グッモーエビアン! [DVD]

  • 384人登録
  • 3.50評価
    • (29)
    • (71)
    • (77)
    • (16)
    • (7)
  • 71レビュー
監督 : 山本透 
出演 : 麻生久美子  大泉 洋  三吉彩花  能年玲奈 
  • アミューズソフトエンタテインメント (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427655430

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

グッモーエビアン! [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作既読。結構映画でアレンジされていた。ぶっとんで自由人なヤグ役に、大泉さんはぴったりだった。麻生さんのお母さん役もいい感じ。

    あまちゃんの子が友人役で出ていて、主人公の女の子とちょっと膝小僧をのぞかせた制服で、カニパンをぱくついているシーンがよかった。可愛い。

  • 麻生久美子の 表情が 生き生きしている。
    ロック が 好きな 母親。
    自分で 自分の行動に 責任もつ
    という スタンスが いいね。

    娘/三吉彩花の 理屈っぽく
    なんとなく、大泉洋を バカにしている。

    能年玲奈が 三吉の友人で
    明るい。
    あまちゃん の時よりも 明るさがある。
    その キャラクター は大切だね。

    大泉洋の 好きなことをして
    自由に生きる 姿勢。
    それが,最後の ロックの 唄をうたうところで、
    はじける。それまで じっと ためていた。

    葉月/ハッピー という 名前は 大泉洋が名付けた。

    ゆとり世代 的 映画 と言うべきか。

  • 僕には合わない作品。
    観るときの気分によると思うけど
    大泉みたいな(劇中の)奴をいい奴だ
    と押し付けてくる作品にうんざり。
    特にラストは最悪。

  • 面白かった!ロックな母、適当な父、しっかり者の娘。この三人が織り成す人間模様に見入ってしまった。最後の父から娘への言葉@ライブハウスは感動。笑
    キャラと役者も合っていると思う。

  • 録画を見ました。なんだか散らかった印象で、役者さんたちは良かったのに残念な気がしました。生きづらそう…と思ってしまいました。ライブシーンとか、唐突な土屋アンナさんとか、能年玲奈さんも良かったのに…結局、何が言いたかったのかな。。自分の心にも嘘をつかない、とか、言いたいことは言いたいときに言わなきゃ…とかは思いました。グッモーエビアンって、何の事だろう…と思ってしまいましたが、Good morning everyone、かぁ。

  • こんな家族いいなって端から見たら軽く言えるけど、実際となると・・・。
    それに振り回される子供の心情がよく描かれてた。
    ムカつく子供の気持ちもよくわかる。

    ありがとうとごめんなさいは言える時に言っとかんとね。

  • それぞれの家族のかたち。
    外からはわからんもんやよな。

  • 久しぶりにピースフルな映画を観るのもいいかもね。あまちゃん前の能年玲奈の観れたし。三吉彩花は顔が大人び過ぎだね。あと、麻生久美子のロックな母という設定はちょい無理があるような気がします。観て観たかったが。

  • 大泉さんのロックなシーンが
    何か恥ずかしくて見ていられないワタシ(笑

  • なんだかマンガを読んだような気分。
    上下巻とかじゃなくて10巻くらい。

    深い映画ではないけれど、晴々しい邦画らしい邦画だった。
    きっと家族で観るといいと思う。

    俳優さんの使い方が上手いなと思う。
    みんなナチュラルいい。熱演ってちょっと置いていかれることもあるから、これくらいが快かったりする。

全71件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

グッモーエビアン! [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

グッモーエビアン! [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

グッモーエビアン! [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする