いざ志願! おひとりさま自衛隊 [Kindle]

  • 19人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 岡田真理
  • 文藝春秋 (2013年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (137ページ)

いざ志願! おひとりさま自衛隊の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014年2月25日、4刷、並、帯無
    2016年10月3日、伊勢BF

  • 何でこれを買ったのか忘れたが、どこかのブログでレビューされてたのか、たまたまKindleで安かったのか、そんな感じだったはず。

    期待していたより面白かった。昔は自衛隊を無くすべきじゃないか、と甘っちょろいことを考えていた僕だが、ここ数年は自衛隊に興味を持つようになってきた。入隊体験みたいなのも興味あるんだよな〜。

    これを読んで、僕も予備自衛官目指そうかと思ったもん。既に39歳なので、年齢制限で引っかかるけど。。。でも興味はある。やってみたい気はする。

    これを読んで改めて感じたのは、自衛隊はある意味で究極のフォロワーの集団なのだな、と。基本的には命令には絶対服従。そうしないと戦場や極限状況下では生死に関わるということもよく分かる。なので、究極のフォロワーの集団を目指すのは間違っていないと思う。

    一方で、司令官は卓越したリーダーシップと臨機応変な対応が求められる。それがないと、同様に部隊を全滅させることにつながってしまうから。

    階級が下の兵卒〜下士官においては徹底したフォロワーシップを要求され、士官になってからは圧倒的なリーダーシップを求められる。このつなぎ目というか、転換期にどのような訓練、教育を行っているのか、どのようにしてリーダーを育成しているのか、という所を知りたかったなぁ。まあ予備自衛官の体験記なので、望むべくもないところなのだろうが、そこが詳細に書かれていると、もっと価値が出たと思う。

    個人的には、今後は「国のために」という考えはどんどん小さくなっていくだろうと思っているし、小さくなってほしいと考えている。加えて、国家というものもどんどん意味を成さないものになっていくとも思っている。その観点から、筆者が君が代に感じている思いであったり、「お国のために」という気持ちであったりというのは、僕にはない感情ではある。でも、そういうことをしっかりと学び、体感し、それに対して誇りを持てる、ということは素晴らしいことなんじゃないだろうか。

    Kindle版は文庫版を底本としているので、文庫版のおまけがついてきている。そこの一つに2011年3月11日の大震災とそれに伴う自衛官の働きについて書かれている。

    その中で、自衛官の誇り、国を守る、国民を助ける、という誇りを感じた。これは、3.11だからどう、という話ではないのだろうな、と思う。国外で大災害が発生した時も、相手国の要請によるところはあるが、現地で自衛隊が救助活動を行うことは多々ある。その際も「目の前の人を助ける」という誇り、気概を感じる。

    本文中にも出てくるが、彼らにとっては当たり前の仕事であり、至極当然のこと。つまり自分の仕事に誇りを持ち、それを忠実に遂行しているだけ、という感覚なのだ。

    その姿のカッコいいこと。

    僕も自分の仕事を忠実に遂行する、自衛官における眼の前の助ける人に当たる、僕のお客様に喜んでもらえる、感謝してもらえるような仕事をしないとあかんな、と思った。

    それだけでも、僕にとって本書は読む価値のあった一冊でした。

    ただまぁ、著者のスタイルなんだろうけど、この文章はあんまり慣れないけどね。。。自衛隊が好きなのはとても良く伝わってきたので、その点は良いんですけどね。

  • 酔った勢いで年齢が引っかからなったヨビジホの試験を受け合格し

    自衛官としての道を歩き始めた作者の訓練を通じて知り得た情報

    ドリフが大好きという岡本真理さん

    掴みはオッケーな始まりから 普通に辛い、厳しいといった感情をさらけ出して

    訓練について教えてくれる。

    自衛隊関連の人達にはあるあるネタとして

    学生から一般の自衛隊って?というボンヤリとした事しか知らない私のような民間人には

    自衛隊ってこんなとこ、こんな事してます

    と具体的に教えてくれます

    例え話も判りやすく、自衛隊についてかなり詳しくなりました(笑)

    安保法政について、現役自衛官達は何も話す事ができません。

    だからこそ、自衛官から民間人になった人達か経験から安保法政について教えて欲しい。

    退役自衛官の中でも賛否両論別れると思いますが、 その人達が語る内容の方が重みがあるように思います

    反対反対しか言わず、安保法政の内容審議まで辿りつかなかった無駄な時間しか費やしてない国会よりも

    野党の野次はどうにかなりませんかねぇ( ̄◇ ̄;) ってか、国会議員の皆様、ちゃんと理解して審議参加してます?

    あ、岡本真理さんみたいに話がズレちゃった(^^;;

  • 予備自衛官の存在を初めて知った。出動要請を受けても、勤め先の都合を伺わなければならない、半官半民ともいえる予備自衛官は立ち位置的に微妙だと思った。

  • ケーハクな文体と「自らの命より重い国民を守る使命感」のギャップが限りなく素敵な一冊。フリーの執筆業を営みながら、予備自衛官補として年 5日間の訓練と万が一の緊急召集に備える岡田真理のヨビジホ・ルポ。

    近年、災害派遣などによる活躍が TV で紹介されたり、自衛隊広報の絶え間ない努力が実ったり、自衛隊に対する評価は年々肯定的なものに変化してきている。しかし、自衛隊の評価を高めるのに大きく貢献したのは、実は岡田真理のこの一冊だったのではないだろうか。実際に初めて予備自衛官補が緊急召集された 3.11 東日本大震災の章が追記されたことにより、3.11 以前の単なる体験ルポタージュではなく、著者が「日本を守る1人」に成長するまでの半生記と言って良い作品に変化している。

    表紙イラストや軽薄なタイトル、文体に惑わされてはいけない。これは素晴しく面白い一冊だ。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

いざ志願! おひとりさま自衛隊はこんな電子書籍です

いざ志願! おひとりさま自衛隊の単行本

いざ志願! おひとりさま自衛隊の文庫

ツイートする