稼ぎたければ、働くな。 [Kindle]

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山田昭男
  • サンマーク出版 (2012年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (76ページ)

稼ぎたければ、働くな。の感想・レビュー・書評

  • ・そもそも、何のために人事部が必要なのか。社内の人の異動は、部長や課長同士で話し合えばすむことだし、新しい人の採用も必要な部署がやればいい。人が欲しいのはそれぞれの現場なのだから、必要な部署が必要な人を探してくればいいだけの話だ。
    …同じ理由で未来工業には購買部や経理部もなかった。「なかった」と過去形なのは、現在はやむなくつくったからだ。
    というのも、今から二十年ほど前、未来工業を名古屋証券取引所二部に上場させようとした時、当時の大蔵省から横やりが入った。上場するには、組織がきちんとしていなければいけない、社内に経理部や購買部もないような会社はダメだ、と言うのだ。しかたなく経理部と購買部を新設したが、今でもこれらの部署をわざわざつくる意味はないと思っている。
    …幸いなことに、大蔵省は人事部がないことについては何も言ってこなかった。
    これから上場しようという会社に、まさか人事部がないとは夢にもおもわなかったのだろう。だからいまだに、未来工業は人事部なしのままだ。
    >>/> 面白い!まさか夢にも思わないよ。定期の人事異動で他部署をローテさせるような方法は取れなくなるのかな。それも確かにお役所的だけれど。

    ・未来工業だけは赤字を覚悟で82種類の売れない商品をつくり続けている。現場の職人がこんな喜びの言葉を返してくれるからだ。
    「儲からないのに、自分たちのためにわざわざサイズ違いの商品をたくさんくつってくれる。これがなかったら、ほかのサイズをいちいち調整してつくらないといけなかった。未来工業さんは本当にありがたい」
    職人は感謝して、自然とメインの売れ筋商品も未来工業からしか買わないようになる。たとえよそが半値で出してきたとしても、未来工業から買う。
    これを日本語で「恩義」と言うが、私が陰でこっそり「撒き餌」と呼んでいることはどうか秘密にしておいてほしい。
    >>/> 今娘の小学校の宿題で「いなばの白うさぎ」の音読が出ている。うさぎが鰐を騙して、「我々うさぎとあなた達鰐とどちらの数が多いか、私が数えてあげましょう」と言って鰐を並ばせ、海を渡る。渡り終わる頃に嬉しくなって、「騙されたね♪」と言ってしまい、鰐に皮を赤裸に皮をむかれてしまう。その後神々の末っ子の大国主が一番人徳者で、うさぎを助けてあげ、そちらがメインのお話なのだけど、折角そこまで並べたんなら、鰐の数を数えて上げればwin&winだったのに。娘にもそう教えてあげたら、納得していた(笑

    ・営業に力を入れろと言うと、ノルマを設けてビシビシ売らせようとするバカがいる。ノルマを設ければ、一時的には売り上げが伸びるかもしれないが、長い目で見れば会社が儲かるようにはならない。
    営業はユーザーにいちばん近いところにいる。つまり、プラスアルファの差別化にもっとも気づきやすい人種だ。そしてそれに気づけるように配慮してやるのが、上に立つ者の仕事である。未来工業では営業にノルマがない。ノルマを設けると、どうしてもディーラーのところに行きがちになるからだ。実際に商品を買ってくれるのは、現場の職人ではなく、卸の販売店であるディーラーである。だから、ノルマを意識するとついついディーラーばかり回って数字を稼ぎたくなる。
    …未来工業で長きにわたって開発を担当していた清水昭八という人間がいる。彼も営業にしつこく現場に行くようにすすめたひとりだ。彼は生前、次のように言っていた。
    「営業はなるべく現場に行ったほうがいい。しつこく、『何でや』と職人に聞いていくんや。すぐには教えてくれんよ。向こうも“答え屋さん”ではないんやから。でもしつこく聞いていくと、最後にポツリと『〇〇が曲がりやすいんや』などと問題点を言ってくれることがある。そこまで聞かないかん」この、最後の「ポツリ」を聞けるかどうかが、営業の... 続きを読む

  • 残業禁止、ホウレンソウ禁止、年間休日140日、全員正社員、平均年収600万円、5年に一度全員で海外旅行、の未来工業社長の組織論。

    一見無茶なように見えて、背景には合理的な思想がある。
    実践するのは多少勇気が要りそうだけど、参考にしたいと思った。

    ・ムチなど振るわずとにかく先にアメを与えること
    ・会社に対して恩義を感じれば社員は頑張ってくれる
    ・常に自分の頭で考えて工夫すること
    ・部下のやる気を100%引き出すのが上司の仕事

    第一に社員をとにかく大切にすれば、社員一人ひとりが100%頑張ってくれる。それだけで会社は成り立つ。社員の100%の頑張りを引き出すことが何より大切。

    赤字商品でも多くの人が喜ぶなら供給する。それに恩義を感じてもらえれば、メインの黒字商品も選んでもらえるようになり、トータルでは黒字になる。

  • 命令ではなく説得だ。説得して、納得させる。

    トレーナーになってから二ヶ月が経ちました。

    今の所、行き当たりばったりで仕事を教えている感じがします。元来、人にモノを教えるのは好きではありません。教えるくらいなら一人でやってしまおうタイプです。

    人を見ながら、その人のペースに合わせて仕事を教えることもかなり難しいです。人がどれくらいできるかなんて、どうやったらわかるのでしょうか。

    こんな感じで、悶々としながらトレーナー生活が進んでいます。解があるとは思えませんが、解がないと投げずに、人の成長とはどうあるべきか、考えていきたいと思います。

    トレーニーは自分の下にいることに満足しているのでしょうか。

  • 世の中に破天荒な会社はあるが、日本にこれだけの破天荒な会社があるとは知らなかった。常識の逆を行き、そしてそれがうまくいっている魅力的な企業だと思った。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

稼ぎたければ、働くな。はこんな電子書籍です

稼ぎたければ、働くな。の単行本(ソフトカバー)

ツイートする