クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]

  • 468人登録
  • 3.69評価
    • (68)
    • (79)
    • (77)
    • (29)
    • (4)
  • 87レビュー
監督 : ウォシャウスキー姉弟 
出演 : トム・ハンクス  ハル・ベリー  キ―ス・デイヴィッド  ジェームズ・ダーシー  ジョウ・シュン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2013年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135995186

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 一言で言えば壮大。
    6つの時代を生きる人々の輪廻転生を描く。
    各時代のシーンをかなりのテンポで切り替えながら進む為、最初は【?】の嵐。でも少しづつ、時代は違えど話に関連があることが分かってくると面白くなる。時間軸での繋がりと、あの時代ではあんな人だったけど、この時代ではこんな人と、物語の中心的な数人の俳優が特殊メイクで種族・性別・人種を変え登場する。これが映画を観ながら誰ってハッキリと判別できればもっと分かりやすいんだろうけど、特殊メイクが凄すぎて確認できてない人が沢山いたw(エンドロールで各俳優がどの役をやっていたか映像が出るのでそこでビックリ)
    そんな感じなので1回ですべてを把握するのは無理。主役のトム・ハンクスに限って言えば悪人に始まり、輪廻転生を繰り返しながら最後には人類を・・・的な成長をする。
    3時間近くもの映画だけに万人には薦められないけど、逆にこの内容を3時間でまとめたことに驚愕。

  • 1849年、奴隷貿易のため太平洋を旅するユーイング。1936年、著名な作曲家の下で自分の交響曲「クラウド・アトラス」を仕上げようともがく無名の作曲家フロビシャー。1973年、フロビシャーの恋人だった老科学者に秘密を託され、石油ロビーの陰謀を暴こうとする女性ジャーナリスト、ルイサ・レイ。2012年、閉じ込められた介護施設から逃げ出そうとする老編集者。2144年、反体制組織の男と出会って世界の真実を知り、女神へと変貌を遂げるクローン少女ソンミ。そして文明が崩壊した未来の地球で異文化から来た女性メロニムを「悪魔の山」に導くザックリー。
    時を超えた6つの話が交響曲のように連なっていく壮大な構成だ。画面づくりも豪華で、特に近未来パートには『マトリックス』ばりのSFXアクションシーンがふんだんに盛り込まれているが、いやらしいケレン味は感じない。それは、この物語の視点が、抑圧された者たちの抵抗、そして人と人との出会いがもたらす可能性という、はかなきものに向けられているからだ。この普遍的な物語を支えるために、イマジネーションを視覚化する映画というメディアが真っ当なかたちで奉仕していることを高く評価したい。たとえばフロビシャーと彼の恋人が瀬戸物を空中に放り投げるシーンは、幻想的な美しさの中に別の可能性への切望が表現されていて、忘れがたい。下手するとオカルトになりかねない「生まれ変わり」という要素も、まさに映画ならではの見せ方で、ジェンダーや民族を超えたものを示すことに成功している。これでもかと金をかけて観客を無理やり圧倒させるような映画とは対極にある、映画的想像力のみごとな結晶。

  • 休日にじっくり観る映画

    とてもスケールの大きい映画だった。
    様々な年代の6つの物語が同時進行で描かれる。

    どの話も抑圧や権力に対する戦いの物語で、ウォシャウスキー姉弟らしいテーマ。

    時代を超えて物語をつなぐのは、文章、音楽、映画、信仰
    そういったものが、時代を超えて、未来になにかしらの影響を与える。
    ん~、しぶいぜ!

    多くの俳優がいろいろな時代でいろいろなキャラクターを演じていて、
    生まれ変わりを感じさせるのも良かった。
    見終わってから、誰がどんな役で出てたかを、もう1度見るのも楽しい。

    トム・ハンクスはいろいろ出過ぎな感じもするが、そこは意味があるというよりはユーモアなのかな。

    ただ、個人的には、
    老脚本家の物語が、他のストーリーと違って、いまいち集中できなかった。
    6つの物語が全てシリアスな方が、もっと感動できたんじゃないかな、と思った。

    それと、ゲイの2人を、未来の世界でつながりを持たせなかったのはなぜだろう。
    もしかして、どっか見逃してるんかな?
    そう思い出したら、もう1度見たくなってしまう・・・
    そんな魅力のある映画。

  • 6編の世界が全く違う趣向でリンクし、結末へ収束する。メイクも衣装も見事だ。

  • 壮大。
    登場人物が多いし、話もややこしいし、長いけど、全く飽きずに観れた事がすごい!

