カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】

  • 657人登録
  • 3.47評価
    • (38)
    • (124)
    • (149)
    • (29)
    • (4)
  • 145レビュー
監督 : 伊藤匡史 
出演 : 阿部 寛  村上ショージ  石原さとみ  能年玲奈  小柳 友 
  • キングレコード (2013年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003818319

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】の感想・レビュー・書評

  • 個人的に伏線の魅せ方、タイトル回収、そして主要人物が幸せなラストを迎えられて良かったと感じた。
    細かい所を上げたり、冗長的な所を言っていたらきりが無いが、私はとても好きな話だ。
    原作が道尾秀介とあり、後味が悪い終わり方をするのではと危惧していたのだがこのような終わり方になって正直ホッとした部分もある。
    原作「カラスの親指」は未読であるので、近々手に取りたいと思えた。

  • 村上ショージさんの話し方が終始慣れなかった。

  • 最後のオチはびっくりした。
    この人の他のタイトルの本を読んだ時、飽きてしまって続かなかったんだけど、映画は違ったなあ。

    とても、面白かったです。

  • 長いわー! 160分長いわー!!
    長さが気にならない映画もたくさんあると思いますが、これは気になっちゃったよその長さが。

    最初のほうからかなりいろんな仕掛けをしていて、あとで「ああなるほど」と思う作りになっているのですが、そこがたぶん丁寧すぎたんだと思います。ひとつずつのエピソードをちゃんと描きすぎてるんですよね。だから時間を食っちゃうし、テンポも悪くなっちゃって、「まだなにも始まらないな~」って退屈する原因になってるんじゃないかと。

  • GyaO!で。
    阿部寛が好きなので見てみたら、なかなか良く出来たストーリーだった。疑り深い私は転落詐欺までは見抜いていたが、ラストの種明かしは半分くらい予想外。やっぱり真面目に生きるのが一番。と思わせてくれてよかった。

  • 原作が面白かったので期待してた作品です。
    キャストが良かったですね。
    村上ショージさん、正直演技は・・・上手とは言えないけども、とてもいい味出してたと思います。
    ミステリーとしても楽しめるしいい作品だと思います!

  • 道尾秀介の同名ベストセラーを、阿部寛と村上ショージの主演で映画化したエンタテインメント・ミステリー。凸凹サギ師コンビが、彼らのもとに転がり込んだ若い男女3人とチームを組み、一世一代の大勝負に挑む姿を、ユーモラスな人情模様と予測不能かつトリッキーなストーリー展開でスリリングに描き出していく。

    原作読んでたなぁと思ったが
    阿部寛主演で観てみました。
    面白かった、村上ショージもいい味出してる。

  • 村上ショージの話し方が変・・・だけど、それが逆にうさんくさい雰囲気を出していて、ラストで妙に納得してしまった。騙される感じが嫌いじゃない。詐欺師のお話だけど、悪い人が一人も出てこなくて心がホッコリ。優しい映画。

  • 村上ショージの胡散臭さが良い!
    映像でも騙されました!

  • 村上ショージが良かった。
    あのわざとらしい感じの標準語…。棒読みだけど、変だけど、おもしろい。
    これはもう1回見返して伏線を全部確認したい。

  • 村上ショージさんが良かった。
    なんか村上ショージさんが好きだ。
    ラストのどんでん返しも良かった。
    サクッと観れる映画だった。

  • 村上ショージさんと能年玲奈さんの演技がフワフワしてて、ぼんや~り観ていたのだけど、最後にドサドサっと面白さ。
    観終わった後「なんか面白い映画観たなー」っていうシンプルな感動。

    たとえばあまり映画を観ない人に「なんか面白い邦画ある?」って聞かれたら紹介できる。
    ちょっと便利かもしれない。

  • 監督、脚本 伊藤匡史

    能年玲奈と石原さとみの姉妹が可愛すぎる。石原さとみ、こんな一風変人な役もできるのか、とより一層好きになった。

    人生を台無しにされ失うものがなくなった男が、まっすぐな人生を捨てて人を欺く道を選ぶ。しかし、自分が原因で同じように人生を台無しにされた姉妹のために、“正義の詐欺”を行う計画をする。

    阿部寛もこういう大人の男役がすごくハマっている。村上ショージは非難の声が大きいが、逆に不器用な感じが出ていて適任だと思った。

    脚本は少々雑である。もしタケがテツの居場所を突き止めなかったら、結局この物語の一番のテーマである、詐欺師のテツが人生を見つめ直すというのは実現できなかったのではないか。

    ただお父さん指とお母さん指のエピソードは心にしみた。

  • これはスゴイ。観てる側まで騙されたね。

  • ややコミカルな元リーマンの詐欺師の話。仕返し編のストーリー展開・仕掛け方・仕上げ方がもう一押し欲しいところでした。あとやや時間が長めなのでそれを意識して見た方が裏切られないでいいです。

  • 長くて、ドキドキしっぱなしだった。でも最後まで見てよかった。

  • GYAOにて。面白かった。気持ちよくだまされた。こういう大どんでん返しのある話は大好きだ。上映時間の長さを全く感じさせない。下手くそなショージの演技が最後にはなんとなく「ま、アリか」って思っちゃうのが不思議だけど。

  • 能年玲奈ちゃん目当てで鑑賞。
    長い映画だけど、詐欺師のカラクリが楽しくて飽きなかった。また、どんでん返しと緊張感もいい。村上ショージさんが思った以上に素敵で印象的だった。カラスの親指というタイトル、あー、いいなぁ!!
    色々なことを確かめるために2.3回みた。
    こういった伏線やだましやうまくできてる作品は見ていて本当に楽しい。
    ちょっとおバカな石原さとみお姉ちゃんや胡散臭いユースケサンタマリアさん、いや〜な感じのヤクザ鶴見辰吾さん、間の抜けた古坂大魔王さん、ラーメン屋の戸次さんやなだきさん…みんないい感じで見ていて何だか嬉しい。
    原作先に読めばよかったかなぁ。でも、映画としてとても面白かった。

  • 主要キャラクターたちにしあわせになってほしいと思っちゃった映画。

  • 後日談的なネタばらしにピンと来ず。小説は面白いのかな。

  • グズグズした映画でした。
    ショージさんの棒読みセリフに始終うんざりしました。

  • 阿部寛演じる詐欺師を巡るミステリー。
    過去の自分に闇を抱え、詐欺師に転落していった主人公。
    ひょんな事から過去の自分と対峙していく事になるが、そこには意外な結末が…


    ってとにかく長いっ!伏線張ってるかもしれないけど無闇に長く感じる。
    村上ジョージの標準語は最後まで違和感取れず、ってかせっかくのキャラが死んでる。
    ブレイク前の能年玲奈と、馬鹿っぽい石原さとみは見所か?

  • 退屈
    セリフの棒読みにはついていけず
    ラストだけは意外性があったけど。
    あまちゃん以前の能年玲奈だけの映画。

  • 20150520視聴。2015年22作目。

全145件中 1 - 25件を表示

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】を本棚に登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】を本棚に「観たい」で登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】を本棚に「観終わった」で登録しているひと

カラスの親指 by rule of CROW's thumb 通常版【DVD】に関連するサイト

ツイートする