【PS3】The Last of Us (ラスト・オブ・アス)

  • 225人登録
  • 4.41評価
    • (51)
    • (25)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 22レビュー
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント (2013年6月20日発売)
  • PlayStation 3
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4948872760096

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

【PS3】The Last of Us (ラスト・オブ・アス)の感想・レビュー・書評

  • 数年に一度あるかないかというくらいに物語に完全に引き込まれた。ゲームという媒体で、これだけ成熟した物語をきわどい切り口で(そしてこれだけの予算をかけて)語ってみせたことに賞賛を送りたい。中盤くらいからは二人の物語が終わってしまうのが惜しくて仕方なかった。

    とにかくシナリオと、それを伝える表現の方法が飛び抜けていたという印象。ゲームのシステムと伝えたいストーリーが相乗的に作用し合っていて、こうした手 法のゲームとして理想的な作りだと感じた。特にエリーの存在感。一人ではないからこそ安心できる部分と、二人だからこその恐怖が、物語の強度にしっかり繋 がっていた。

    プレイ時間は18時間ほど。
    プレイ体験を振り返ると、主観的、かつ個人的な経験としてその内容が思い出される。客観的な観察の記録ではなく、体験としての記憶になっているという点で、映画ではなくゲームであることの意味をしっかりと持った作品だと感じた。

  • 荒廃したアメリカを駆け巡るホラーアクションTPS。


    しょっぱなからキツイ展開ですが、その分一気に引き込まれます。プレイしていたらゾンビや化け物よりも生きている人間の方が怖い、という事を痛感できる作品です。

    最後のどんでん返しもお楽しみに。

  • ネタばれ有です。映画のような展開、映像。前評判どおりの内容でした。気づけばジョエルとエリーに感情移入してしまっていた。特に気に入っているシーンはケガをしたジョエルのために一人で抗生物質を手に入れ、男たちと戦う場面。ジョエルの闘い方を傍にいていつの間にか学んでいたエリーが、生きるために人を殺す。そしてラスト、ジョエルとの決別の意味での「オーケー」。お互いをパートナーのように思っていたエリーと、娘のように思っていたジョエル。この違いから生まれた決別。その後のことはストーリーで描かれてませんでしたが、そこがこのゲームの評価できる部分かもしれない。ラストは物足りない気もしましたが「もうこの終わり方しかないよなぁ」と途中ずっと思っていたので受け入れることが出来ました。無駄な部分を省いてうまくまとめたゲームだと思います。人間の心理描写がとてもリアルに描かれた話でした。

  • ゲームというようり、プレイする映画に近かった。

  • ある日突然発生したパンデミックによって大切なものを全て失った男ジョエルとパンデミック発生以前の世界を知らずに育った14歳の少女エリーが荒廃した世界を舞台に二人で旅をする作品。
    ジョエルはパンデミック以後隔離地域で闇取引の運び屋をしておりその仕事の一貫でエリーと出会い、仕事の名目で隔離地域の外に連れ出すことになる。
    最初は運び屋と荷物と言う関係上信頼関係も無かった二人だが、世界が荒廃する原因になった寄生菌に感染し理性を失い人を襲うようになった怪物や、他の生存者からの略奪を繰り返し隔離地域の外で生活する人間との死闘を繰り返しながら徐々に信頼関係を築き上げながら世界を旅し自分達の目的に近づいていく。

    この作品のストーリーの面白さを理解する上で重要なのは、荒廃した世界でのエリーとの旅の中で変化するジョエルの心境の変化、外の世界を知らずに暮らしていたエリーが外の世界を旅する事によって良い所、悪い所を知る事によって描かれる成長、その二人を取り囲む残酷でありながら時に美しい壮大な世界観がある。
    また、旅の中で出会う様々な人物もそれぞれの考え方でこの世界を生きており非常に魅力溢れるキャラが揃っている。
    時に協力して生き抜き、時に敵対する事になり、そうやって繰り返す出会いと別れの中で描かれるジョエルとエリーの心境や信頼関係の変化や成長の描写もまたこの作品の魅力である。

    そうやって旅は続き作品内での時系列はおよそ1年経つ、その末にたどり着いた目的地でジョエルに迫られる選択、ジョエルが選んだ結末とエピローグでのエリーとの会話は1年と言う時間をかけて築き上げてきたエリーとの信頼関係の強さをよく表しており同時に物悲しさもある。
    後味が良いとは言えないラストだがジョエルの選択には非常に説得力がありプレイヤーを納得させるには十分なシナリオである。

    ゲーム性についても非常にバランスが考えられており、旅をする中で手に入る資材から武器を作りそれを使って敵を倒していく、しかし手に入る資材は多くなくストックできるアイテムや銃の弾の数も少ないので無闇に使うとすぐに無くなり一気に窮地に立たされる。
    その為敵に見つかってないエリアでは基本的に隠密行動で一人ずつ暗殺していくのが基本。
    しかし感染者は即死技を持ってる敵も多く、生存者は銃器や鈍器を所持しており一人一人が高い攻撃力を持っており、見つかるとそのままゲームオーバーになる可能性も高い、その緊張感もこのゲームの世界観の残酷さを上手く演出しており戦闘面でもかなりクオリティの高い出来になっている。

    海外のゲームと言う事もあってバグの報告こそ多数されてはいるもののシナリオ、キャラ、システム、戦闘、ゲームバランス、世界観、グラフィックの全てがかなり高水準に纏まっており個人的にPS3のゲームではダントツの出来と言えるレベルの作品に仕上がっている。
    アクションゲームが好き、又は何か面白い作品がプレイしたいと言う方には間違い無くオススメできる作品である。

  • サバイバル・ゾンビものです。いつかプレイしたい(by お兄ちゃん)。グログロ注意です。youtubeで実況がたくさんあるけど、実況者さんによっては激しく酔います。よく選んでからみて、遊ぶかどうか決めることをおすすめします。高校生未満は絶対お勧めしません。

  • ストーリーとくにラストが好み
    長い

  • いまの所今年一番のゲーム。こういうストーリーを待ってたんだよ!と言いたくなるほどのストーリーとゲーム性のそつの無さ。不満が全然無い。ウォーキングデッドをちょっと前に観ていて丁度こういうのがやりたかったのもあってもう終始テンションが上がりっぱなしだった。
    日本語吹き替えのクオリティも高いし、表現規制も最小限という感じなのも好印象。しかし首チョンパは規制するのに手足の欠損、お腹に穴あいて内臓でろーんは規制しないというCEROの基準とは一体…

  • 久々に超オモロイと思えるゲームやった気がする。

    映画並のストーリーで、バイオなんかより全然怖い。

    ラスト身構えてたのに拍子抜け喰らったけど、良い終わり方でした。

  • 映画を見ているよう、と言いますか、そのまんまな感想ですが、映画ではなくゲームでこそ感じられた没入感はインタラクティブ要素で、そしてある程度の釈の長さで気持ちの下地を作っているような気がした。物語に感動できる要素にはそこそこの尺が必要な気がしたといいますか。後半ほどコンティニューが続いてしまってテンションの維持に困った。でもそれは俺が下手なだけで、程よい苦戦を強いられる良いバランス。非常におもしろかった。

  • プレイ時間は15時間くらいだけど、映画を観終わった感覚。
    ジョエルとエリー、2人の旅を「遊んだ」のではなく「観ていた」
    演出が素晴らしかった。

    ゲームとしても絶妙なレベルデザインが施されていて、遊んでいてハラハラした。

    これは文句なしの良作。

  • 最高傑作だと思う。

    グラフィック最高。キャラクターの表情で泣いたのは初めて。
    風景も凄まじい。自然と廃墟のマッチ具合が美しい。
    ワールドは一本道すぎず、比較的歩き回れる。
    そして歩ける範囲全てが手を抜かずに作り込まれてる。散歩したい。

    そのグラフィックのおかげもあって、
    ゲームというよりは映画、映画というよりは現実のように感じた。
    プレイしているのか、実際に体験しているのか。
    焦る、緊張する、死を意識する、助けなければと思う、
    キャラクターの感情なのか、私自身の内側から出て来た思いなのか。
    本当に冷や汗が出るし、動悸が激しく鳴るし、手足が震える。

    世界を救うか、一人を救うか。
    そういうコンセプトの作品は飽和状態だと思う。
    だけどこのゲームこそ、その主題を最も強く突き付けられていると思う。
    孤独を受け入れ、この世界に適応しようとしてきたジョエルが
    エリーと出会って徐々に新しい生き方を始める過程が、
    運び屋と荷物という関係から相棒になって家族に成って行く過程が、
    会話と表情で表現される。
    表情からキャラクターの本音を読み取るゲームが今まであっただろうか。

    そして菌好きの私としては、ゾンビより菌らしい感染者に愛着を感じました。
    ゾンビは死人だけど感染者は死人ではない。
    徐々に菌に寄生され、身体を乗っ取られる。
    人としては死ぬが、その身体は菌によって生かされている。
    見た目も存在自体も、寄生菌と人間の半分ずつで
    異様さも怖さも不気味さもゾンビ以上だと思うし、
    死んでもこうなりたくないと思う気持ちもゾンビ以上。

    全部終わったとき、一つの人生を駆け抜けたような感覚になる。
    全クリしたっていう達成感とは違う、安堵感とかそういう感じ。
    そしてそれ以降、どんなゲームにも満足できなくなります。

  • あの人が本気で嘘をついたから

    未曾有のゾンビパニックと、娘の死から20年。ブラックマーケットでの取引を生業とするジョエルは、とある仕事で14歳の少女、エリーと行動を共にすることになる。二人の長く絶望的な旅が始まる。



    B級ニッチなジャンルから本物を作れる圧倒的な遊び心が妬ましい。WWZしかり、ウォーキングデッドしかり、ラスアスしかり。

    無駄な操作性を一切省き、製作側が想定する格好いいアクションをプレイヤーに引き出させるアクションゲームと映画の狭間。ああ、ヘビーレインの系譜はすさまじい勢いで進化している。

    生存に長けたタフな大人と、何でも吸収する賢い少女がやがてバディになる物語という反則技。くそう、親子+バディムービーは食い合わせが良すぎだ。子連れ狼は賢かったんや!


    なに、この美しい映画っぽい・・なに?


    なんて映画化しやすい、なんて映画化する意味のない名作。良い。
    2013年今のところ映画含めてベストの出来だ。

  • 映画みたいだった。オープニングから気が滅入る。泣いた。エリーのジョーク集が効く。ボーナススキンも遊び要素なし。悲壮感とか絶望感すごい。遺物から垣間見得る世界。

  • ゲームと映画の関係性が論じられてきた中で、一つの到達点を見せる作品。圧倒的なグラフィティで描くディストピアと執拗なまでの絶望的なシチュエーション、自ら選択する「痛み」にゲームの未来を思い馳せる。

  • パンデミックにより世界が荒廃した世界、菌により空気感染した人間がゾンビ化し生き残るためあらゆるものを掛けて戦い抜く男のドラマ。

    拳で拳銃で時には知恵を使って道具を組み合わせ武器に女の子を安全な場所へと連れて行く。

    ガッテム!ここまで菌が繁殖してやがる!!

  • 神ゲーと言われているから楽しみなんだけど、子どもが寝ないのでなかなかプレイできない…

  • ホラーゲーが苦手な自分が挫けそうになりながら、
    ノーマルモードで15時間くらいかかってクリア。
    サバイバルホラーではあるが急に驚かすような演出はなく、
    基本敵から隠れて行動するのでそれほど怖くはない。
    しかし敵が絶妙な場所に配置されているため、
    隠れながら回避していくか、倒して進むのか、
    色々なルートを考えながらプレイできるのが良い。

    グラフィックはPS3でも最高レベル。
    キャラクターの微妙な表情や演技は素晴らしく、
    今まで以上に操作する映画を体験できる。

    主人公ジョエルに同行する10代の少女エリーは、
    ティーンエイジっぽい性格だが、今作のもっとも暖かな存在で、
    崩壊した世界の唯一の希望という意味では、
    映画「トゥモロー・ワールド」の少女キーを連想させる。

    過酷な状況における生存を賭けたストーリーは一級品。
    ラストシーンは娘を失った父親の強い思いを感じた。

    [2013年、アメリカ、CERO:Z]

  • まだ始めたばかりだけどスタートのwktk、dkdk感が心地よい。
    結局隠れて絞め殺すゲームなんだなぁ

全22件中 1 - 22件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

【PS3】The Last of Us (ラスト・オブ・アス)を本棚に「プレイしたい」で登録しているひと

【PS3】The Last of Us (ラスト・オブ・アス)を本棚に「プレイしている」で登録しているひと

【PS3】The Last of Us (ラスト・オブ・アス)を本棚に「プレイし終わった」で登録しているひと

ツイートする