劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

  • 297人登録
  • 4.30評価
    • (45)
    • (26)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 23レビュー
監督 : 宮本幸裕  新房昭之(総監督) 
出演 : 悠木碧  斎藤千和 
  • アニプレックス (2013年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530066992

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ただのアニメじゃなかったなぁ。結構、考えさせられるところがあった。まあ楽しみ方は人それぞれ。

  • アニメで好きな場面や描写がカットされていて悲しかった。
    アニメ1話の冒頭のまどかが世界の崩壊の夢を見るシーンがあることで、アニメ10話の後半のシーンでほむらの物語と繋がって、その伏線の張り方に感動するのに、なぜカットされてしまったのか。
    その分細かな描写になってより表現が良くなったシーンもあり、元々のストーリーが好きなので★3って感じです。

    本当に何故あそこカットしてしまったのか。

  • TV版と所々変わっていましたね。省略された台詞が多々あったり、追加カットがあったり。声優さんの演技もリテイクされたそうなのですが、こちらの方がより感情がこもっているように感じられて好きです。是非見比べてほしいです。個人的にサントラCDが付属していたのが嬉しい。

  • 評価が高いので仕方なく見始めて、なるほどシンプルな正義の味方ものではないなと思う。
    宗教家が魔法の力で信者を得ていたことを知り絶望し、自殺する。希望が叶えられても絶望を生むというわけだけど、入信が魔法であってもそれで救われる人がいれば教えが正しいと認識できるのではないか。それができない性格の欠損が問題なのではないかと思う。
    魔法で恋人がとられるのもキチンと恋の戦いをすればいいだけのことのように思う。いい格好して八つ当たりしてるだけのことだ。希望が絶望を生むという話でもなかろう。
    実際のところ、希望が悲劇を生むことがあるという程度だと思う。ヒスリテックなセリフのやりとりもうっとうしい。
    コラージュされた魔女との戦いは最初は違和感があるが、慣れてくるとアニメならではでセンスを感じる。背景になる学校や町並みがキレイ。自分に都合のいい授業しかしない先生が好きだ。

  • セーラームーン的な物語だと思っていたら度肝抜かれた…物凄いアニメやな。。全編で4時間くらいやから見やすかったけど、駆け足で進んでしまうから世界観が少し分かりづらかった印象。そのせいか序盤では魔法少女たちの絶望に寄り添えず置いてきぼりに…でもきゅうべぇの気味悪さは存分に伝わりました…

  • 映画館+ドコモアニメストアで視聴。
    アニメ版を見る前から見たから、非常に楽しめた。
    一度視聴しといても、損はないと思います。

  • ただのTVアニメ総集編(?)でした。
    オリジナルを期待してしまっていたので、ちょっとしょんぼりです…

  • TVでやってたのを観賞。
    TVシリーズは一応見てた。

    ・美術表現がすごいなあと。劇団イヌカレー(異空間設計)っていう人がやってるのかな。あとこの作品で新房監督をますます好きになった(「さよなら絶望先生」や「ひだまりスケッチ」も好き)。脚本の虚淵玄もこの作品で知った。

    ・声優が豪華。悠木碧、「紅」の時ももちろんうまかったけど、上手になったなあ。斎藤千和の泣き演技は何度見ても胸に刺さるわあ。

    ・これはSFよね…?星雲賞とってるし日本SF大賞候補にもなったし。SFループもの。

    ・ほむらからまどかへの壮大な愛(片思い)の物語よねえ…

    ・TV版を一度見てるので、序盤、マミさん脱落後の、工場をバックにまどかとほむらが話すシーンは辛いものがあるなあ。ほむらがこれまで何度も魔法少女の死(?)を見てきたこと、その繰り返しの理由であるまどかを思う気持ちが見る側にはわかっているので。

    ・TV版でも思ったけど、後藤邑子演じるお母さんにものすごく感情移入してしまう。子供がいるので。終盤、まどかを送り出す場面と、ラスト、ほむらと赤いリボンについて話すところは涙なしでは見られぬ…。

  • 90年代エヴァンゲリオンのセカイ系から、もうウチュウ系にまで行ってしまった感じ。近景の「ボクとワタシ」は同性同士で自意識を担保し合っているし、中景ではもう家族の存在まで否定しまい、遠景の「セカイの危機」に至ってはエントロピーまで持ち出して宇宙の危機を煽っている。要は、異性との恋愛も不可能だから、就職や結婚や子育てなどの中景に欠いた人生となり、コンビニ宗教や疑似科学やファシズムにしか自分の存在意義を仮託できなくなった視聴者のメンタリティーを反映しているのだろう。☆2

  • 前編、後編をノンストップで一気に観ることができる面白さ、密度。TV版の総集編的な編集ものはいろいろとあるけども、見事なまとまり方だった。オープニングがとっても好き。

全23件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする