バラキ [DVD]

  • 16人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : テレンス・ヤング 
出演 : チャールズ・ブロンソン  リノ・ヴァンチュラ  ジル・アイアランド 
  • 角川書店 (2013年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111244246

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

バラキ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チャールズブロンソンの映画をなるべくコンプしようとしてるんですけど、『バラキ』はコーザノストラ、イタリアンマフィアの映画です。マフィア映画といえば『ゴッドファーザー』が有名ですが、『バラキ』の方は実録もの。このふたつの映画には因縁があって、バラキの原作が発表された翌年にゴッドファーザーの原作が出てます。言い方は悪いですがこれたぶんバラキをパクって、いや参考にしたんでしょうね。

    バラキの方は実名なんでマフィアからの圧力がヤバくて、製作が難航し結局イタリアで撮ったそうなんです。そんなこんなモタモタしてるうちに、ゴッドファーザーの公開は1972年3月、バラキの公開が同年11月と結局先を越されてしまった、可哀想な作品。ちなみにプロデューサーはディノデラウレンティス、さすがです。
    さらに悲しいのは、ゴッドファーザーの方が映画として面白い点。カッコいいんですよね。で、これはさらにスコセッシがそんなことない、ってグッドフェローズを作ったんだったような。

    だからといって、バラキが面白くないわけではない。ちゃんと面白いです。特に、最初の大ボス・マランツァーノは元々神父を目指していたインテリなところとか、事実なだけに驚きも大きいです。バイオレンス要素も、言うとネタバレだけど『戦争のはらわた』や『レザボアドッグズ』に匹敵するようなシーンもあります。

    ちょっと面白かったミスとして、WTCビルが映っちゃってるシーン。当時、丁度建設中だったみたいですね。

  • ★.:*† 美しいテーマ曲 †.:*★




      
     テレンス・スタンプ監督のタッチ、当時とても斬新に感じられたのを覚えています。  

     同監督は、あらゆる映画会社やプロデューサーに本作の製作を打診したご様子。しかし周辺の方々は作品の内容を鑑み、みな一様に慎重だったとかで…


     そうした中、伊出身のラウレンティス氏が製作話に加担。  しかし、当時はまだヴァラキ、ジェノヴェーゼのふたりは共に獄中に在り、更にジェノヴェーゼは、獄中から殺人指示を出せる権力を保持していたということから、本作の制作開始のタイミングを極めて慎重に見計らっていたそです。 


     1969年にジェノヴェーゼ、そして1971年にバラキが、共に獄中で死去したことを受け漸く製作にGoサインが出されたとのこと。

     が、バラキ死後の翌年にニューヨークでクランクインするも、ニューヨーク・マフィア(A・E・コロンボ)から脅迫を受け、僅か2週間少々で撮影現場を撤収! 


     その後、ローマのラウレンティス氏のスタジオに移行のうえ撮影が再開され、完成に至ったとの記述を目にいたしました。 

     そうまでして完成に辿り着いただけのことはある「重み」を感じる作品に仕上がっています。 


     また、個人的にひじょうに印象に残ったのは残酷な映像とは裏腹に、リズ・オルトラーニ氏の”バラキのテーマ”が秀麗で美旋律であるという点。

     公開当時、この曲をFM放送にリクエストしていたことを思いだしました。
    (*オルトラーニ氏と云えば『世界残酷物語』のテーマで広くその名を知られましたね。)   

    (視聴可能URL→http://www.youtube.com/watch?v=C7h9Tbx0d-w)     


    ヴァイオレンス作品にはこういった流麗な旋律が用いられているものが多いように思えます。
     この、一見ミスマッチが過酷な世界での男の生きざまをスタイリッシュ、且つ、短絡的で哀れな心情を表現するに功を奏していると感じ、私はいつも高く評価しています。

  • 「午後のロードショー」にて。なるほど、マフィアの内幕を司法取引で暴露したという、この話があって、「ゴッドファーザー」や「グッドフェローズ」が生まれたのだな。結局釈放されず、自ら命を絶ったのが無残。

  •  何か『ゴッドファーザー』に似ているな、と思ったらあっちは実話を元にしたフィクションで、こっちは実話をほぼ忠実に再現している、とのこと。納得しました。でもやはり、『ゴッドファーザー』の重厚な感じの方が好きです。
     あと、駆出しの頃のバラキが、車で川に飛び込むシーンで、対岸に貿易センターのツインビルの影が描かれていたのには、ちょっとがっかりりました。1930年の話です。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする