終電バイバイ [DVD]

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 波多野貴文  橋本光二郎  柴田大輔  清水健太 
出演 : 濱田岳  谷中敦 
  • アニプレックス (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530067104

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

終電バイバイ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 月曜の深夜枠でがんばっていたドラマ、『終電バイバイ』。
    18日で、ついに終わってしまいました。 さみしい。。。

    秋葉原、南千住、六本木など、さまざまな駅で
    主人公が終電を逃してしまってから始まる、一夜の物語。

    主人公は1話ごとにゲームデザイナー、AD、高校生などなど
    コロコロと変わるのですが、演じるのはいつも濱田岳。
    初々しい田舎の高校生からくたびれたサラリーマンまで
    全く違和感なく、さらりと演じてしまうところがすごい!
    毎回現れる謎の案内人を、どういうわけか
    東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦が演じているのも素敵。
    濱田くんの素朴な顔と、谷中さんの胡散くさい顔(谷中さんゴメンナサイ)の
    コントラストが、なんともいえない味わいです♪

    毎回、その街ならではの物語が紡がれるのですが
    落ち目の地元アイドルと潔癖症の会社員の出会いを描く「蒲田駅」や
    駅前広場を巡るホームレスの老人達とストリートダンサーの若者の戦いを
    ドキュメンタリーにしようと画策するADの物語、「溝の口駅」、
    修学旅行の高校生が小劇場の劇団員の手伝いをする破目になる「下北沢駅」
    など、可笑しくて、ほろ苦くて、でも元気をくれる10の物語。
    オススメです!

  • アナタなら終電を逃した時
    どうしますか?

    このドラマは終電を逃した結果、
    出会った人たちと体験する、
    深夜の大人の冒険を通じて主人公が成長していく姿を描いた
    1話完結のドラマです。


    毎回違う設定、違う駅、違う出演者の中、
    東京スカパラの谷中敦扮する
    謎の案内人に導かれ
    終電を逃す主人公を毎回演じるのは
    我らが濱田岳。


    しかし今期のドラマは
    当たりが多い。

    これもまずその設定が秀逸。


    お金持ちの立川駅では、
    大人が遊ぶ
    深夜のケイドロに
    (大阪ではドロケイや探偵と呼んでました笑)
    たまには本気で遊ぶのもええなぁって思わせてくれたし、


    メイドとオタクと
    外人観光客が行き交う
    電気街秋葉原駅では、
    怪しいバーで
    ゲームにのめり込む大人たちのマニアックな世界に
    オタク心が疼いたし(笑)
    (テーブルトークRPG専門店)、


    あしたのジョーでお馴染み
    泪橋の丹下段平ジムのあった
    日雇い労働者の町のある
    南千住駅では、
    フランス人女性とのほのかな恋にちょっぴり泣けたし、
    (人の心は繋がると地球になるは
    なるほどの名言!)


    サーファーとロマンスカーと映画の街であり
    なぜか竜宮城の形をした(笑)
    片瀬江ノ島駅では、
    夜の水族館の真っ青な巨大水槽の前で酒を交わし
    綺麗なお姉さんと二人きりの時を過ごす
    ロマンティックさに一人悶絶してました(笑)


    他にも六本木や下北沢駅、日本橋駅など
    それぞれの夜を
    それぞれの場所で過ごしながら
    少しだけ自分を好きになり
    少しだけ大人になれるストーリーがよくできてるし、

    東京で住んでみるのも
    意外と楽しいんちゃうんって思わせてくれます(笑)


    しかし岳くんは
    上手いわ。

    ただのサラリーマンから
    オシャレでナイーヴな若者、
    花嫁を好きになった気の弱い男、
    潔癖症の技術屋、
    人に釣られやすい気のいい男など
    いろんな役を演じられるスペックの高さを改めて見せつけられたなぁ♪

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

終電バイバイ [DVD]はこんな映画です

ツイートする