地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]

  • 51人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
監督 : 製作・監督・脚本・音楽:フランシス・F・コッポラ 
出演 : マーロン・ブランド/ロバード・デュバル/マーティン・シーン/デニス・ホッパー 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102156701

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 狂気がここにあると思えるなら大丈夫だ。本当の狂気は何が正気で何が狂気なのか、その境界線が消失してしまう状態を指すのだから。「この映画の主題は?」を問われてコッポラ監督自身が「撮影しているうちにわからなくなってきた」と答えたというエピソードには誰もがずっこけずにはいられないが、それもまた狂気の一過程と考えれば趣深い。銃撃と爆薬まみれの前半部分と神話的象徴と生首まみれの後半はまるで別の映画のように見えて、その実大した違いはないのだろう。「黙示録なう」な原題は、今もそれが現実と地続きであることを指し示している。

  • The Doorsの"The End"がかっちょいい。

  • 正直、よく分からなかったのだが、戦争の無意味さ、戦争のもたらす悪を伝えたかったのではないかと感じた。
    複数回鑑賞するとまた、違う感想を抱くかもしれない。

  • 当分映画というものを観たくないと思いました。

    何年ぶりだろうか。五年ぶりとかなのかな、観たのは。

    以前よりも理解できるようにはなっていた。

    でもこんなに苦しくて重くてなんとも言えない気分になる映画は他にない。

    ドアーズのジエンドもワーグナーのワルキューレも最高に戦争を引き起こしていた。

    マーロンブランド、ロバートデュバル、マーティン・シーン、デニスホッパー、コッポラ監督。

    ベトナム戦争がどんなものなのか、画面を通して経験できる気さえする。

    オーロールクレマンが可愛くて可愛くて。


    凄い映画だよね。

    本当に感服しました。

  • 一度目は渋谷で大学生の頃見たような。。。。
    やっぱりすごい作品だと思うけど怖いし意味わかんない。
    ゴッドファーザーのトムがサーファーなキルゴア中佐である、というのをこの頃の一連で理解したのが良かったですね!

    (これ見てるときに息子が初歩きをしたので、実際に見たのは2月頃なのだけど記録していなかったので今きろく。)

全8件中 1 - 8件を表示

地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]はこんな映画です

ツイートする