CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]

  • 80人登録
  • 3.63評価
    • (8)
    • (10)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 17レビュー
  • 文藝春秋 (2013年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132510536

CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 気が付いたら既にCREAを読むようになって20年以上!!
    若いころは興味を引くテーマだとちょくちょく買っていたけれど、最近は立ち見するくらい。
    でも読書特集の時は毎回買ってしまう。
    内容がとにかく充実しているのだ。

    今回も期待にたがわず盛りだくさんの内容だ。
    表紙が福山!!もうこれだけで買いです(笑)
    綿矢りさがハワイを旅するって企画はアイドルかよって突っ込み入れたくなるほど。可愛い・・・。
    朝井x窪x柚木の同期の居酒屋でのトークなんて笑いのツボ満載。
    朝井さんがスタバを対談当日までスタバ未体験だったと言う衝撃の事実が出てきたり。
    長すぎて編集でカットしたと言う幻のアイドルトーク、読みたかったな・・・。
    その他にも小島慶子x江国香織の対談も読みごたえ十分。
    結婚する前は独身の人と付き合った事がない(!)と言う江国さんの告白も、江国さんの発言だと思うと妙に納得してしまったり(笑)

    その他にも東野圭吾の短編が収められていたり、ジブリ特集があったり読み応え十分。
    大事に大事に少しづつ読みながら、ムフフと一人笑う怪しい私。

    やっぱりCREAの読書特集は良い!などと思いきや、CREA読書の平均年齢の記述に目が・・・。33歳??
    ムム、CREAと一緒に歳を重ねて気がしていたのは錯覚だったのか。
    ターゲットは既に私じゃない!?クソー。
    でもきっと次回の読書特集も買っちゃうんだろうな、まんまと。

  • 完全保存版 今、読むべき最強442冊
    春だから。気持ちいい読書

    詳しくはサイトをご覧ください。。。
    http://crea.bunshun.jp/articles/-/2997

  • 一時期、あほのように雑誌の読書特集を見つけては買いこんでいた。だいたい一巡したら、出版社と雑誌のコンセプト的な傾向と対策は見えてきて、どの雑誌の読書特集が自分にしっくりくるか。が、見えてきた。CREAのコンセプトは嫌いではないけど、今回の読書特集はしっくりこなかった。のは、ガリレオシリーズとか、米澤穂信とか、興味のない作家が多かったからかもしれない。逆を申さば、興味のある人には楽しく読めるに違いない。

  • 読みたい本がどんどん増えていく。

  • 最近の新刊について勉強になりました。でも、もっと古い本をたくさんとりあげてほしいな…

  • 読書特集の時は読んでしまいますね。
    読みたい本も見つかったし、これから忙しくなります。

  • 面白そうな本をメモ。ジブリ飯がおいしそう。

  • まだ前半分だけど、読書‘スタイル’に徹した印象で、CREA読書特集を1995くらいから読んできてファッションではない文学女子応援紙面のイメージ(勝手なんだけど)をもつ身としては、今回すかし技くらったかんじ。後半は、態勢ととのえてから、気を落ち着けて読みます。

  • そうか、新潮文庫は二冊目の文庫化が
    決まると、作家は
    マイカラーが選べるのかぁ(意味も無く
    ニタニタ)そういう素人では分からない
    領域が楽しめたので、大変お徳感がするなぁ…(再びニヤニヤ)
    単なる本の紹介も迷宮にはまり込む
    快さがあって楽しいけれど、こんな
    切り口も妄想が弾む!
    誰か「文庫本あるある」を出版してくれないかなぁ…。既にあったりするのかな?

  • 美容院でチラ読。芥川賞と直木賞の歴史を綴った記事にのめりこんじゃいました。

  • 読書特集だったので思わず購入。

    芥川賞・直木賞の事を実はよく知らなかったので勉強になった。
    鈴木敏夫と山口智子のジブリ特集も良かった。
    宮崎駿って粗食なんだなー。

    でも本の情報を知りたいのなら
    やっぱりダヴィンチにはかなわないような...。

  • ビブリオバトルはすっかりメジャーになったなあ…と思うわけだが、一般の認知度はいかに。

    ジブリ名言集がけっこう面白い。たしかになあ、「恋におちるまで」の描写が無い。かと言って、伝統的な少女マンガよろしく、「恋におちた後」も無い。つまり、「恋してる最中」だけしかないのか。ジブリ作品が楽しいわけです。なるほろ〜

    「ジブリの教科書」と文春文庫、自社コンテンツ推しな紙面だがけっこう楽しめる作り。作家鼎談も面白い。

    あと、江國香織さん対談も読みたくて買った。面白かった。「それまで独身の人と付き合ったことがあまりなくて、この人とだったら結婚もできるじゃないと思って」というくだりがさらっと出てくるのね。

  • おすすめ本特集が面白かった。有名なものもあったけど知らないものばかりでした。関心のある本もあったので、読んでみたいです。気持ちの良い読書空間の特集も気になったけど、部屋でゴロゴロしながら読書が一番好きかなと思いました。

  • この雑誌初めて買った。
    本の特集だったから。

    あぁ〜読書部屋が欲しいな。

  • 読書特集は買う。
    表紙が福山雅治だし。

  • 直木賞・芥川賞んとこと、文庫のところをじっくり目を通した。本を読むだけの旅したいなあ。最上の贅沢や。

全17件中 1 - 17件を表示

CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

CREA (クレア) 2013年 05月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする