だれそかれそ

  • 68人登録
  • 3.94評価
    • (3)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
アーティスト : ハナレグミ 
  • ビクターエンタテインメント (2013年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988002648757

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

だれそかれその感想・レビュー・書評

  • 予算の都合上、1か月に1枚しか買えないitunesのアルバム。1か月持つ声の持ち主、ということで2枚目はハナレグミ。名曲カバーアルバム「だれそかれそ」を購入。
    ハナレグミの歌唱力を堪能したいならユーミンの「Hello,my friend」
    あったかくて胸に染み入る歌声。
    ハッピーな気分になりたいならスカパラと組んだポップな「オリヴィアを聴きながら」、そしてオザケンの佳曲「ラブリー」。もちろんオリジナルのほうがよいという人もいるでしょうし、ハナレグミのオリジナルのほうがいいかもしれないけれど、これはこれで音楽を楽しめる良いアルバムです。

    思えばハナレグミを初めて知ったのは、大阪城ホール、忌野清志郎さんの「ナニワサリバンショー」。清志郎さんについてでてきた永積さん(ハナレグミ)を見たとき、「誰だこのオーラのない一般人」と思った私、本当にすみませんでした。物を知りませんでした。
    元SUPER BUTTER DOGのボーカル。歌いだしたら圧倒的でした。清志郎さんとまったく違う、けれんみのない伸びやかな歌声。音楽に没頭できる集中力。最高なコラボで、中学の後輩だという清志郎さんの「後輩だぜ、後輩なんだぜ、いえい!」という意味のないあおりも可愛くて今思い出すと泣けてしまう。これからもちゃんと年を重ねて、消費に終わらない音楽を作っていける人だと思います。

  • ハナレグミ(永積さん)のカバーが聴いてみたいな…
    なんて思っていたら、こちらを発見!!即レンタル。
    申し分のないあの声でカバーされた12曲は、いろんな意味でうっとりでした。

  • 日本のロック&ポップスのカバーアルバム。ハナレグミならでのアレンジとヴォーカルは流石。スカアレンジの"オリビアを聴きながら"、ギター一本の"中央線"、スティールパン+ピアノ+サックスの"多摩蘭坂"など楽曲の良さを再認識。愛聴版に決定。

  • あー
    たかしくんの抜群の安定感。
    声の伸びと開放感。

    本当に、全身で歌っている声がする。
    まっすぐ、ぶれずに届く。
    気持ちがいい、本当に。

    早く、生の音で聴かせて欲しい。

  • これはやっぱりライブで聴きたいなー。
    「オリビアを聴きながら」が意外によかったのと、
    「多摩蘭坂」が元歌を知らなかったけどぐっときた。

    ライブ後にまたこのCD聴いたら☆5つになってるであろう、永積タカシマジック。あ~当たりますように!

  • いわゆる名曲カバーというやつですね。全部いい。

  • ええ??
    いまさらながらだけど「ウィスキーが、お好きでしょ」が、
    杉真理の作曲だったとは・・・知らなかった
    あ~驚いた

  • ハナレグミのカバーアルバム。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

だれそかれそを本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

だれそかれそを本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

だれそかれそはこんな音楽です

だれそかれそのMP3 ダウンロード

ツイートする