星の王子さま [Kindle]

  • 286人登録
  • 3.71評価
    • (22)
    • (51)
    • (32)
    • (9)
    • (2)
  • 37レビュー
制作 : 浅岡 夢二 
  • ゴマブックス株式会社 (2013年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (106ページ)

星の王子さまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「君は、いったん誰かを飼いならしたら、いつまでもその人との関係を大切にしなくちゃ」

    世俗的な大人たちを皮肉し、大切なものは何か思い出させようとする作品。
    権力に捕われる王様、自分のことばかり考えるうぬぼれや、お酒に溺れる酔っ払い、忙しいが口癖のビジネスマン、規則に縛られる点灯夫、評価をするだけの地理学者。我々大人は彼らを含んでいる。それを気づかせてくれる本である。
    本当に大切なことは目に見えない。しかし、人は目に見えるものばかり夢中になり、いつしか人生の目的をも見失ってしまう。
    とてもきれいな文だった。また、短い作品にも関わらず、読み切りたくない寂しさがこみ上げてきた。

    電子書籍では、ページが右に進むとは当初分からず、困惑した。

  • 「孤独の星の住人にならないために。」

     小さな星から地上に降ってきた星の王子様との出会いは、子供の心を忘れかけた「ぼく」に様々なことを思い出させ、教えてくれた。それは何十年ぶりかにこの物語を手にした読者へも同様に。

     子供の頃プレゼントとして本書を戴き確かに読んだ記憶はあるのですが、印象としてはヘビに飲み込まれた象とバオバブの木のことくらいしか残っていませんでした。このたび何十年ぶりかに星の王子さまに再会し、ああこんなに示唆に富む話だったのかと、改めて感じ入りました。

     全編に流れる言いようの無い寂しさに、人は本当に孤独な生き物だと思い知らされます。星の王子さまが住んでいるのは一軒の家ほどの小さな星。そこに二つの活火山と一つの休火山があってあとは一輪のバラの花が咲いています。一方彼と知り合うことになる「ぼく」は地球の住人ながら、砂漠の真中に独り不時着し、頼る人ももなく飛行機を修理する身の上。本来ならばこの星には「ぼく」の他に本書の流れで言うのなら20億という人間がいるはずだというのに、砂漠上に今、星の王子様とただ二人というこの寂しさはいったいどうしたことでしょう。

     今ここにある孤独は住人が一人の星からきた王子様も20億の住人がいる地球の「ぼく」もなんら変わることがないのではないでしょうか。そこに生じた共感から生きとし生けるものと絆を結び友達を作りたいという願いが生まれています。多少気難しくとも何らかの関係を結んだかけがえの無い一輪のバラ、絆を結ぶ大切さを教えてくれたキツネの話が活きてくるのですね。

     さて何十年ぶりかで本書を読んだ自分は―といえば…。目の前のことにのみ追われ、頭がこちこちのまま、生きることにあくせくしていないか。家来が一人もいない王様や、点けて消すだけを繰り返す点灯夫、酒を飲んでいることを忘れるために飲む酔っ払い、うぬぼれる相手さえいないうぬぼれやや何も知らない地理学者になっていないか。大人は知らず知らずのうちに自分という孤独の星の住人になっているのかもしれません。

     星の王子さまの物語はだからこそ意味があります。自分独りの小さな星を飛び出して自分以外の様々な者と絆を結び生きるということ。いくつになっても、決して孤独の星の住人になってはいけないのだと。命を懸けた王子さまの冒険がそれを教えてくれるのです。

  • 3度目のチャレンジにてようやく読めた!
    そして死ぬほど感動している…
    なんて人生の本質的な話だったんだ。
    全身がぞくぞくする読書体験なんて早々ない。

  • 名作だけれども今まで読んだことがなかった。キンドルを購入したので、まずはこの本を読んでみた。やはり名作!考えさせられる場面が多い。大人になると忙しい、忙しいが口癖で本当に大切なものを見失っている。確かに。子供の時感じていた事は何だっただろうか。大切な事は目に見えない。人との繋がりについても考えさせられる本。また、何回も読み返してじっくり考えたい。

  • 物語は読めない先入観から避けていたが、偶然手にとったのが本書。児童書なのもあり、読みやすさはピカイチ。それでいてとても深い内容だった。
    読み終えたあとはちょっぴり寂しくなり、物語の奥深さに触れられたような気がする。これを機に物語に挑戦してみようかと思う。

  •  Kindleセールで購入。
    禅問答のような絵本のような、段々訳が分からなくなった。
    何が大切で何が正しいかは本人のハートに寄るんだよ、ってこと?
    読んでいて段々眠くなった。

  • kindle版がセールで99円だったので読了。じつは読んだことがない名作。星の王子さまのことや状況説明があまりないまま物語が進むのだけど、テンポが良くてすぐに読み終えられる。仕事や義務感、プライド、自己愛、利益、時間など、多くの人々がついつい優先させてしまうことを「それが本当に大切なことなのか?」と寓意的に問いかけ、最終的には「自分がどう感じるか」だけを大切にしたほうがいいと優しくアドバイスしてくれる。kindle版だとどうしても挿絵が小さくて見づらいが、なかなかかわいらしいイラストだった。

  • 初めて読んだ。
    何かが分かりそうなんだけど分からない・・
    そんなもどかしさがずっとしていました。

    自分の星に戻るためとはいえラストは切ない
    色々考えさせられたので読んで良かったです

  • もう一度会えたらいいね。

  • 子供のこころをいつまでも忘れずにいたい。
    けども、そう思っていても大人になっていく。

    読み終えたあと、星空をみあげると無数の物語が、バラや、笑顔が見て取れるのに、たった何日かするとただの夜空になってしまうんだ。

全37件中 1 - 10件を表示

星の王子さまのその他の作品

星の王子さま(ゴマブックス) オンデマンド (ペーパーバック) 星の王子さま(ゴマブックス) サン=テグジュペリ
星の王子さま Audible版 星の王子さま サン=テグジュペリ
星の王子さま 単行本 星の王子さま サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジェームズ アレ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

星の王子さまに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

星の王子さまを本棚に「読みたい」で登録しているひと

星の王子さまを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星の王子さまを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星の王子さまを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする