週刊 少年マガジン 2013年3月6日号 (週刊 少年マガジン)

  • 23人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 講談社
  • 講談社 (2013年発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910206510332

週刊 少年マガジン 2013年3月6日号 (週刊 少年マガジン)の感想・レビュー・書評

  • 読み切り『聲の形』(大今良時)掲載

  •  声の形を読むため購入。漫画版マルドゥック・スクランブルは読んでいたので、この人は知っていた。女の子の口元が上手いなあと思う。
     人を執拗にいじめることも一つの障害なのではと思ったりする。強力な伝染病でもある。という事で、いじめが発生したら保菌者にあたるいじめ首謀者を施設に隔離する、という対応もやむを得ないのかなと。
      

  • Twitterで話題になっていた読み切り『聲の形』のために週刊少年マガジンを数年振りに購入しました。
    おそらくジャンプでは掲載できない漫画ですね。
    『聲の形』は聴覚障がい者へのいじめが題材の漫画です。
    これを読めば聴覚障がいのことや、いじめ問題がわかるというわけではありませんが、考えるきっかけになるとは思います。
    主人公が美少女でいい子すぎる、ストーリーに納得がいかないなど、賛否両論あるようですが一読してみてはいかがでしょうか。

  • 大今良時「聲の形」を読むために購入。

    評判に違わず、よかった。

    「ライジング・インパクト」の鈴木央がいつの間にかマガジンの人になっていてびっくり。

  • 読み切りとして掲載されている「聲の形」が良いです。
    学校で現実的に起こりうる問題としての「障害」「いじめ」。多様な子どもたち一人ひとりの教育的ニーズに応じたインクルーシブ教育の必要性を改めて考えさせられる作品となっています。教育関係,特別支援教育関係の人にぜひ読んでもらいたい作品です。

全7件中 1 - 7件を表示

週刊 少年マガジン 2013年3月6日号 (週刊 少年マガジン)はこんな雑誌です

ツイートする