美味い話にゃ肴あり (1) (ぶんか社コミックス) [Kindle]

  • 11人登録
  • 2.80評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
  • ぶんか社 (2013年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (196ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

美味い話にゃ肴あり (1) (ぶんか社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 【概要と感想】

    うまそー!

    居酒屋「酔庵」で出てくる食べ物にゴクリ。
    お客さんのあるあるなやりとりにクスリとなる一冊。

    大人向けの漫画雑誌、『みこすり半劇場』で連載の居酒屋あるあるマンガ。

    3~4ページぐらいしかない物語に美味しそうな料理と
    たわいもないけど、居酒屋で一度は話したことがあるような話が出てくる。

    美味しそうな料理の中でツボに入ったのは、たけのこ煮に穴子、地鶏の塩焼き。
    クスリときたのは酔っぱらいの自転車運転の危なさ、「~になります」の言葉遣いにたい焼きはどこから食べるか話。

    どれも一度は話題に出たことがあるであろう些細なお話たち。
    このマンガの面白いところは居酒屋「酔庵」の店主がそれぞれの話題に自分の意見を加えたコラムがついていること。

    よだれを垂らし、クスリと笑い、ちょっと自分で考えてみる。
    1冊で三度おいしいマンガ。

    最もツボにハマったのは、いらないカレンダー話から、『酔庵』のマスターが作った手作りカレンダー。
    小さな個人経営居酒屋マスターの気持ちがストレートに出てる12の言葉。
    それぞれの月の季節と相まってクスリと来た。

    【引用】

    『粋庵』マスターの手作りカレンダー

    1月 つけをためない暮らし
    2月 長居は店のためならず
    3月 常連づらもほどほどに
    4月 喧嘩は外でぞんぶんに
    5月 こぼすな、割るな、げろ吐くな
    6月 かうんたあに焼け焦げ作ることなかれ
    7月 残されし魚の目に涙
    8月 己の家の雪隠と思え
    9月 たまには聞きたい、釣はいらんの声
    10月 慎むべし料理人泣かせのわがままめにゅう
    11月 寒い日はきっちり閉めよう、入口を
    12月 来年も酔庵ひと筋浮気せず

    【入手きっかけ】

    Kindleでセールをしていたので、購入!

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

美味い話にゃ肴あり (1) (ぶんか社コミックス)はこんな電子書籍です

美味い話にゃ肴あり (1) (ぶんか社コミックス)のコミック

ツイートする