天冥の標Ⅲ アウレーリア一統 [Kindle]

  • 69人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (14)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 小川一水
  • 早川書房 (2013年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (347ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野尻 抱介
アンディ ウィア...
ジェイムズ・P・...
野崎まど
小川一水
小川 一水
有効な右矢印 無効な右矢印

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統の感想・レビュー・書評

  • 読了。「天冥の標」シリーズ第3巻。毎回話につながりがあるが、時代設定もテイストも何もかも違うので、この作者の頭の中はどうなってるのか不思議である。
    今回は冒頭でファーストコンタクトもの…と思わせて本編は血湧き肉躍る冒険活劇のスペースオペラ。どっちかというと前者が好きな私にはちょっと物足りなかったが、後者もよくこんな設定考えたなというアイデア満載、かつ勢いがあって素晴らしい。SFとしても荒唐無稽でありながら説得力があるという絶妙のバランス。そしてこの後いったいどうなるのか続きが気になってしかたない。
    これはもう、全巻読まざるを得ないだろうと覚悟を決めたのだった。

  • 興奮せずにはいられないスペースオペラ。一夜で読み切りました。政治抗争絡めつつ、基本は白兵戦と銃撃戦のアクション小説です。スカッと読めます。
    このシリーズの女性陣が皆、お転婆でアクが強いのは何故でしょうね…。主教さま怖い。イシスもグレアも気が強い。お淑やかな子がいない。だがそこが良い。

  • 第2巻では現代の東京を舞台にした物語は今度は一気に24世紀の太陽系へ。

    どうやらキリスト教系らしい信仰形態を抱えるノイジーラント大主教国家の国民は「酸素いらず」と称される特殊な人体改造を受けた連中で、こいつらは二酸化炭素を電解できるだか何だかで、都合の良いことに全く呼吸をしないで生命活動を維持できるので、その特質を活かして宇宙空間内の白兵戦のスペシャリストを多数育成しており、結果として宇宙に蔓延る「海賊」を取り締まる傭兵稼業を生業とする一大勢力を築いていた。

    そんで、そんな勢力の一角を担う主教アダムス・アウレーリアがいつものように海賊共を追っかけてとっ捕まえるとなんとその海賊共は単なる囮であって、囮の背後には都市伝説のような幻の海賊組織「ナインテイルズ」の野望が見え隠れするので、野望を阻止すべく血の気の多いアウレーリアの一統があれやこれやの軍事行動を展開するとそれに応じて海賊共もあれやこれやの軍事行動を展開するのであちらこちらに戦いの炎があがり、そのどさくさに紛れてセアキ・ジュノを名乗る一人の男が、フェオドールという名の人工知能を連れて現れるのである。

    2巻に続いて傑作。

    2巻はバイオハザード系のサスペンスだったが、3巻は宇宙船艦があちらこちらでどんぱちをするアクションドラマなのである。

    ずいぶんジャンルを切り替えて思い切った舵を切った印象があるけれど、相変わらず作者の観察と構築性は微に入り細に入りの仕上がりなので読んでいて大変頼もしく気持ち良い。

    酸素いらず共の生態や文化形式もなかなかに面白く、戦闘が始まるとみんなせっせと「ペット」達を避難させて艦内の酸素を排出して真空を作って火災リスクを排除したり、出撃前にはみんなで律儀に遺書を書いたりするのである。

    ストーリーの方は恥ずかしいくらいに王道だが、それが陳腐なありきたりに見えないのはとにかくあらゆる細部が他になくユニークだからであろう。

    繰り返すけれど傑作。

  • 今度は打って変わって、宇宙戦争物
    1巻と2巻を知っているので、それらに繋がる人々が出てくるし、最終的に暗躍してる黒幕も少し露見される
    そういう要素をはさみつつも、骨格は軍事物としてちゃんと面白いので、なんか普通に楽しめた

  • 喫茶店で読みました

    喫茶店で読むのにちょうどいい

    私に至福の時間を提供してくれる作品群

  • 天冥第4段。 すごいボリュームだった。いろんな人物の登場と次々に起こる事件、そして用語の理解に必死だった一冊。ここで禁忌の一言。「天冥の新キャラ登場って、死亡フラグじゃね?」 物語は前巻とガラリと変わり、宇宙海賊モノ。「酸素いらず」を宇宙戦闘の長所として用いる点は、懐かしき銀河戦国群雄伝ライを思い出す。砲雷撃戦の後に乗り込んで白兵戦という流れは、とても心が躍る。はじめの対イリス戦は特に良かったなぁ。 「酸素いらず」決め台詞、痺れます。 「怒り、溜め、撃ち放せ!大気なくとも大地あり!」

  • 9784150310035 の電子書籍化。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統はこんな電子書籍です

天冥の標Ⅲ アウレーリア一統の文庫

ツイートする