劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]

  • 388人登録
  • 4.10評価
    • (68)
    • (61)
    • (38)
    • (5)
    • (1)
  • 69レビュー
監督 : 新海誠 
出演 : 入野自由  花澤香菜 
  • 東宝 (2013年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104076694

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ずっと見たかった作品をブルーレイで友人と見た。
    お気に入りの場所で偶然居合わせた不思議な人と雨の1時間目を過ごすうちにだんだん惹かれていく。
    子供な自分と夢に向かっていく自分の板ばさみにあいながらも夢に向かって手を休めずにいるとき、隣にいつもいてくれる人。片や、成長を見守り会話を楽しむうちに安らぎを与えてくれる人。
    紡がれる言の葉と、雨の日、都会の中の緑の庭園のなかで二人の気持ちがすくすく育っていく。
    美しい風景のビジュアルに加えて、おだやかで優しい序盤の繭のようなモヤを一気に払う瞬間が最大の見どころ。
    大人としてか、対等か、恋か、子供を見守る愛情か、心に雲の裂け目ができて光が差し込むように感動が涙になって込み上げます。

  • 雨の日の午前中だけ学校をさぼって、新宿御苑で靴のデッサンをする主人公が、ある日朝からビールとチョコレートを食べる女性に出会う。二人は雨の午前中だけ逢瀬を重ね、惹かれあっていく。

    背景がとても綺麗。
    ぼんやりと見入ってしまい、セリフが聞こえにくかったりしたので2回観ました。

    あからさまなハッピーエンドではないけど、明るい未来を想像出来る終わり方で良かったです。
    もう1回観てもいいと思います。

  • 新開誠をもう一作。短編ですが、映像と共に内容も完成度が高く、年の差を感じさせない二人の純粋な潔さに好感が持てます。
    靴職人を目指すタカオくんは家庭環境のせいか15歳にしてはとても大人びた好青年です。一方で、ちょっと陰のある雪野さん。雨の日だけの出会いを重ねて。。
    四季の微妙な変化が、美しく繊細な映像で語られ、題名に相応しく和歌の返歌がアクセントになっていて奥深いです。日本の良さが滲み出ますね。エンディングの曲も良かった。
    雨の日って、個人的にも結構好きだったりするんですが、そういや昔デートの時にそれを言うと、それ変やで、と軽く否定された事なんて思い出しました。

  • 梅雨の季節になると観たくなる。
    何回見ても切なくて愛しい映画。

  • 君の名は。よりこちらの方が好みだなあ。足を計るシーンがどう考えてもフェティッシュでエロティックです。ぜひ雨の日にサントラを聞きたい。

  • 秦くんカバーの「Rain」(原曲は大江千里氏)
    これまでのカバーで断トツにすき
    声も曲調も秦くんに似合いすぎてる

    ストーリーは割とあっさりしていて
    途中から予想もできてしまうけど、
    とにかく絵が美しい
    雨の日もいいなあと思わせる魅力がある

  • 雨が降るのが 美しいと思ったのは始めてだ。
    映像のすばらしさに、驚く。
    風に揺れる樹が池に触れんとする風情。
    緑の豊かさ、鮮やかさ。
    そこに、雨が 降り続ける。雨の物語なんですね。
    雨がおおい 梅雨の時期。(設定もうまい)
    15歳の タカオくんは、雨が降っているので、
    学校にいくのをズルして、公園のあずま屋にいく。
    そこに、先客がいた。
    チョコレートをつまみにビールを飲んでいる女性。

    『なるかみの すこしとよみて さしくもり 
    あめもふらぬか きみをとどめむ』
    と言って、女性は 傘をさして 出て行った。

    印象的な出会いと印象的なメッセージ。
    万葉集は 恋の歌 である。
    その出会いは 雷が落ちたようだった。
    そして、あなたに 雨宿り したいなぁ。
    とも受けとれる 意味深な 歌である。

    タカオくんは 雨になると 公園に行き、
    名も知らない彼女に 会いにいこうとする。
    純粋で、まだ なにもしらない 恋心未満。

    タカオくんは 手づくりの靴をつくることが夢だった。
    弁当を持ち寄り、タマゴをほうばる タカオくん。
    タカオくんは、雨宿りの女性に 足を計らせてもらう。
    たぶん、はじめて ふれる女性なんでしょうね。
    いつの間にか 梅雨が 終り、夏になり、雨が降らない。
    タカオくんは 簡単にスマホでラインなんかやらない。
    だから、雨を 待つしかないのだ。

    ところが、雨宿りの女性は、自分の学校の古文の先生だった。
    生徒にいじめられて、登校拒否の教師だった。
    そして その先生が 学校を辞める時に 廊下ですれ違う。
    タカオくんは はじめて、ユキノという名前を知る。
    それを知って、タカオくんは 3年生の生徒に 抗議をしにいくが
    あっけなく、殴られて 負けてしまう。

    待望の雨が降った。
    15歳の生徒タカオくん。27歳の教師であるユキノ。
    二人は 雨の公園で 出会う。

    タカオくんは 返歌を 謳う。
    『なるかみの すこしとよみて ふらずとも 
    わはとどまらん いもしとどめば』
    あなたが いてと言ってくれれば、いるのに。

    好きだけれど 『好き』とはいえない 距離があった。
    二人の間に 雨が降るが 雨は 二人を はなさざるを得ない。 
    雨は やさしく、そして つめたく 降り続ける

  • 2013年公開の新海誠監督のアニメーション映画。もともと劇場公開作品ではなかったようなので、ちょっと短めな作品になっています。短いながらも作品中に描かれる様々なモノを通して、登場人物の感情などを表現しています。また、本作のストーリーにも重要な雨のシーンをはじめ、OPから水の表現には驚かされました。タカオとユキノの恋の行方は、新海誠作品を知っている人であれば予想されるし、納得できるのではないでしょうか。毎回思うけど、音楽とシンクロしたイメージ映像の美しさはさすがです。

  • 新海誠の真骨頂。
    繊細で静かで美しい話。
    はっとしたのは、ファンデーションが粉々になる描写。あの表現は女性にしか伝わらない。落ち込んでる時にその心を表すようにファンデーションが落ちて割れて。切なくて良かった。
    くっつかないのが新海誠らしかった。

  • 内容というより、映像と、音楽と、音が、とっても素敵。内容というより。

  • 人物も格段に上達して、背景はますますリアルになり、実写かと見間違う。
    恋愛も可愛くてとても素敵。

  • アニメでここまで美しい映像を表現できるとは。
    切なくなる物語。

  • GYAO!にて、評価もいいみたいだしと視聴。
    監督など事前にチェックしていなかったが、
    やはり独特なのか、色合いを見ただけで新海誠だなあと感じた。
    紫の空が好きだよね、この監督。

    映像が美しい。過去の作品よりもよりリアルな背景だった。
    まるで実写のような質感の背景に対し、人はツルツルにデフォルメされているから、妙にマネキンに見える時があった。

    主人公もヒロインも、見た目の割に声が幼いと第一印象では感じた。
    見る内、主人公には慣れたけど、花澤香菜の少女のような声ではアラサー先生は無理なんじゃないかと思った。
    年齢不詳さが出したかったのかもしれないが、最後まで馴染めなかった。アニメ声すぎたせいもあるかも。

    マリメッコやイッタラみたいな食器が出てきたり、靴はダイアナだったり。スポーツメーカーもTシャツが出てたな。
    実在の企業がチラチラ出てきてスポンサーですよと宣伝されてるのがちょっと露骨だった。

    淡々とした空気感は素敵だ。
    ストーリーはベタベタで先が読めるのに、いつの間にかこちらも主人公に感情移入して、雨を待ちわびていた。
    どうしてこんなにピュアに描けるんだろう。

    主人公がヒロインの足に触れるシーンはドキドキしてしまった。

    ファンデーションが割れるシーンは他のアニメにはない女性目線の繊細な表現で感心した。

    ほぼ終始ピアノ曲が流れていて、時々鬱陶しく感じてしまった。
    ラスト、登場人物の声に被せてED曲が入る演出は、ちょっと好みじゃない。

    ED明け、完成した彼女の靴を東屋に置く主人公。
    感動したまま映画を見終えたかったよ。
    でもありえないほどダサすぎて余韻が台無し。彼の将来が心配になってしまった。
    それまで出できた靴のデザインは、現実でも抵抗なく履けるデザインだったけど、あの靴はファンタジーだぞ…
    どうしてあんなオチにしたんだろう。正直蛇足だった。
    あれに合わせる服などない。かなり妥協して森ガール系だが、アラサーでは厳しかろう。いくら美人でもファンシーおばさんだからな。
    主人公が女性に幻想を抱きすぎているようで、物悲しい気持ちになった。

  •  雨の日だけのちょっとしたサボりで新宿御苑で出会った女性と高校生が交流する話。成長しようともがこうとしている主人公が、自分を明かさない女性とのたわいないやり取りを通じて自身の成長と惹かれる自分に気づくが…

     画が綺麗なのは当然なんだけど、雨の効果音が心にすっと心に入ってきて、昔感じた記憶であったり匂いを思い出させてくれる感じが素晴らしい。

     後半の非常階段の音楽は無かった方が良かった。あと、エンドロールの後まで見ようね。

  • なんという美しさ。
    映像も音楽も声もキラキラと輝く。
    古典…好きだったなぁ。
    昔古典の先生になりたかったんだ…。
    言葉が柔らかくて、ふわふわしてて…。

  • 繰り返し同じものはなかなか見ないけど、
    雨が降ったら御苑に行くと決めているので、
    よいしょっともう1度見ました。
    2年ぶりに。

    私にとって、大切な1本です。

    オムライスを見て泣けてきた。
    一緒に温かいものを食べること。
    それは、自分と相手を大事にする行為。
    心置きなく一緒に料理をし、食べる喜びを
    知った自分にとっては、大事なシーンでした。

    2年前に見た時にはそれに気付けなかったし、
    私はこれを見てなお1人で歩こうとしていた気もする。

    「あんたはずっと大事なことは言わないで、自分は関係ないって顔をして、ずっとひとりで生きていくんだ!」

    タカオの台詞をぶつけてやりたい人がいる。
    あなたは今隣にいる人をばかにしてるのかって。
    伝えなきゃ卑怯だ。分からないこともあるのだから。

  • 映像綺麗だったわー。従兄弟の男兄弟共が新宿御苑新宿御苑言ってたのがコレだったか。お前ら二人で観に行ったのかよ。
    映像てか雨や光の表現綺麗だったわー。
    内容は個人的に秒速が勝るかなあと思った。
    15歳(だっけ?)の男の子ってあんなに色気があるもんなのかしら良いわー。

  • 今のCGってすごいな、、、。

    って事はすごく良く出来た絵空事って事で、それに寄り添うかのように物語も高価な細工菓子のように繊細なフィクション。

  • すんごく良かった・・・。
    雨の描写が美しいのはもちろんのこと、短い作品なのにこれだけ丁寧に二人の感情の動きが描かれているのがすごい。最後の秦さんの歌声にまた泣かされる。
    何度も繰り返し見たいけど、見るたびに終盤、泣いてしまいそう。

  • 映像は本当に綺麗で、背景(雨、木)などを見る分にはまた見たい。でも人物描写もストーリーもツッコミどころが多くて入り込めなかったなぁ。

  • 映像が綺麗。音も良い。どことなく切ない淡い青春アニメ。

  • 現実味がチョットかけますが、いい感じです。見終わった感いいです。

  • 映画上映開始と同時に、劇場で発売された作品。
    それをやっても驚かないくらい、映像から音楽から、すべてにおいて完成度の高い作品です。
    46分なので、いつでも何度でも気軽に見られるし、そのたびに満足できる、いろんな要素をぎゅっと詰めこんだ、オススメ作品です。

全69件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする