藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [DVD]

  • 122人登録
  • 3.20評価
    • (5)
    • (21)
    • (37)
    • (10)
    • (3)
  • 32レビュー
監督 : 三池 崇史 
出演 : 大沢 たかお  松嶋 菜々子  岸谷 五朗  伊武 雅刀  永山 絢斗 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2013年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前半の緊迫感は観ていてとてもドキドキしました。ゲームをしているときのドキドキ感みたいな。いつ誰がどこから狙ってくるか分からない、そういうのに似た感じの。特に新幹線でのシーンまでは息つく暇もないくらいでした。この映画では、カーチェイスや銃撃戦など見た目に派手でスリリングなシーンは勿論のこと、「たとえ任務とは言え、クズみたいな人間を命をかけて守る価値があるのか!」という、それぞれの登場人物の心の葛藤、心理的な部分も見どころだと思います。

    http://eigabako.brexcel.co.jp/archives/578

  • 設定がめちゃくちゃ面白そうだったので、妹を巻き込んで視聴。だってこんなの絶対後味が悪いもん!
    自分の孫娘を殺された財閥の大物が、犯人の清丸を殺してくれた人に10億円を支払うという新聞広告を打った。人間のクズである清丸を逮捕先の九州から東京まで護送するためにSPが付くことになって・・・という話。
    たぶん、懸賞金目当ての刺客相手に護送チーム全員どんどん死んでいくなんだろうな~と思ったら案の定。
    話としては、あーそうなるか・・・と言ったオチ。
    セブンを思わせる銘苅@大沢たかおの決断シーンは、圧巻だったけど。ブラピと違って殺さない選択をするのは、まぁ、美しいけど、薄っぺらい気がしてならなかったです。
    あとラストの警察庁?の前での三つ巴はホント蛇足だった。これは映画オリジナルらしいので原作を読んでみたいところ。銘苅が「孫娘は犯人を殺してほしいと言ってるのか」云々説教は、私も妹も「殺してほしいって思ってるに決まってるやん!」でした。
    あんなん、恨んで恨んで憑りつくレベルだよ。
    それにしても犯人の清丸役の藤原君が凄い!まじでキモイ!綺麗な顔してるだけに、凄惨さが増すクソ憎さ。なのに妙に子供っぽい純粋なところもあって、危ういバランスが絶妙でした。これだけは見る価値あり。
    ラストは思ったより爽やかに終わったので、後味は悪くない・・・そのぶん、心に棘を残さない藁のように軽い出来になってしまった気も。テーマはいいだけに残念でした。

  • 後半警護対象に対して「仕事じゃなきゃ真っ先にお前を殺してた」って場面で仕事好き過ぎだろって思いました。

  • 10億円のために命を狙われた殺人犯と、妻をひき逃げされた過去を持つSP。 爪が甘いとかいろいろ書かれてますが、要は、更生しようがない人を守ることができるか、そして守った末に何があるのか、というお話。

    最後の清丸のセリフは、むりやりハッピーエンドにならず良かったと思う。
    物語としてすっきりした。

  • いつどこから襲ってくるか、で引っ張る展開。ラストまではおもしろく見てたけど、ラストの展開はいまいち納得できず。ってか日本の映画、ドラマによくある主人公達の周りは時間が止まってるのかっていうくらい大事な場面でみんなよく喋る。そんな隙与えちゃダメでしょ。

  • 大沢たかおは何故あんなにも正義に一途になれるのか、殺人犯とされる人物をただ頑なに守っていたけれど、一人間としての葛藤はなかったのか、まず彼の人間像に感情移入ができませんでした。
    松嶋菜々子はなんだか老けて見えるしなんだか汚い・・・?何故・・・?
    そして永山絢斗くんに対しては違和感。
    滑舌よくなかったしあまり合ってなくて見ているのが辛かったです。
    まぁ、藤原竜也はドンピシャだったけれど。やっぱりこういう役が似合います。

    キャストが気になりすぎて集中できず、話も設定もあまりに非現実でついていけませんでした。

  • なんとも。
    ちょいとチャチ過ぎるような気がしてならんのですが。
    あれだけのビッグな俳優さん達がもったいない。
    大沢たかおや藤原竜也がもったいない、むしろ浮いてみえてしまった。
    もうちょい突っ込まないと、「で、なに?」感が否めない。

  • 期待したより面白かった。
    日本のサスペンスモノで満足した作品って今までなかったから、正直日本人でもこんなに面白い作品が出来るんだ!と驚きました。
    さすが三池監督。

    永山絢斗君がカッコ良かったなぁ~。
    そして藤原竜也、半端ない演技力。脱帽です。
    余さん、ちょとしか出てないけれど存在感抜群に良かったです。

  • ★2にしようか3にしようかという所。
    派手さや緊張感は面白みのある所もあったけれど、共感できないつっこみ所が満載で。その甘さが個人的にマイナス要因。えーそれはどうなのー、と終始もやもやしていました。
    一緒に観ていた人は大変気に入ったらしく、迫力も演技もすごい!空気がすごい!とご満悦でしたので、好みかも。

    でもとにかくクズだったね。
    こういう人いるんだろうなーと、観終わった後しばらく呆けてしまう感じでした。余韻はすごかった。

  • 思ったより面白かった。
    (大沢たかお目当てで見たので…)

    しかし!!!
    紐はちゃんと持て!猿轡はめさせるなりして黙らせろ!背は向けるな!
    防弾チョッキをちゃんと着ろ!!!なぜ一度撃たれて脱いで違うの着なかったのーー…
    いちいち詰めがあまーーーーい。

    あと、犯人のクズさ・凶悪さは後半出てくるんだけど、冒頭の幼児の死体とか事件の内容を曖昧にしすぎかなと思った。R指定かかるとかその辺の制限とか、TV放送した時の対策なのかな。
    後半やっと「ああ、何人か殺してるのかこいつ…」とわかります。(ちゃんと見てないだけかも…)
    なので、冒頭での「清丸がいかにクズで10億目当てで命を狙われて同然の男か」というアピールが乏しく、始まって即行命狙われまくるシーンも「10億もらえるならやるのかもねー」程度に思ってしまいました。

    とはいえ、大沢たかおよかった。
    藤原竜也もクズ役よかった。悪役似合うね。
    「それでもこんなクズ守る意味あるのか?!」という葛藤がこの映画の見どころなのでしょう。

    とても残念だったのはエンディング曲。
    唐突に世界観の合わない曲流れてきちゃったよーと思ってしまった。
    余韻無視な感じで残念

全32件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

藁の楯 わらのたて(Amazon.co.jp限定映像特典ディスク付)(初回限定生産) [DVD]はこんな映画です

ツイートする