きいろいゾウ [Blu-ray]

  • 47人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (2)
  • 7レビュー
監督 : 廣木隆一 
出演 : 宮崎あおい  向井理  柄本明  濱田龍臣  本田望結 
  • メディアファクトリー (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4935228131440

きいろいゾウ [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼い頃に入院生活を送っていたツマは絵本のきいろいゾウが大好きで木々や動物たちの声が聞こえる女の子。
    一方、ムコは背中に大きなタトゥーを入れた売れない小説家。
    2人は満月の夜に出会いすぐ結婚します。
    のどかな里山でゆったりと田舎生活を送るツマとムコ。ある日ムコ宛に差出人のない1通の手紙が届いたことから2人の平穏な日常が崩れ始めてしまう。
    お互いに秘密を抱えたまま田舎で穏やかな新婚生活を始めた若い夫婦の愛の行方を描いた作品です。
    西加奈子さんの同名小説を向井理さんと宮崎あおいさんが共演で映画化した映画です。
    原作は読んでいなかったので是非読んでみたい作品だと思いました。

  • 互いをよく知らないままに結婚し、田舎の古民家で暮らす「ツマ」と「ムコ」。
    穏やかで満たされた生活も、やがて時が経つと共に互いの過去や思いが隠せなくなり…

    ウォン・カーウァイの「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のエッセンスを、日本の田舎に適用させて邦画にしてみたらこうなるのかしら…という感じの作品だった。
    「マイ・ブルーベリー・ナイツ」は都会的な雰囲気が出てるロードムービーなので、だいぶ的外れな例だとわかりつつも、敢えて感じたままに書いてみた。
    なんとなく現実味のないフワフワとした美男美女、彼らを囲む人物たちもなんとなく現実感が無い。優しいけれど少しいびつな生活。

    ただしこの映画では、彼らは次第に現実と向き合うことを余儀なくされる。それは自分のエゴだったり、自分の過去だったり、そして相手への執着だったり。人と向き合い社会で生きる以上、それらはやはり避けられないことなのかもしれない。

    まとまりの無い感想になったけれど、最後に一つだけ付け加えると向井理と宮崎あおい、どちらも好きなのでよかったけど、どちらかが嫌いな人には苦痛な映画となるはず。

  • 大切なところが抜けている

  • 小説がとても好きだったので観ました。
    確かに向井理はムコさんの役には爽やかすぎるけど、全体的には小説の雰囲気とは近かったと思う。

    この物語の登場人物は、みんなどこか病んでいて、何かに縛られていて、そして悲しげだ。
    人は大人になると今の瞬間だけではなく、過去に絡め取られ、そのトラウマにとらわれて生きてしまう。

    ムコさんが抜け出せない過去は幼い頃に守れなかった、ない姉ちゃんに囚われてしまったから。

    守らなきゃいけない人たちを守れなかった
    自分はツマを守れるわけないという変な思い込みはとても男っぽいなーと思う。
    男らしいとは違う、男特有の変な弱さだ。

    ツマが月に支配されるのはきっと幼い頃に読んだ黄色いぞうのお絵本のせい。
    ツマにとっては黄色いぞうが自分を助けてくれる白馬の王子様でそれがきっとムコさんで、いつかいなくなってしまう恐怖と隣り合わせだ。

    夫婦は家族だけど他人。
    血液ではなくて、絆とか愛とかなんだかでも不確かなものでつながっている。
    愛が足りなくても不安なのに、愛が沢山与えられたら、今度はそれが消えてしまう不安に陥ってしまう。

    このもの舞台が田舎ということで、より夫婦の繊細さとか、脆さとかを描かれていて、なんだか胸を捻られたような気持ちにさせられる。
    だからツマの後半の孤独が辛い。

    怖いけど、こんな風に静かな想いで家族を愛し、隣人を思い、孤独と静けさのなかで生きることで見つめられるものもある。

    月や草木に話しかけるような丁寧で、静かな生活は都会にまみれてしまった私にはとても羨ましかった。

    失敗しても、歪みが出来ても、その瞬間瞬間で今自分がここにいる意味を真剣に考えれば、あるべき場所に戻ることができるんだと思う。
    大切なものって過去でも未来でもなく、いまこの瞬間。

    あー、やっぱ、夫婦っていいよね。
    そう思える作品でした。

  • ムコさぁぁぁん

    ツマがムコさんを呼ぶたびに幸せな気分になりました。

    特別なことは何も起こらないけれど、心にじーんとくる素敵なお話でした。

    DVDもいいけど私的には本の方が細かく表現されていて好きでした。

  • ざ、ファンタジー

    感情を
    さらけ出せるのって
    いいなぁー

    相手は
    疲れるだろうけどー

    結婚って
    そーゆうことなのかな


    でも、大事なことは
    話さない
    相手のことが
    大切だから
    話せない?

    2013.9.14

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

きいろいゾウ [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

きいろいゾウ [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

きいろいゾウ [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする