますがわたしは好き。ハッピーエンドなんだと思います

  • ハッピーエンド派

  • 面白かったです!!!
    始まり方も、すごく引き込まれます。
    (石をはじめるシーンとか)

    オフェリアの周りで起きるファンタジーなんだけど、パンがまず怖すぎるし、ナナフシの妖精も妖精なのに怖い。さらにペールマンがもっと怖い。なのに、オフェリア禁じられていた葡萄食べちゃう!!!!まじか!!!

    と、ファンタジーなのに、ぽよよんとしておらず、見応えあります。
    あと、オフェリアのファンタジーとメルセデスたちのレジスタンスがあり、すごく面白かったです。
    悪役(義父)もすごくいい味だしてました。靴磨きしてる様も大尉らしく貫禄があります。

    ラストはハッピーエンドにもバッドエンドにもとれる絶妙な話で文句無しの映画でした。

全39件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

パンズ・ラビリンス [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

パンズ・ラビリンス [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする