やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]

  • 30人登録
  • 3.71評価
    • (5)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : 吉村愛 
出演 : 江口拓也  早見沙織  東山奈央  小松未可子  檜山修之 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102166366

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 君は理性の化け物だね

  • 友達が某ナントカ文庫でラノベ書いて食ってる人なんですが
    (最近全然連絡とってない)、
    僕自身はラノベそのものには全くと言っていいほど興味がない。
    もう10年ぐらい前だけど、ちらっと読んでみたところ
    文章に吐き気がしてしまって・・・吐き気って大袈裟だけど、
    拒否反応というかじんましんでるー的な。
    (※ただ、ラノベってものっすごく範囲が広いんで
    たぶん僕が読んだやつがダメだっただけだと思う)

    書店で気が向いたのでふらふらーっと『このライトノベルがすごい!』を
    立ち読みしてたら、この『やはり俺のナントカが云々』が1位になってたので
    アニメのほうを観てみました。
    (『このラノベがすごい!』はアニメ化したら上位に来ると思うので
    1位=良い作品 とも言えんのですが・・・)

    結論を言うと面白かったです。
    番外編の13話&追加回は蛇足気味。


    スクールカーストもののお話でして、主人公はぼっちをこじらせてるんだけど
    ジョジョとかデスノートみたいに頭脳戦・心理戦をしかける話。
    主人公がアンチヒーロー・ダークヒーロー。ヒールなんです。
    『とらドラ!』はラブコメでドロドロした話だったけども、
    この作品の方がより人間の本質を突いてドロドロしてる。
    タイトルに「ラブコメ」って入ってるけど、ラブコメじゃないような。
    原作はどうなんでしょうね。

    1クールだったので、主人公の変化や成長の部分は
    まだ全然で、そこはアニメとしてまとまってないんですが
    2期あるんじゃないですかねー。

    アニメ化した際に、ラノベ原作だとセリフやモノローグの
    垂れ流しになっちゃうことが多くて、そうなるとダメなんですけど
    このアニメでもそういう回はあって、その回はダメでした。
    でも、演出が良い回、アニメとしてよくできてる回はよかったです。

    キャラクター造形の面だと、もう今なにを見てもテンプレなんだけども
    シュタゲと同じで厨ニとか男の娘とか色々・・・
    アニメにしろラノベにしろ、時代や流行りの大きなうねりや流れがあって
    消費しつくされてってる感じがしますね。
    作品の評価、作品がおもしろいかそうでないかは別にして、
    ここ10年ぐらいは「新しいものって出ないよなぁ・・・」という
    絶望感しか感じられません。

    ただ、絶望したなら絶望したなりに
    消費するなら消費するなりに、生きてかなきゃならんわけだし
    その上での「面白いもの」というのはある気がしてます。

    ラノベって表紙見たらわかるとおり、ふわふわ浮いてるようなもんすからね。
    アンダーグラウンドというか、重いもんは沈んじゃう。
    面白いものは常にそういうとこから出てくるんだけども、
    2000年代中盤以降は水面に浮かんでるようなもので。
    糖衣やオブラートに包まれた苦い薬のような感じで
    甘くないとウケないけれど、どこかしら毒がないとつまらない。
    この作品は毒の部分があったので面白かったです。

    ラノベってもはやアニメ原作、アニメ化狙いで書かれるようなもんだと
    勝手に思ってるんですが・・・
    アニメ化されたら本もキャラクターグッズも売れますし。
    1クールもので粗製乱造されてる感はありますけど、玉石混淆ですねー。
    観てみなきゃわからん。

    なんだかんだで戸塚と小町ちゃんは最高でした。
    ラノベに対する自己言及があったのもよかった。


    アニメのスタッフ等について。
    OPはROUND TABLEの北川さん。
    あと美術が池田繁美、色彩設計が辻田邦夫という
    あまりにも・・・あまりにもBIGな・・・
    僕の中では池田さん=ガンダム含めサンライズの富野作品
    辻田さん=すごい頃の東映、なので
    このふたりの名前見ただけで涙でる・・・
    プリキュアを観る気がしないのは辻田さんが関わってないからというのも
    大きいかもしれません。
    あれ、色彩があまりにも商業主義に毒されてて気持ち悪い。


    日常系にみんな飽きちゃってるんで、
    一周まわってラブコメと少女漫画に回帰するんだと思うんですが
    上にも書いたけど「ラブコメ」ってタイトルにあってラブコメじゃない、とか
    そういうのも多いかもしれないですね。
    『日常』ってタイトルで日常系じゃなかったりとか。

  • 9話まで見た

  • 東山奈央ちゃん可愛い◎

    2013921

  • 2013春アニメ
    全13(12+番外編)話

    ニコニコにて。
    凄く良かった……!

    http://www.tbs.co.jp/anime/oregairu/

全5件中 1 - 5件を表示

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第1巻 (初回限定版)(渡 航書き下ろし文庫小説152P・サントラCD同梱) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする