孤高の人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle]

  • 24人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 集英社 (2008年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

孤高の人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の感想・レビュー・書評

  • Yahoo!コミックで拾い読み。これは手を出したらあかん漫画だと思いながら手にとってしまったが最後一気読みで。かなり気持ちがえぐられた。決して、気持ちのいい物語ではない。協調性皆無の森文太郎がクライミングに出会って、クライマーになっていく物語なんだが、協調性ないにもほどがあるし「孤高」なんだよな。「山っていうヤツは気まぐれだ…父のように厳しく突き放したかと思えば、一点して母のように優しく迎え入れる時もある」迎え入れられたのが幸か不幸か。はてさて。

  • Kindleのセールにまんまと釣られて全巻登攀。
    ストーリーはさほどよくできてるわけではないが、とかく絵が雄弁。ときに数ページ台詞なしに、主人公・文太郎の言葉にならない叫びが描かれるが、なかなかどうして。何か真に迫るものがある。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    うーむ。暗い。
    話としては面白いが暗い。
    僕の思っている孤高の意味が間違っているのかもしれないが、今の段階では孤高というよりは孤独。
    しかも不器用であるが故の仕方なしの孤独。
    言うなれば寂しいヤツ、かわいそうなヤツという印象。
    まあ見下してしまうというレベルですね。
    理想のためならば孤独にも耐えられるというより、コミュ障だから孤独でいるしかない、ホントは孤独は寂しいんだよーといった心の声が聞こえてきそうです。
    まあこれからどうなっていくのかですね。
    無料分だけは読みます。

  • 以下、17巻までまとめ読み。
    面白かったが、登山が全くできないので、凄さがまったイメージできず「すげーなー・・・ありえねぇーだろ」程度のお粗末な感想。
    ところどころ、東十条の商店街や、王子5丁目の団地、十条台から王子3丁目への坂道、赤羽駅前など、知っている景色が出てて楽しい。
    年をとるごとに高所恐怖症になり、ロッククライミングや登山ができる人を無条件に尊敬してしまう。
    今10代だったらやってみたいな。
    「うっかり」だから、あっという間に滑落してるか・・・

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

孤高の人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)はこんな電子書籍です

孤高の人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)のコミック

ツイートする