カラマゾフの兄弟 完全版 [Kindle]

  • 68人登録
  • 3.88評価
    • (4)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ゴマブックス株式会社 (2013年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1050ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
冲方 丁
ヴィクトール・E...
サン=テグジュペ...
ジェイムズ・P・...
夏目 漱石
アーサー C ク...
有効な右矢印 無効な右矢印

カラマゾフの兄弟 完全版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • カラマーゾフは8種類ほどの翻訳があるそうです。
    この廉価版は中山省三郎という方の訳を電子書籍化したものらしいですね。
    Amazonレビューの中にも書いてありましたが、
    誤訳なのか、電子化した際のミスなのかわかりませんが
    翻訳に少々????な部分もあります。

    しかし世界最高峰の小説といわれる「カラマーゾフの兄弟」を
    この値段で(324円)そして読み放題対象でiPhoneの中に収納しておき
    いつでも、どこでも読めるというのは幸せな事です。
    ネットサーフィンするくらいだったら、文学サーフィンしましょう(笑)

    さてこの小説すごいと聞いた事はあるけどなかなか手が出ないという方も多いでしょうね。
    上中下の三冊とかなりの長さに加えてロシア人の名前が長い(笑)
    そしてセリフも長い(たまに5ページくらい一息にしゃべりつづける人もいる 笑)

    という事で読み始めたけど挫折、または近寄らないようにしている、
    だけど本当は読んでみたいと思ってる方にちょっとおすすめしたい方法があります。

    それはiPhoneでの読み上げを聞きながら
    同時にテキストも読んでいくという方法です。
    今回僕もこの方法で久しぶりに
    最初から最後まで読み(聴き)通しましたが、
    なんとも良い感じに小説世界へ入り込めました。

    目と耳そして脳内イメージを総動員しての読書体験ですね。
    結果、世界最高峰の小説はやはり最高の小説であった!
    ということを改めて感じ入りました。

    カラマーゾフは総合小説と言われています。
    高尚な部分もお下劣なところもすべて含んでいます。
    哲学小説ともメロドラマとしても、ミステリー小説としても読めます。

    そしてなんといっても登場人物が濃いんですね
    キャラが立ってる人ばかりというか(笑)
    キャラといえばそれぞれのストレングスを考えながら読んでも楽しめるかも。
    長男のドミートリーは活発性、次男のイワンは内省、三男のアリョーシャは共感。
    その他の登場人物のストレングスを推理しながら読むのも面白いかも。
    そんな多様性に満ちた人たちが大騒ぎを繰り返すわけです。
    それも主に3日間という短い間に。

    ある作劇法の本にこんな事が書いてありました。
    登場人物に意地悪になれ!次から次へと困らせろ!
    それがドラマの面白さの秘密だと。

    その視点でカラマーゾフを読み直すと、おー!と思います。
    ドストエフスキーという人、どうみても意地悪です(笑)
    それも相当のサディストです(笑)

    主にその標的になるのは長男ドミートリーですね。
    彼が金策に走り回る場面があるのですが、
    次ぎから次へと事態が最悪な方向へ進んでいくんですね。
    ついてねー!って感じ、まあその悲惨な場面を読みながら、
    ついつい笑ってしまう自分もどうかと思いましたが(笑)

    ただ笑いながらね、応援してましたよ。
    彼の運命がどうなるかは何度も読んでるからわかるわけだけど
    負けるなあー、ミーチャーーーて思ってしまうんですね(笑)
    特に今回はドミートリーという誇り高いダメ男に感情移入しちゃいましたね。
    初めて読んだ二十歳の頃は皮肉屋の次男イワンと一体化して読んだんですけどね。
    年を重ねて同じ本を読んでも思う事は変わってくる。
    金策に走り回るドミートリーの気持ちがわかりすぎるほどにわかってしまう(笑)

    さて村上春樹氏がこんな事を言っていたそうです。
    「世界には2種類の人間がいる。カラマーゾフの兄弟を読んだ人と読んでない人だ。」
    さすがに大げさだなあとは思いますが、
    読む前と読んだ後で周りの風景が違って見えるというのは確かかもしれません。
    それほどの小説です。

    電子書籍というテクノロジーの進化が過去の文学作品を身近にしてくれている気がします。
    この機会に「カラマーゾフを読んだ人」になってみるのも悪くないかもしれませんよ。
    2016/11/15

  • 廉価版とはいえ、誤字脱字が多すぎる。文脈が分からなくなるものさえある。
    カラマーゾフの兄弟を初めて読む方は、他の版を読んだ方がよいと考えます。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

カラマゾフの兄弟 完全版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カラマゾフの兄弟 完全版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カラマゾフの兄弟 完全版はこんな電子書籍です

ツイートする