功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)

  • 45人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋
  • Amazon.co.jp ・本

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 司馬作品には珍しい女性が主人公の作品。山内一豊・千代夫妻の物語。千代の才覚によって小身から成り上がっていく話は面白く、織田・豊臣・徳川の時代背景も面白い。

    改めて司馬作品は一級の娯楽と感じた。

  • 大河ドラマ 司馬遼太郎著書『功名が辻』
    山内一豊の半生の物語
    織田信長・豊臣秀吉そして徳川家康に仕え、妻の千代と一緒にジャパンドリームをつかんだ男。

    家臣(一豊)から見た戦などの様子が客観的に描かれているため、また違った見方ができた。

    終盤に一豊が土佐国24万石の大名になるが、それだけの男の器でなかった描写のしかたが上手かった。

  • 司馬遼太郎好きの主人が読み終わったものを借りました。戦国時代を生き抜き、土佐24万石の大名に成り上がった山内一豊とその妻の物語。
    4巻あり、長い小説を読むのは久しぶりだったのですが、スラスラとあっという間に読了しました。
    戦国時代の武士たちが争って先陣を望んだり、功名にはやる気持ちや状況がよく分かりました。さすがに司馬さんは名手です。また、秀吉の朝鮮出兵がどんな状況で行われ、諸将がどう思って参戦したかとか、関ヶ原にあたって秀吉子飼いの部下たちがどうして徳川方に付いたのかなど、すんなりなるほどと読むことができました。
    今の大河ドラマの軍師官兵衛とも当然かぶる人物やシーンもあるから、余計楽しめました。
    それにしても、この山内一豊という人物、なんとな~くどことな~くちょっとしたところがうちの主人を彷彿とさせるなぁ~と思いながら読んだのですが、読み終わって主人と感想を語り合ったら、実は主人も自分となんだか似てるなぁ、馬鹿だべコイツ、と思いながら読んだとのことで、笑っちゃいました(;^ω^)
    どうせなら私が、夫を引っ張り盛り立てて大名に押し上げた妻に似てれば良かったのに(笑)

  • 地元が物語に出てくることからずっと読みたいと思っていた本。
    なかなか機会がなくて読めなかったけど、手にとってみると面白くてあっという間に読んでしまった。
    特に、今は、自分が家族の離れ、単身赴任の身であることもあり、千代の存在が、自分の妻と重なって物語以上に入り込んでしまった。
    お陰で、家族を今まで以上に大切に思うようになった。
    そういう意味でもこの本に感謝である。
    千代のしたたかさとともに、愛情を感じられる作品であった。

全4件中 1 - 4件を表示

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)を本棚に登録しているひと

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

功名が辻 新装版 文庫 全4巻 完結セット[マーケットプレイス文庫セット] (文春文庫)はこんな本です

ツイートする