かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫) [Kindle]

  • 128人登録
  • 3.90評価
    • (14)
    • (26)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 万城目学
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (129ページ)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語はかのこちゃん目線であったり、マドレーヌ目線であったり。
    かのこちゃんやすずちゃんの子供らしい言動には、読んでいてフフッと笑ってしまうほど。
    鼻てふてふ…笑
    自分も子供のころは不思議な行動ばっかりだったんだろうなぁ。

    マドレーヌのかのこちゃんや玄三郎への優しさや愛は、読んでいて胸が熱くなった。そして玄三郎のマドレーヌへの愛ね。彼の意思が町中に広がるシーンは涙が出る。素敵な二匹。

    読み終わった後しばらく余韻に浸ったけど、すぐに再読したい気持ちになった。

  • 万城目学さんは物語の達人なのでしょうね。
    どの作品でもそうですが、日常と「訳のわからない世界」とを一緒に、しかも爽快感を持って語ってくれるってすごい文章力だと思います。
    笑って、泣いて、ほろっとしちゃいます。かのこちゃんみたいな娘がいたらなぁ。でも鹿男にはなれそうもないけど。

  •  この本、おすすめします。

    「あのね」
     水が膜となって舞い上がり、破れては水面を打つ音の合間に、すずちゃんの声がとぎれとぎれに届いた。
    「何?聞こえない」
    「わたしねー」
    「うん」
    「転校することに決まったの」
     その瞬間、かのこちゃんの右手がぺたんと水を打った。
     弾かれた水が、まるでねらい定めたかのようにかのこちゃんの顔を無遠慮に叩いた。それでも、かのこちゃんはまばたきもせず、すずちゃんの顔を見つめた。
     動きを止めたかのこちゃんとすずちゃんの間に、隣の子らが巻き上げた水しぶきが、乱暴な音を立ててばらばらと降り注いだ。
     プールの子どもたちを押し包むように、蝉が散々鳴いていた。
     なぜか、まわりで騒ぎ立てるみんなの歓声よりも、体育館から伝わる合唱が近くに聞こえた。

  •  かのこちゃんとマドレーヌ夫人の両目線から話がつづられますが、どちらも淡々としていいですね。気まぐれな猫、ちょっと変わった女の子。
     この作者はちょっと変わったお話を書かれますが、このお話はいたって普通です。とても綺麗な作品なので、ぜひ続きが読みたい。

  • 息子もかのこちゃんと同じ小学1年生。かのこちゃんと同じようにいろんな経験をして、「ふんけーの友」を見つけられたらこれ以上幸いなことはない。でもそれにはマドレーヌや玄三郎と意思疎通できる(と思い込む)豊かな感受性が必要なのかな。あるいはマドレーヌみたいな存在がそばにいてくれることが大事なのか。ともかく。この季節にピッタリのいいお話でした。

  • 昔、子供だった自分を思い出しました。
    冒険、出会いや別れに心を震わせた、そんな自分がかつていた事を。

  • 心が洗われるような,無垢で瑞々しい作品。万城目氏は奇想天外な作品が多いが,こんな児童文学としても通用するものも書けるのか。小学1年生の少女の心情が,リアルにいきいきと描かれている。取り巻く人間も動物も,みんなが優しさに溢れている。素晴らしい。

  • 2015.06.04 読了。


    Kindleにて

  • 万城目さんの作品で初めて読んだのは「鹿男あをによし」。ハードカヴァーからほのぼの系日常ストーリーみたいなものを想像していたのですがまさかの現代奇譚系! もともとだファンタジックな小説は好きなので一気にファンになってしまいました。それから「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」……映像化もされて(私は万城目先生の作品は映像化してなんぼであると考えている)一躍有名になった彼の割とまだ新しい作品がこちら。文庫の見た目は……ふむふむ、また私を騙す気だな、そう思って読み始めたのですが、今回はなんだか拍子抜けしてしまいました。いい意味で、ですけど。現代の話でありながら時折文章に隠れている古臭い表現(解説でも列挙してありましたね)がなんとも小気味よい、小さな世界を読者に伝えるにふさわしいアクセントになっていると思います。かのこちゃん、君は大物になる。

  • 私にとってはじめての万城目氏の作品。小学生でも楽しめそうです。お父さんはあの人でしたか。次の万城目作品は「鹿男」にします。テレビドラマが面白かったので、原作も読もうと思ってそのままになってたので。

全21件中 1 - 10件を表示

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)に関連する談話室の質問

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)はこんな電子書籍です

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)の単行本

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)の文庫

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)の新書

ツイートする