ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 170人登録
  • 3.66評価
    • (17)
    • (34)
    • (31)
    • (5)
    • (2)
  • 39レビュー
監督 : アン・リー 
出演 : スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  アディル・フセイン  タブー  レイフ・スポール 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142952028

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 思わず2回観てしまう映画でした

    どっちが真実かなんて、問題では無いのだと感じました
    真実は、自分で選ぶもの
    選択できることが人間らしさだと思うし、何を選択したかで
    その人の価値、道が決まるんだと、思い知らされた映画だった

  • 映画館でみた!

    映像美!

  • 映像がとても美しい、ぜひ映画館で観たかった。
    内容は、友人の言葉を借りれば「ロビンソン・クルーソーwithトラ」、、、かとおもいきや動物たちに隠喩を含ませていて、なかなか深い。
    飛行機で観たから英語音声英語字幕で、深く理解できなかったのがもったいなかったかも。
    機会があればもう一度みたいが、すぐに「もう一度日本語字幕でみなきゃ!」というほどは感動しなかったし、大人になった主人公の態度がわたしあんまり好きじゃない笑

  • 映像がはっとするほど美しかった。ストーリーも最後で二度「え!?」とふいをつかれました。「あなたはどちらの物語がいいですか?」――つまりはそういうことなんですね。これはぜひ原作も読んで見ようと思います。

  • インドからカナダへ向かう貨物船が嵐によって転覆してしまう。救命ボートで何とか命拾いした主人公パイだったが、救命ボートの中にはパイの他にベンガルトラも乗っていた。彼は漂流中どのようにトラと共に生き延びたのか。。。

    美しくて飽きない映像でした。特に好きなのはトビウオの大群のシーン。痛そう。。漂流の真相はどちらが真実なのか。多分コックの方なんだろうなぁ。でもそれを映像にしてないのがよりミステリアスにしてると思います。

  • あらすじを読んでいるだけでは「太平洋上で虎と一緒に漂流する? それで映画になるの?」って思うわけですが、いざ物語が動き始めるとそのファンタジックな世界に完全に入り込んでしまいます。
    原作は未読なのですが、この物語はちょっと間違えると宗教的なお説教話になりがちです。あるいは動物を擬人化して描いてしまう危険性もある。そうした「地雷」をひじょうに巧みに、繊細に避けて最後まで映像化できたのは、やはりアジア人のアン・リー監督ではないかと思った次第です。
    それにしても映像はほんとうに素晴らしい。この作品は明らかに最初から3Dを念頭に画面作りをしていますので、ぜひ3Dで見てください。

  • インドで動物園を経営していたパイの一家はカナダ移住を決断。動物たちを船に乗せて航海中、嵐により遭難してしまう。生き残ったパイは救命ボートに乗り込むが、そこにはトラなどの動物たちがすでに乗り込んでいた。

    トラとのサバイバルストーリーがメインではなく、童話のような幻想的な映像を創ることが目的の映画。これ、絶対に映画館で見るべきだった。

    映像美にも満足だが、最初にボートに同乗した動物たちの意味するところが明かされるラストシーンも強烈な印象を残す。映像とパイの成長ドラマとのバランスがほどよく調和していて、子供も大人も鑑賞できるいい作品だ。

  • 鯨が飛んでる映画かと思ったら良い意味で期待を裏切られた。
    最後まで答えを示さないが考えさせる終わり方が良い。
    オチは衝撃的。

  • 漂流してしまった少年とトラの奇跡の友情の物語…だと思っていた。

    結論から言うと、視聴後その認識は大きく覆る。

    テーマはそれほど簡易ではない。
    エンターテイメント性は確かにある。けれども深くて複雑なテーマがあるように思えた。
    いわゆる哲学的、という要素があるのかもしれない。
    単純にアドベンチャー、突飛な設定からの感動ストーリー、だと思ってるとガッカリしてしまうかもしれないので注意。

    それは冒頭から認識させられる。
    まず始まるのは、とある男性からの語り。すべてはこの男性から紡がれていく。

    信仰。神。
    漂流。
    対立。対話。内宇宙。
    そして結末。

    色々なことが多角的で、単一的な視点が少ないのがとても良く、そして好みだった。
    それは信仰にしてもそうだ。大抵は、信仰が入るとメインの宗教が主軸。場合によっては、他宗教と対立する構図の物もある。
    しかし、この作品はそうではなかった。それは主人公の視線を通して、問いかけてみても面白いかと思う。

    そして漂流。
    これがメインではあるが…良く、良く噛み砕き飲み込みながらみて欲しい。流し見でも問題はないが、終わった後に色々と思う事が、その材料がそこにはあるから。

    そして結末。
    あまり言うと楽しみが薄くなるので、詳しくは述べない。ただ色々と染みて、色々と考えて、色々な答えが視聴者毎に抱くモノが異なると思う。

    素直に良い映画だった。
    シーンの演出。視聴者へ問いかけるような何か。意識の動き。

    正直、映画公開前のCMの演出は変えるべきだったのでは?と視聴後思った。
    少年とトラの漂流、という突飛さを前面に押し出していたけれどもこの映画の魅力はそう言った表層ではなく内面にあるのではないか、と。
    (まあ、インパクトが大事って気持ちもわかるが)

    事実、それで何と無く興味はあったけど映画に足を伸ばすに至らなかった自分であったので。

    私は名作、だと思う。
    正直なところ、だるい映画、と思いきやの反動も否定はしない。
    諸々の要素があって、このような高評価になった次第。

  • 素敵な映画だった。冒頭のトラの登場シーンは、CGか?見分けがつかない。雰囲気や表現もすごくよかった。胸が痛むシーンも、素晴らしい映像表現で息を呑んだ。

  • とにかく映像美。
    ミーアキャットの群れに思わずほっこり。
    最初のパイと呼ばれるまでのくだりも、トラと漂流するまでに至るくだりもとても見応えがあった。

  • トラとの漂流は実はどうでもいい。
    観終わりました。
    単純なサバイバルものを少しでも思い描いていた私としてはほんと、心の底から驚いてます。

    なんなんだ?
    何を監督は言わんとしてるんだ?
    究極、虎との漂流これどうでもいい感じだもの。

    そしたらなんなんだ?
    何を伝えようとしてこれ作ったんだろ?
    そもそも、伝えようとすらしてないのかな?

    なんなんだこれ?
    今まで観た中で一番疑問の残る作品。なんか悔しい!(笑)

  • 序盤の宗教観のあたりが興味深かったが、トラと漂流しだしたあたりからもう一つ盛り上がれず。特にラストは寓話的。映像は綺麗。

  • 圧倒的な映像美!是非とも映画館で3Dで観たかった作品。
    パイが漂流の中で成長して行く物語。

    パイの一生懸命な姿勢に観ていてワクワクドキドキしたが、リチャード・ピーターとの別れ、そして最後の独白シーンで心に爪跡が残った。

  • 最初の20分は寝るも、物語が動き出してからは映像のスゴさに釘付け。最後の語りでなるほどと。過酷すぎる人生を生き抜く為には希望を創造しないとね。エンジェルウォーズに通じるところがあります。

  • 宗教というもので形成されたパイの理性や道徳心の裏側として、
    パイという人間の獣性やネガティブな要素を虎という動物に置き換えて描いているということが明かされるラストで、今まで描いてきた漂流の物語の意味合いがはっきりと浮かび上がり見事だった。
    90点

  • 主人公パイに起こった人生の転機。

    語り部からは考えを押し付けず、どう感じたかを貴方に任せるよ…というさわやか3組スタイル。

    始めの展開には退屈していたけれど、気がつけば世界観に引き込まれていました。

    事件前までの形成されてく内面が、事件後にどのように変わるのか

    自然の美しさとある醜さの映像対比

    セリフに隠された伏線

    見つければ見つけるほど、本当にステキな作品だなっと感じます。

    あと映像が兎に角キレイ!
    映画館で観れたのなら、とても迫力があったのでしょうね。行けなかったことを惜しく思います。

  • これね、宇宙の真理に迫るような
    すーーーーーーごく深い映画でした。

    予告編見ても、
    虎と200日以上漂流した少年が、
    何故生き延びることが出来たのか、ってのがテーマみたく思うじゃないですか。

    私も、最初そうだと思って見てたので、
    実際に漂流するまでの前段階がね、
    長いなー、と思ったのですよ。
    主人公の宗教観、それも色々な宗教に傾倒するって導入が長くて。

    でも、それがこの映画のテーマなんです。

    宗教観というか、宇宙の理、みたいな。
    人が、生物が、この世に生きるということ、
    人が生きるために、他の生物を食べて生きるということ。
    この世界の「見え方」を考えさせるような映画でした。


    虎と漂流する物語が語られたあと、
    もう一つの物語が語られます。
    それは残酷な人間の物語です。

    映画は、どちらを信じるかはあなた次第、みたいに終わりますが、
    私は、後の物語の方が現実だったんじゃないかと思うのです。

    でも、少年の前には虎がいた。
    虎は、神自身、もしくは少年のために神が与えた慈悲、恵みではないかと思うのです。

    虎や、ほかの動物達の関係性、
    それは、世界の見方を私達に示すもので、
    それが虎と漂流した前者の物語、「世界の真理」の物語だったと思いました。

    私達の現実の世界に起きていること。
    様々な宗教も超えて、
    「宇宙の真理」・・・の、ひょっとすると一側面かもしれませんが、
    それはこうなんだよ、って語っているような映画でした。

    あー!
    そう思ってみると、主人公の名前、
    映画のタイトルの「パイ」が主人公の名前なのですが、
    それって、円周率の「π」と重ねているのですね。
    円周率って、人類が到達出来ない無限の数字じゃないですか。
    そう、人類では操作しえない、この世の摂理を説いたような映画でした。

  • 海の映像が綺麗だった。宗教の違う主人公だったらまた別の内容になってただろうなぁと思う。溺れそうな虎がかわゆい

  • 内容はたいしたことない。

  • ストーリー:1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残ったパイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラだけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を狙っていて……。

     シネマトゥディ http://www.cinematoday.jp/movie/T0013312

    ----------------------------------------

    哲学的ファンタジーか。。。
    ラストで、『本当の物語』が語られる。シマウマは仏教徒、ハイエナはコック、オランウータンは母親、ベンガルトラは主人公(の別人格・罪の意識?)
    強い信仰を持った菜食主義者だった主人公が、極限の状況で殺人・人肉を食べるといったことに追い込まれ、神への信仰を試される話。そういってしまっては身もふたもないけれど。
    ちょっと無駄なエピソードも多くテンポも悪かった。もう少し伏線を張っておけば。カナダ人の作家との最後の会話は、あそこまであけすけにネタバラししなくてもよかったんじゃないのかなぁ。

  • ストーリー自体は何ていうことはないが、映像美。
    これに尽きる。

  • これ最後の、どっちでも嫌だけど、虎とのほうが夢はあるよね。
    あと、ミーアキャット。あれだけいると、なんていうか……キモイ。

  • 監督 アン・リー
    音楽 マイケル・ダナ
    スラージ・シャルマ イルファーン・カーン

    映像がとてつもなくきれい。幻想的。
    とはいえ宗教色が強くですぎてめんどくさい。まあそれが主題なんだろうけど。

  • 途中で寝たけど思い出補正で

全39件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする