ねらわれた学園(通常版) [DVD]

  • 50人登録
  • 2.95評価
    • (1)
    • (5)
    • (10)
    • (4)
    • (2)
  • 12レビュー
監督 : 中村亮介 
出演 : 渡辺麻友  本城雄太郎  小野大輔  花澤香菜 
  • アニプレックス (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530066381

ねらわれた学園(通常版) [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 面白かったー。
    正直、小野D目あてで見たけど、予想外に良かった。
    「晴れ時々桜」というセリフの通りに、花びらがキラキラしてました。
    ケンジの祖父がいい味出していたなぁ~。

    内容はYA向けで、大げさな演出とかあって笑える部分も
    ツッコミどころもあったけど、恋、友情、青春
    全開ってかんじで良かった。

    考えてみると・・・現代の孤独と、私が青春していた80年代の孤独って
    孤独の質が違う。
    かなしいことだけど、今の孤独の方が濃いように思う。


    ケンジ、ナツキ、京極、春河の物語。
    携帯電話とテレパシーと、生のコミュニケーションがカギ。
    (携帯電話が新しい要素)

    やっぱりリアルに「人を想う気持ち」って大事だ。
    「手を差しのべる」「手をつなぐ」ことも大事。
    わが子や中高生に知ってほしいな。

    人が人を想うことの大切さが丁寧に描かれていて
    「いないはずの人間なんていないんだ」で不覚にも涙。


    私も学校に毎日好きな人(片思い)を見に、会いに
    登校したっけなぁ~・・・と胸キュン♪


    過去のドラマと比べると、展開が淡々としているけど
    最後まで見ると本当に心がほんわかと。。。温かくなります。
    京極&春河に涙ぶわ。(ケンジとナツキも素敵)

    まゆゆが声優というのも、なかなか良かった。

  • 『ねらわれた学園』の原作バージョンとは別だと思って見たほうがいいんじゃないかなと思いました。原作はSF&社会問題(学校問題?)がメインでしたが、こちらは青春&恋模様がメインでした。SFもありましたが伏線がちらちら出てくるだけで、明かされないものも多いです。

    映像は綺麗ですし、セリフもとても選ばれてるなという印象でした。名言になりそうなものも多かった。
    ただちょっと伏線がわかり辛い(ところが多すぎる)のと、映像が綺麗すぎて目が悪い私はちかちかしました(苦笑)

    ストーリーは、ものすごくラノベっぽいですが、それに抵抗がなければ楽しめます。主人公二人組(とくに京極)の葛藤とヒロイン二人組の葛藤はとても切なかったです。主人公が気が抜けているのは始終変わらないのですが、京極に「勝負しろ!」と言われて「明日海行こう」と切り返す性格はなかなかないと思います(苦笑)だからこそヒロインちゃんは彼が好きなんでしょうねぇ。。。ヒロインの「能力」もさらりと語られてましたが、伏線の回収が(私が理解できてないだけかもしれませんが)なかったようですので疑問がちょっと解消されなくてモヤモヤ……。

    が、それを抜いてもよかったと思いますし、声優さんもよかったです。

  • 第一印象はめちゃくちゃきらきらしてるなぁ、というもの。
    画面として例えば海や木漏れ日、カメラのフレアといった光が存分に取り入れられている。色鮮やかで、少し眩しすぎるくらいの演出はある意味青春を象徴しているような気がします。そしてこれは実写では、文字では演出できない効果で、アニメーションとしての持ち味を押し出していると感じました。
    ストーリー的なもやもやはありましたが、公式HPの監督の特別対談(http://www.neragaku.com/special01.html)を読むとかなりスッキリしました。うーんあそこらへんのわかりにくいところってどうなの、って人には是非読んで、そしてもう一度見直してほしいなあと思います。

  • 意味がわからなかった。
    説明なさすぎというか…。

  • なんというか、思春期独特の切なさがあったね。
    とにかく映像がキレイだったんだな~。色合いというか。
    ハナちゃんが出てるのは知ってたけど、良平さんが出てるの知らなかったから、ラッキー♪とか思ったり。

  • 終わり方が完全にファンタジー。
    物語の始まり方はキラキラして、
    描写が素敵です。
    内容よりは、絵が素敵でした。

  • かわいい。風景きれい。関ケンジくんの衣装替え多い。どの衣装もかわいい。関ケンジ。京極リョウイチ。超能力者。未来人。転校生。関ケンジと京極リョウイチの出会うシーンと最後の一緒に地球を離れるシーンが良い。

  • 後半の怒涛の展開を理解するのが大変。

  • 実写版映画を知っているものとしては、観るにたえなかった。
    (がんばって最後まで観た自分をほめてあげたい(笑))

    映像はとてもきれいだったけど、元のとはまったく別物。
    口直しに昔のを再見したくなった。

  • 人の心がわかる能力。その能力が手に入れば、あらゆる人と意思が完全に疎通できる。
    しかし、その能力を持ってしまえば、もはや人の心を知りたい、と思う気持ちを失ってしまう。

    人には、わからない部分があるからこそ知りたい、と興味が持てるのであって、人の全てが審らかにされた時、もしかしたら人は人自体から興味を失ってしまうかもしれない。すでに解明され、証明された数式を見るように。

    現代人・未来人の交流を、青春の色で描き、鮮やかな色彩の風景、幻想的なシーンなど映像も楽しめる作品。

全12件中 1 - 12件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ねらわれた学園(通常版) [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ねらわれた学園(通常版) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ねらわれた学園(通常版) [DVD]はこんな映画です

ツイートする