自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術 [Kindle]

  • 132人登録
  • 3.94評価
    • (15)
    • (23)
    • (9)
    • (3)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 下園壮太  
  • 朝日新聞出版 (2013年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (91ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カイザー・ ファ...
岸見 一郎
デール カーネギ...
ジェームス W....
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術の感想・レビュー・書評

  • どういう状態になってしまうのかがわかりやすいと感じた。分析と傾向を読んでいる感じ。
    対策が書いてあるかというとそういうわけではないと感じだが読んでおいて損はない。

  • ストレスの見分けかたと対処法。
    自衛隊成分は少な目。
    あと図が逆にわかりにくい。
    鬱の対策なども記載がある。
    鬱はなったときの対処もそうだが、周囲の理解がなによりも大事なので広まればいいな。

  • 自己点検。疲れた時は休む。ストレス見積表で行事日程を調整する。

  • 国の存続の最後の砦、自衛隊。隊員の疲労やストレスは任務の失敗に直接繋がるほど重要なものだ。そのマネジメントをしている著者の言葉には、強い説得力を感じた。
    心の疲労を取る方法は、疲労のムリ、感情のムダ遣い、調子のムラの3つに分けて対策が解説されている。それぞれに対して具体的な方法が書かれていてとても分かりやすかった。
    中でも、ムリを防ぐための「目標の7〜3バランス」と、ムラを防ぐための休息のスケジュール化、「満足7:不満3」の評価方法の考え方が参考になった。
    「目標の7〜3バランス」とは、無意識と意識のバランスを取りながら目標に近づくための考え方。現状維持を強く望む無意識の抵抗に合わないようにするため8〜10は取ってはいけない、という点がキモ。私は短期的には10や12を目指して頑張って、途中で燃料切れになったり、継続できなかったりすることが多いので、とても参考になった。

  • 自衛隊のメンタルヘルスの教官が、「心のムリ・ムダ・ムラ」を防ぎ、バランスよく生きていく実践的方法を伝授したのが本書。
    「頑張る自分」が好きな人は無理をしやすく、結果心を壊してしまう。確かに、そういう側面もあるなと新たな視点が得られた。自分の無理を認識し、適切に休むことが大人には必要である。気合と根性だけでは乗り切れない。論理的にそれを説明されると納得しますね。ついつい無理をしてしまう方におすすめです。

    【学びのポイント】
    1)無理の進行は段階がある
      ①第一段階=普通の過労段階
       ・社会生活をしているとどうしても忙しい時はある
       ・仕事だけでなく、例えば交通事故に遭う、家族が病気になるなどの私的な生活の変化で、活動量が一時的に増えることは、よくあることだ
       ・一晩ぐっすり眠ればかなり回復するが、それだけだは回復しきれなかった疲労は、次第に蓄積していく
      ②第二段階=別人化の始まり
       ・第二段階はいつもの二倍、疲労を感じやすく、疲労の回復にも普段の二倍の時間がかかるようになる
       ・通常、以上はまず体に表れてくる
       ・多いのは、不眠や食欲不振、だるさ、頭痛、目や肩、腰の痛み、吐き気、関節痛、めまい、耳鳴りもある
       ・そのうちに行動や人間関係にも異変が表れてくる
       ・酒や煙草が増える、甘いモノを摂り過ぎる、衝動買いが多くなる、異性との付き合いが荒くなる、人付き合いが悪くなる、笑わなくなる、攻撃性が強くなる、嘘が多くなる、被害妄想的愚痴や弱音が多くなる、責任や仕事を避けるようになる
       ・一見、その人の元々の性格や行動のように見えるが、もし冷静に比較できるなら、以前に比べその「程度」が強くなっていることがわかるはずだ
       ・問題は、このように体も調子が悪く、行動や人間関係でトラブルが生じ始めているのもかかわらず、多くの場合、それを「無理」をしているから、と自覚できないことだ
      ③第三段階=別人化
       ・第三段階になると、いよいよ「心」が変化してくる
       ・元気なときの本人のように考えられない
       ・出来事に対する捉え方や反応も変わってくる
       ・やたらに不安になり、自分を責め、自信をなくす
       ・そんな別人化の典型が、「死にたくなる」という気持ちの出現だ
       ・通常ここまで変化があると、自分でも、その苦しみの異常さには、気がつくが、それを無理のせいだとは思えないことが多い
       ・それどころか、「単に、自分の能力や努力がたりないだけ。だからもっと頑張らなければ」と考えてしまい、無理に無理を重ねてしまうのだ
       
    2)無理をためやすい人の特徴
      ①「子供の心の強さ」しかない
       ・特徴の一つ目は「頑張る自分が好き」ということ
       ・大人になると今の「自分」を愛し、認め、上手に使いこなす能力が必要になる
       ・世の中は、不公平や不平等、理不尽に溢れ、努力しても報われないことが多いが、それでもめげずに生きていかなければならない
       ・大人の社会で無理をためやすいのは、子供の心の強さが強すぎる人たちだ
       ・頑張っている自分が好きで、子供時代の栄光を引きずっている
       ・疲労・回復の修士が悪化しているのに、以前の自分のイメージから抜けだせず、どうしても過剰活動を止められない
      ②短期目標で乗り切る癖がある
       ・人は生きるために、複数の欲求を満たしていかなければならない
       ・水を飲む、食べる、排泄する、のように待ったなしの短期欲求もあれば、将来、サッカー選手になりたい、のように長期的な欲求もある
       ・一般に短期目標のほうが、力が出ヤスリ
       ・無理を重ねがちな人は、この短期目標を連続させて、走り続ける人が多いようだ
       
    3)意識だけで行動が変えられるか?
     ・理屈では新... 続きを読む

  • ちょっと最近忙しくて疲れが取れないな、と言う人には☆5

    togetterでちょっと話題になった本
    http://togetter.com/li/1028060

    togetterでは「弱音を吐く人のほうが吐かない人よりも長続きする」という話であったが、それはこの本のごく一部を切り取ったにすぎない。弱音を吐いてくれた方が、リーダーは状況把握ができるのだから、望ましいと思え、程度のことである。

    この本であるが、心が折れないようにムリ・ムダ・ムラを無くせ、という内容。特に覚えておくべきは、忙しさへの対処は「まだ頑張れる」と思えるうちにやるべきということ。もう頑張れなくなり、周囲が異常に気がついた時は手遅れである。よく「自殺するくらいなら◯◯しろ」という意見があるが、その時はエネルギー切れして自己嫌悪の中にあるため、行動を起こすことはできないのだ。

  • 心の疲れを取る技術というよりかは、自分や周りの人の心に対する負荷に対する予防・気づき・対策・復帰までを詳細に述べている一冊。著者の抱負な経験を元に書かれており、語られていること一つ一つに重みがある感じである。

    いろいろと対策方法は書かれているが、

    ・休息をスケジュールに組み込む(休むことは悪ではない)
    ・目標を2段階持つ
    ・チーム作業と個人作業との使い分け

    というところが自分にとって気付きを得られた部分である。

  • 自衛隊にこういう知識が蓄積されていてよかったし、安心した。
    組織・個人のむり・むだ・むらを減らすことが心の疲れをとり、貯めない方法。
    日を空けて再読したい。

  • 心の疲れはエネルギー不足と書かれています。同感です。

  • Kindle、¥475.
    3つよかったこと、1つ悪かったことを書く。読んでムラをなくせるよう行動していきたいと思いました。

  • 一番印象に残っている,ためになったなあと思うのは,心の強さの種類についての部分.
    『心の強さには,子供の心の強さと大人の子供の強さがある.努力し,我慢し,諦めないことは子供の心の強さの成すこと.一方で大人の心の強さとは,今以上に体力・知力が飛躍的に伸びることは無いという現実を受け入れた上で,そうした今の自分を上手に愛し,認め,使いこなしていくこと.』

    誰もが薄々感じていることではあるかもしれないけれど,こうして「子供」と「大人」というふうにスパッと断じてくれたことで,ああいつまでも子供のように頑張らなくていいんだ,って思えるようになれた.

  • 最近体を使う仕事のピークが午前中なのに加え、(実際の)仕事始めが早くなったせいで朝早く起きることになっています。(朝ご飯を食べないと本当に力が出ない)
     朝から元気にいかないと回らない生活です。たと
    えカラ元気でも。とはいえ・・・・(職場でも家でも)前日、いろいろあって不安になっていたり、いらいらしているとき・・そんな感情と体が連動した後・・・妙に疲れてしまうのです。
     これを著者は「感情疲労」と定義、いかに感情を早く沈静化し被害を最小限にして活動を続けるかといった手法を(実例を交えながら)書いています。(感情のむだ遣いを防ぐため)自分の感情と向きあうこと、疲労がたまってきたら無理せず休む、などなかなか実践できてないなあ、と思うことに気づかされました。


     

  • 「自衛隊メンタル教官が教える」という惹句にまんまと魅かれて購入、読了。著者は、戦争や災害救助という非日常的なストレスに晒されている陸上自衛隊員達の「コンバットストレス教官」。さすがと言うか何というか、現代人が抱える心(と身体)の悩みとその対策を著者自身の言葉でしっかりと述べており、「現場」で経験を積んでいる人間は確かに一味違う。特に疲労蓄積の症状を別人化(性格的に別人になっている)と 2倍/3倍モード(負荷や刺激が通常の 2倍、3倍で効いてくる)の2つの言葉で説明しているのは、著者のオリジナルではないだろうか。

    新型うつの解釈と対策についてはちょっと同意し兼ねる部分もあったが、「7〜3の目標」、「任務解除ミーティング」、「怒りのコントロール」、「昨日のふりかえり」など実践的なプラクティスも多く紹介されており、良書。いかにも軍隊といった感じの堅い文調にアレルギーがある人にはダメだけど。

    今回は Kindle で読んだのだが、この手の自己啓発本は Kindle だと今一つ読み難いという印象だった。もっとザクザク読み飛ばしたり、ページを繰ったりしたいので、2013モデルのパラパラ機能でもまだ紙の本には及ばない。

  • 全ての日本社会で働いている人に読んでもらいたい、メンタルヘルスの超良書。

    人はなぜうつになるのか。新型うつとは一体何なのか。なぜ多くの人は無理をし、疲れをため、結果としてメンタルヘルスを損なってしまうのか。その答えと、そうならないための術について学ぶ事ができます。

    日本社会では組織で仕事することが多く、個人の仕事を終えてサッサと帰るような欧米とは違います。有休はたくさんありますが、完全消化出来ている人はいないといっていい程、極少数でしょう。こんな働き蜂だらけの、自殺者の世界一多い日本社会で働いていく上で、メンタルヘルスを損なわないためには、理論武装をして自己防衛を図る必要があります。

    若いうちにこの本に出会えた事を感謝し、ストレスコントロールの技術を高めて、今後の人生を豊かなものにしていきたいと思います。

  • 精神的な疲労も肉体的な疲労から、部下を休ませること、余裕を持たせることも上司の仕事。自衛隊のように、極限を求められる仕事であれば当然かもしれないが、一般の仕事でも応用できる部分はあるかも。たとえば、一日3回交代で、24時間稼働している工場のラインみたいなものについては、きちんと管理できそう。やはり徹夜しないとダメというのは組織としてはダメなんだ、個人の能力に頼るのは強い組織ではないということを再確認。ふつうの事務仕事の場合は、そこまで管理する必要はなくて、自分で自己管理をすべきものだと思うけれど、やはり疲労はたまっていって、実際のところは、完全に回復するまでの休みなんてそうそう取れるものではないなあ。

  • 書いてあることが自分の持ってる感覚と一致している感じだったので読んでいて、ああ、なるほどなと思えた。
    心の疲労については、知っておくと自己の状態を認識するのに役立つかもしれない。
    自分も忙しくて結構ストレス或る仕事しているので、役立ててみたい。

    ただ、まとめすぎると一般的になるし、特色が薄れると思うので、希望としては自衛官の実例をもっと交えるといいなと思いました。というか、タイトルに「自衛官」と書いてあるので、そういう内容を期待している部分もありました。

  • 自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れを取る技術

全18件中 1 - 18件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術を本棚に「積読」で登録しているひと

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術はこんな電子書籍です

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術の新書

ツイートする