ファミリー・ツリー [DVD]

  • 215人登録
  • 3.41評価
    • (4)
    • (44)
    • (45)
    • (8)
    • (1)
  • 36レビュー
監督 : アレクサンダー・ペイン 
出演 : ジョージ・クルーニー  シャイリーン・ウッドリー  ボー・ブリッジス  ジュディ・グリア 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142951229

ファミリー・ツリー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 映画館の予告で観てからずっと観ようと思ってた映画!
    なんかもしかしたら、終わりの一番いいとこ少し見逃してる(お喋りしちゃったから)かもしれないのですが、
    全体的には好きな感じの映画でした(⌒▽⌒)

  • WOWOWで録画鑑賞。字幕版。
    昏睡状態になった妻(母)を巡る父と娘二人と周りの人々の話。
    綺麗ごとだけの話を観たい訳じゃないけど昏睡状態の妻が実は浮気していたっていう時点でちょっと…結構興醒めしてしまった感もあり。
    少しずつ距離を詰める父娘は可愛かったし、最初は本気で腹立たしかった長女の彼氏も次第に妙な愛着が湧いたりもしましたが…まぁなんとなく、なんとなくいい話かな…?というくらいの印象でした。
    それにしても多少忙しくてもジョージ・クルーニーが旦那でなんの不満が、と思ってしまうのは個人的趣味ですな(笑)

  • モーターボートの事故で昏睡状態の妻を前に、仕事にかまけていたことを反省する夫。しかし妻はもう目覚めないと医師に告げられ、寮から連れ戻した長女から妻の浮気の事実を告げられ、、、、。
    カメハメハ王朝最後の王女の末裔として、広大なハワイの土地を相続したが、信託期限が7年後に迫る中土地を誰に売ろうか、一族のまとめ役でもある彼の大きな決断と妻との別れの数日を描いたお話。

  • やっぱりハワイっていうのはアメリカとは違う場所なんですね。弁護士という、アメリカ的な価値観そのもののような仕事をしているジョージ・クルーニーが妻の事故をきっかけに、それとは違う価値観に目覚めていくという物語・・と書くといかにも安っぽいんだけれども、そこはそれ、ちゃんと物語はあっちに流れ、こっちに流れ、「いったいこれからどうなっちゃうの?」と観客はハラハラさせられます。ハワイでなくても、東京でもありえる話かも。でも、やっぱりハワイのほうが似合いの話かな。

  • 奥さんの脳死を受け入れつつ、その不倫の解明やそこに至る自分の所業、祖先からの繋がりをハワイの風景や音楽に乗せて綴っている。あまり理解できない世界ではあるがジョージクルーニーのおじさんぽさが逆に良かった。

  • 重いハズの事もハワイの風景が少し緩和してくれているのかな。

    家族・・・最後のね家族3人でソファーに座ってるシーンが
    すごく好き。何気ないよくある光景だけど
    そこに家族の良さとか愛とかつまってる。

  • ハワイで弁護士をしているマット(ジョージ・クルーニーさん)の妻・エリザベス(パトリシア・ヘイスティさん)はボート事故によって病院の集中治療室から出られない状態だった。次女・スコッティ(パトリシア・ヘイスティさん)は情緒不安定になり級友を苛めたりマットに悪態をつくようになる。長女のアレックス(シェイリーン・ウッドリーさん)は親元を離れ全寮制の学校に通っていたがアルコールの溺れた自堕落な生活をしていた。マットはアレックスから、事故前に母親が浮気をしていた事を打ち明かされ激しく動揺し、浮気相手を見つけ出し直接話をする事を決めた。マット、アレックス、スコッティはエリザベスの事故をきっかけに家族というものを強く意識し、成長していく。ハワイの突き抜ける空と青い海。ハワイに行きたくなっちゃう映画です。

  • この映画大好きだー!シニカルで、ごちゃごちゃしてたところから、映画が静かにまとまっていく流れが最高!登場人物たちが少しいじわるな感情を持っているところも人間的ですごく好き!映画が終わった後も登場人物たちが息づいている感じがする!ハワイの風景も綺麗!

