ストロベリーナイト DVDスタンダード・エディション

  • 606人登録
  • 3.30評価
    • (23)
    • (102)
    • (157)
    • (41)
    • (4)
  • 107レビュー
監督 : 佐藤祐市 
出演 : 竹内結子  西島秀俊  大沢たかお  小出恵介 
  • ポニーキャニオン (2013年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632503501

ストロベリーナイト DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殺して。

  • 姫川シリーズは、原作が最高に面白いので、映像関係は見てませんでした。
    ついうっかり、TV放送を録画して見た。
    なんだよ、面白いじゃないか!
    タイトルは、ストロベリーナイトですが、中身はインビシブルレイン。
    これで、私の頭の中も、姫川=竹内結子になってしまった・・・
    ドラマ、レンタルしようと思います!

  • 「土曜プレミアム」にて。原作もドラマも見ていないため、この凄まじくダサいタイトルからして拒否感が…(どういう意味があるんだろう)

    それはともかく、ミステリのプロットとしては悪くはないです。ヤクザ(大沢たかお)と柳井(染谷将太)の関係性を隠していくところがうまい。まぁ破綻のない作品ではありますが、キャストが豪華という1点を除けば、わざわざ映画にするような内容でもないような気もします。

    余談ですが、ヤクザ役の金子賢の姿が妙に感慨深く、「キッズ・リターンのあの少年が元気にヤクザやってる!」と。

  • 姫川が初めてはっきりと見せた女性の部分と過去の傷。姫川ファンなら映像で見て損はない。
    大沢たかおさん演じる牧田のかっこよさも必見。

  • 正直、竹内結子が若干苦手なのですが……。
    大沢たかおと西島秀俊がすごいから!と太鼓判を押されて、渋々見始めたものの、想像していた以上に良かったです。誰がって、金子賢が!
    ああいう、主役を張れそうで張らない、脇役なんだけど決して埋もれない、かといって主役を喰わない演技ができるひと、良いです。あの子犬のような瞳に、どこまでも真っ直ぐすぎる、曲がることを知らない想い。陰の主役は、彼なのではないでしょうか。
    とはいえ、この映画、脇役陣が素晴らしい。竹内結子を取り巻く各人が、良い演技をしています。宇梶さんみたいなひと、どこかに落ちていないでしょうか。

  • 映画単体として観ればわりと楽しい。
    でもなんだか、ドラマで積み上げた繊細なものを失ってしまったような気がしないでもない。

  • ドラマシリーズからのファン
    やっぱり面白かった
    最後は正義があって良かった

  • 2013年1月26日に全国東宝系で放映された原作小説の映画化で連続ドラマシリーズの最終章。

    主演:竹内結子

    ある雨の日の夜、暴力団・龍崎組の下部構成員・小林充の刺殺体が発見され
    捜査一課姫川班が捜査を開始する。
    さらに別の2件の暴力団員殺しとの共通点が見つかり、捜査一課では連続殺人として
    さらにそこに組対四課が加わり合同の大掛かりな捜査会議が行われる。
    単純な暴力団同士の抗争と見る組対とそれに疑問を持つ姫川・日下率いる捜査一課は対立する。
    会議後に姫川は小林殺しの犯人は「柳井健斗」だという密告電話を受け、班員には捜査を命じず、姫川自身単独で捜査することに。
    そのなかで出会った謎の男・牧田。
    牧田から柳井の情報の聞き込みをするうちに、姫川は牧田の正体を知ることになるが…


    アーーーーーーー!!!!!!!!
    き、菊田ァ…!!
    切なすぎ…
    正直言ってドラマ版から見ていた私個人的にはもう…ものすごく悲しかった。
    でも、きっとこういう結末でしかなかったとも思えます。
    あと、事件の内容や暴力団のアレコレが複雑だったので、というか連続ドラマ版からそんな感じだったけど私個人的な意見ではありますが、堅苦しさみたいなものはあった。
    なんと言うか、全体として警察としての正義が最終的に真っ直ぐ通されたのは良かった。

    真っ赤なライトに照らされるなかで、菊田が玲子の腕を掴むシーンは本当に良かった。
    切なさと何とも言えない哀しさが際立った。
    また、真っ赤なライトのなかで菊田の顔が見えないところもあったがそこもとても良い場面だったと思う。

    けれど、やっぱり菊田の報われなさに、心が痛い…
    うーん、牧田も良いキャラしているんだけど
    やっぱり私としては玲子は長く一緒にいる菊田に心の闇を全部とは言わないけど少しでも頼って見せられなかったのかと思ってしまう。
    それも含めて菊田が受け止められたら…良かったな…と。
    まあ映画映像作品としては面白いと思います。

  • ドラマを見てなかったけど、問題ない。
    楽しめました。
    で、あの女性刑事は何かを乗り越えることできたのかな?

  • いい作品だと思うが、時代が悪いような気がした。ヒロインをメインに置く刑事ものは嫌いではないのだが、この姫川刑事は生み出された時代が悪すぎた。やはり雪平刑事を超えるものは出てこないんだなぁ~と実感。

    物語だから仕方がないが、ひとつ思ったのは潔さがまるでない!これが原作で言う第4作目でその後も2作続くって…読んでないから何とも言えないが、一人の暴走から部下を巻き沿いにしてその後も2作続くんだぁ~と思うとやはり雪平に比べ陳腐なものに感じてしまう。

    「ストロベリーナイト」
    https://www.youtube.com/watch?v=yDFohSdMtRo

    捜査四課ではないにしても捜査一課の主任刑事が暴力団の若頭補佐の顔も知らずに、男にのめり込んでいくって……結局移動という形でエンディングを迎えたが、暴力団と関係を持った刑事が移動だけってね……なんかそんな設定を知っただけでも物語にリアリティーを感じない。

    キャストはそれこそピンでメインを張れる俳優さんが揃っている。この後のオムニバス作品の方が面白く感じます。とにかくこの作品は暴力団と姫川の絡みさえなければいい作品に思えたのですが、余計な物語が含まれていたよなぁ~残念です。

    https://www.youtube.com/watch?v=zep_FfZ-96Y

    こっちの方が本当に面白いかなぁ~

全107件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ストロベリーナイト DVDスタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

ストロベリーナイト DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする