陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫) [Kindle]

  • 139人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (21)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 祥伝社 (2009年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (249ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作が面白かったので、矢も楯もたまらず続編を購入してしまいました。
    もう、これだけのキャラクターが出来上がっていれば、物語がつまらなくなるなんて想像できませんね。とにかく、続編も期待通りの楽しさでした。
    主役4人の掛け合い楽がしさが当然ポイントですが、その何気ない会話がいつの間にか伏線となっており、感心してしまったのも前作のまま。ただ、思わず唸ってしまうような展開がなかったのは、少々残念でした。
    しかし、半沢直樹といい、本書といい、銀行というのは相当あくどい所のようですな・・

  • いい意味で軽い内容なのでちょっとした暇つぶしにいいかも。
    前半の話しがもう少し絡んでいると良かったかなと。

  • 前作もどっぷりギャングたちにハマったけど今作もおもしろかったです。前半メンバーそれぞれのギャングじゃないときの日常が描かれて、後半はまた巧みに敵(?)を罠にはめていくという展開にワクワクしました。メンバーの響野さんへの嫌悪感が増しに増してる気がするw

全4件中 1 - 4件を表示

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)はこんな電子書籍です

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)の文庫

陽気なギャングの日常と襲撃 (祥伝社文庫)の新書

ツイートする