  • なかなか面白かった。
    いつもかっこいい2枚目な役ばっかりするジョージ・クルーニーが疲れたおっさん役をしてる、それだけで面白かった(笑

    ハワイ生まれ、それもカメハメハ大王の血を引く先祖から広大な土地を譲り受け、その恩恵で暮らしてると言う金持ちさん。
    なのに家族には厳しく、仕事一筋、よって美人の奥さんはさみしくて浮気、、、浮気が本気になり、夫とは離婚を考えていた。

    てなことを夫マット(ジョージ・クルーニー)は知らずに暮らしていたころ妻がボートの事故でこん睡状態に。
    娘から妻の浮気のことを聞かされ、浮気相手のところに乗り込む展開に、、、

    ジャンルはコメディってなってた。
    ま、確かに笑えるシーンがそれなりにあったしねぇ

    でも、奥さんの死によってばらばらだった家族がひとつになっていく、、ラストリビングのソファーで3人並んでテレビをぼーーーーっと観てるシーンなんてふわふわしててよかったですよね。


    あーーー
    ハワイに住みたい。

  • 個性的な娘の男友達(彼氏?)が良かった(笑)ジョージ・クルーニーのちょっとした演技が好き。上の娘がスタイル良くて美人。

  • 誰かが『海街Diary』みたいだって言ってた。

  • イメージで物事を捉えることは、してはいけない。

  • ハワイアンな家族愛の話。

  • 昏睡状態になってしまった妻とどう接していいかわからなくなってしまった二人の娘。
    妻が浮気していたことがわかり浮気相手に話をしにいく。心の整理をして、妻の尊厳死を受け入れる。最後には家族がまた一つにまとまることができた。

  • ジョージ・クリーニーの相変わらずダンディさが溢れる映画だった。ハワイののんびりした空気もよいね。

    好きなシーンは、家族プラス娘の彼氏の皆がホテルに泊まるシーンで、ジョージが娘の彼氏の相談に行くというシーン。
    大の大人ががアホだけど明るい娘の彼氏に相談するという、一見なんで?ってところがあるけど、大人になっても不安ごとや心配は尽きないもので相談はしたいものってのが大人になってからよくわかる。

    子供が子供なのは「大人はなんでも知っている」と思っているところって何かで言ってたのを思い出した。

  • ハワイの風景が心地よかった。

  • シドが好きです。(ゆ)
    豊かさはお金じゃ買えないね。。(ぶ)

  • 長女がよかった。
    あとハワイの空気感。
    やっぱりあそこは楽園。

  • 事故で妻が意識を失い、しかも浮気をしていた事を知ってしまう仕事パパの話。普通の舞台なら暗くなるだろう内容なのに、ハワイの長閑な雰囲気のお蔭で見易い。大団円という訳ではないけど、ほんの少しずつ「家族」を取り戻していく姿が印象的。

  • いつもは見たくはないが、何年かに一回は見たい作品。

  • 娘の彼氏がアホの子と見せておいて結構良い奴だった。

  • 悲しい話かと思えばほっこり系で良かった。
    家族の絆って血の繋がりがあっても簡単なものではなくていい家族でいるっていうのは大変なことだと思う。
    パパも娘を思って、娘もパパを思って、周りの助けもある、それを保つのは大変で大事なこと。

    女の子(Shailiene Woodly)が可愛かった!

  • ハワイの景色雰囲気に癒やされながら。

  • ハワイの透き通った雰囲気が重い物語の設定に合わせて少しくすんで見えた。「私の苦痛にさようなら」ジョージクルーニーの言い返したいくらいの、怒りや辛さが無言の表情で充分に伝わってきた。最後、3人でソファにかけているシーンは和やか。愛に包まれてた。20140204.

  • 上海へ行く飛行機の中で鑑賞。
    こういう映画好きだ。
    ハワイの景色や音楽はとても良かった。
    内容はなかなかシリアスだったが、少し癒されたのはなぜだろう。
    記憶喪失になるって罪なことですねぇ。
    やっぱり下の女の子が可愛かったのが印象的だった。
    結構もう内容忘れかけてしまったが、一応記録。

全36件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ファミリー・ツリー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ファミリー・ツリー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ファミリー・ツリー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ファミリー・ツリー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする