みんなでつくる 1本の辞書 (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 05月号)

  • 27人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 飯田朝子
制作 : 寄藤文平 
  • 福音館書店 (2013年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910159230530

みんなでつくる 1本の辞書 (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 05月号)の感想・レビュー・書評

  • 特集は、「みんなでつくる 一本の辞書」。
    著者は日本語の教え方を研究している先生。
    日本語のものの数え方は500種類以上あって、
    その中でも「本」は日本語を勉強している人にとって、とても難しい数え方のひとつなのだそう。
    著者がある日、留学生に訊かれてうまく答えられなかった、
    「なぜ、電車も柔道の勝負も『一本』と数えるの?」

    なんでも研究しちゃう"たくさんのふしぎ"、
    今号では、その助数詞「本」をまとめ、図解して整理してみる試みをしています。
    中国の「本」や奈良時代からの「本」の歴史にも触れられています。
    キュートで涼しげなイラストがとてもかわいい♪ お気に入りの号です。

  • ほほう なるほど。

    これ傑作選で絵本化される気がするー

    だって図書館に置きたいもん

  • 母国語は「感覚」で話すけど
    外国語を習得するには「ルール」が必要。

    学習する立場でも、
    日本語学習者と接する時も、
    何度もこの違いにぶつかりました。
    言葉って深い、難しい、でもおもしろい。

  • 「たくさんのふしぎ」に登場する言語学系テーマはつねに快作。
    今回は、助数詞「〜本」で数えられるものをひろく集めて、イメージ調査、歴史的な用法のふりかえりなどもおりこみつつ、この助数詞の用法を解き明かし、日本語の「数え方のふしぎ」にせまる。
    本格論文をこどもにもわかる表現で展開した構成もいいし、広告などでおなじみのグラフィックデザイナー寄藤文平さんとのタッグもおもしろく、言語学・日本語学の世界へいざなってくれる好著。

全4件中 1 - 4件を表示

みんなでつくる 1本の辞書 (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 05月号)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

みんなでつくる 1本の辞書 (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 05月号)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みんなでつくる 1本の辞書 (月刊 たくさんのふしぎ 2013年 05月号)はこんな雑誌です

ツイートする