奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 [Kindle]

  • 110人登録
  • 4.20評価
    • (17)
    • (20)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
  • 幻冬舎 (2013年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画化を知り、電子ブックを購入。
    りんごは美味しさの追求で農薬がか欠かせないものに。奥さんの体質、福岡正信の自然農法の影響もあって無農薬を目指す。
    無農薬と言うより自然に如何に近づけるか、

  • リンゴが育てるの大変だということも知らなかったけど、木村さんの今の姿に至るまでの壮絶な過程といったら。ただただ驚くばかりです。
    あとは家族の皆さますごいなぁと単純に感心してしまった。私だったら無理だ…

  • ヒントは自然にあった。

  • 久しぶりに胸を熱くする伝記をよめた。

    無農薬のリンゴを作るということがいかに無謀であるか、それを知ったうえで挑戦し、成功した木村さんには尊敬するばかりです。

    私たちの生活は多くの人の挑戦の上で成り立っているのだということを感じさせてくれます。

    学びも多く、もっと多くの人が読むべき良書でした

  • 1つのことにこれだけ傾倒できるのは本当にすごい。ある意味バカにならねばやりきれない。
    また、実際にりんご作りが成功した後も、ナレッジを惜しげもなく伝える・値段を下げる等の広める活動で信念を貫いているのがすごい。

    ただ、書籍全体として、少し宗教色が強いのは残念。

  • 半信半疑だが、面白い。
    自然の恵みを頂いている、普段農業関係書籍にはそう書いてあるが実際の農業は実に効率的であり産業、工業的である。どのボタンを押したら何が出てくるか、単純な数式となったような印象すらある。
    しかし本書ではそれらを否定し、農薬を使わず自然の柔軟性を高める事で害虫や病害からリンゴを守っている。いや、守らない事でリンゴの木自体の生命力を高めて強くしていると言った方が正確か。

    本書の主役である木村氏の考え方には共感を覚える。

  • 無農薬リンゴ農業を成功させた木村秋則さんの記録。「絶対不可能」を覆した農家ということで、映画化もされたらしい。何年も失敗続きで家族で極貧暮らしをしつつ、狂ったように無農薬にこだわる熱意には脱帽。「ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えにめぐり合うことができる」という木村さんの言葉は、夢に向かう人々に勇気を与えるかもしれない。

    人が生きて行くために、経験や知識は欠かせない。何かをするためには、経験や知識を積み重ねる必要がある。だから経験や知識のない人を、世の中ではバカと言う。けれど人が真に新しい何かに挑む時、最大の壁になるのはしばしばその経験や知識なのだ。

    この言葉は重い。先進国になって長い日本はこの壁にぶち当たっているように思う。それとは対照的にこれまでの常識を覆すことが比較的簡単な発展途上国の発展ぶりは目覚ましい。

    何もできないと思う時、実はそれは何も見ていないと言う事がある。目に見える部分ばかりに気を取られて、目に見えないものを見る努力を忘れていた、と木村さんは言う。

    既成概念を打ち壊さなければならないパイオニアは孤独だ。過去からの世界観や価値観を愛する人々からすれば、パイオニアとは秩序の破壊者だからだ。人は変化を恐れる生き物なのだ。

  • 【文章】
     とても読み易い
    【気付き】
     ★★★★・
    【ハマり】
     ★★★★★
    【共感度】
     ★★★★★

    全ての生命は環境適用能力を持っている。

    与えられ過ぎた環境では、自分自身で必要なものを探して、獲得する能力が育たなくなる。

    例え、満たされた環境に身を置いていたとしても、敢えて酷な環境に飛び込んでいける覚悟を持てるモノだけが、環境変化に負けずに生き抜く事が出来る。

  • 農薬を使わずにリンゴを育てる農家の話。
    農業において農薬がどんなに大事とされており、危険物としても認定されるほどの威力の強い農薬をまく時期が厳密に決まっており年に何回もまくという。農業の大変さ、農薬まみれの流通品という事実を初めて知った。
    農薬の怖さを伝えたい本ではないが衝撃だった。

    その上で、脱農薬を試みたきっかけはいくつかあっただろうが、貧困になりながらも毎日何年も皆に批判されながら、脱農薬を遂行した根気はすごいものがあった。

    きっかけとなった本の信念として、釈迦や老子の無為自然という考え方があったことが興味深い。少し前に読んだジョブズも禅に傾倒しており、よくは分からないが突き詰めた世界観がとてつもない根気をうむのだろうか。

  • リンゴの無農薬栽培という、奇跡を起こした人の話。
    ただただリンゴを無農薬で作っただけではなく、自然と人との調和の大切さまで教示してくれるすごい話でした。
    ともすると盲目になりかけてるのではないかと思えるくらい、著者の石川さんの木村さんへの愛がとても良く伝わってくる書き方で好感が持てました。
    数々の方と仕事をされているノンフィクションのライターさんにそこまで思ってもらえるくらいの方なのでしょう。
    このレベルの内容の本はなかなか見つかりません。
    IPS細胞を発見された山中教授の話を思い出しました。

全18件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
岸見 一郎
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録を本棚に登録しているひと

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録を本棚に「読みたい」で登録しているひと

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録の文庫

奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録の単行本

ツイートする