キャメロット~禁断の王城~ DVD-BOX

  • 16人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
監督 : グレアム・キング 
出演 : ジェイミー・キャンベル・バウアー  エヴァ・グリーン  ジョセフ・ファインズ 
  • エスピーオー (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988131704188

キャメロット~禁断の王城~ DVD-BOXの感想・レビュー・書評

  • 意味深な終わり方。
    続編キボンヌ!

  • なんだろうね、ROMEみたいなのって期待したら残念。

    キャラクターがみなさんイマイチなのよ。
    ROMEほど際立ってないのよ。

  • すごくおもしろかった。次が見たいと思った。なのに、シーズン1で打ち切りらしい。なんで?
    wikiに過激な性愛シーンが話題とあるが、全然過激じゃない。True Bloodや、スパルタカスほど過激じゃない。それどころか清純ドラマだわ。
    続きがないなんておしいな~。


    アーサー(ジェイミー・キャンベル・バウアー)はウーサー王の隠し子。生まれてすぐに魔術師マーリン( ジョセフ・ファインズ)によって、田舎で暮らすある夫婦に託される。そこには兄ケイ(ピーター・ムーニー)という子供がすでにいた。二人は何も知らされずに兄弟として育つ。
    ある日、ウーサー王は、自分の娘モーガン(エヴァ・グリーン)に毒を盛られて亡くなる。亡き後、魔術師マーリンがアーサーを王として迎える。
    アーサーの義姉にあたるモーガンは、修道女シビル( シニード・キューザック)の悪知恵のもと王になろうといろいろと画策する。
    アーサーが立派に国を治めて名実ともに認められる王に成長していく様子を描いている。
    そしてこのドラマの見どころは、美しいグィネヴィアで始まりグィネヴィアで終わる。
    アーサーが家臣の婚約者グィネヴィア(タムシン・エガートン)に一目ぼれをしてしまい二人は過ちを犯してしまう。そして最後は魔力を持つモーガンが美しいグィネヴィアに変身し意味深に終了してしまう。
    あ~続きを作ってほしい~。


    ジェイミー・キャンベル・バウアーもいいけど、兄役のピーター・ムーニーがイケメンだった。
    恋に落ちたシェークスピアのジョセフ・ファインズや、エヴァ・グリーンは味があってよかった。ただ一つ、難癖つけるなら、タムシン・エガートンの顔の表情が、そこでその表現の仕方は違うのではないのと思うことがたびたびあった。

  • ■2013.07配信、全10話(米)
    成人向けの内容を含むためシーズン1で打ち切り



    http://www.imagica-bs.com/camelot/

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

キャメロット~禁断の王城~ DVD-BOXはこんな映画です

ツイートする