    テーマがもう少しはっきりして欲しい感じは多少あるけど、それ抜きにしても面白かったです。

  • 壮大な物語だった。
    170分まったくだれることなく集中してみることが出来た。
    最後まで見終わったときには、登場人物たちと一緒に長い長いたびをしてきたと思えるほどだ。
    演者ももちろん、監督、脚本、すべてとてもよく出来ていた。
    よくこんな作品を作ったものだ、と感心する出来でした。

  • トム・ハンクスやハル・ベリーが一人何役もやるというくらいの基礎知識しかなかったので正直、最初は「え? この時代のトム・ハンクスとあの時代のトム・ハンクスはどういう関係なの?」と面食らったのですが、途中で気がついたのは「そういうのはあまり気にしなくていい」ということでした。要するに、お遊びみたいな感じなんでしょうか。
    物語はマトリックスのウォシャウスキー姉弟だけあって、アクションはど派手だし、けっこうグロいシーンもあって最後のあたりは手に汗を握らせます。エンディングは「最後に正義は勝つ」的な感じなので「ちぇ」とか思ったのですが、やっぱり王道は強い。ちょっぴり泣いてしまいましたね。
    それにしてもトム・ハンクスっていうのはつくづく卑怯者とか臆病者をやらせたら天下一品ですねぇ。

  • スケールの大きい作品だった。
    正直1度鑑賞しただけでは見逃していること多し。
    とりわけ、登場人物のキャラクターに驚かされる。
    正直、鑑賞後のダイジェストを観て気づかされることのなんと多いこと。

    マトリックスシリーズ以来おなじみのエージェントが、今回も期待を裏切らないキャラクターで出演されていて嬉。

    時間の関係で1回の鑑賞で終わってしまったが、
    できれば時間を置いてもう一度以上ゆっくり鑑賞したい作品。

  • 本当に好きな映画が一つ増えました。
    時代ごとに誰が誰を演じているのかを探すのも楽しいし、未来の世界観とかも面白いし、音楽や台詞も好きだし、長い映画だけどテイストの違うストーリーで飽きることなく観れる、もうほんと好きだなー

  • ・トム ハンクス、ハル ベリーなど実力派俳優がひとり最大6役演じており、1つの映画で何倍も楽しめる。
    ・6つの異なる時代で6つの物語が進行し、宗教的、哲学的要素もあり簡単には理解出来ないが、混乱しながらも映画に引き込まれていく快感を味わえる。
    ・6つの物語が全く異なるテーマでありながらも、異質な感じはなくひとつの映画として一気に見れる。
    ・好きな映画です。

  • マトリックスのウォシャウスキー姉弟が監督ということでレンタル。見る前にWEBで情報を確認してびっくり。トム・ハンクスにハル・ベリーなど有名俳優だらけ。こんな映画話題になりました?宣伝されているものを見たことがない。もちろん情報に疎い私ですが、私の耳にはまったく届きませんでした。長時間で6つの違うエピソードを見せるというので大丈夫かなと心配しましたが、混乱もせず違和感なくすべてのエピソードを把握しながら物語を楽しめました。アジア系の女優さんの大きい目がとても印象的で調べてみたら以前に観た邦画「リンダ・リンダ・リンダ」に出演していたペ・ドゥナという人だった。まったく気がつきませんでした。未来人の特殊メイクがとても気持ち悪くて印象に残りました。俳優さんが姿を変えてカメレオンのように変化するというのは面白かったのですが輪廻転生ものとしては凡作かなあ。映像やメイクは楽しめました。

  • 手塚治虫の火の鳥、というよりも、三島由紀夫の豊饒の海、って感じかな。
    意図は分かるんだけど、もうちょっとストーリーを練り上げてほしかった。
    役者がみんな一人5役くらいやってるんだけど、そのへんもストーリー上の必然性があんまり感じられないものも含んでたりして、なんか頑張ったねおつかれさん、みたいな感じ。
    でもやりたいことをやりたいようにやった感がスゴイので、微笑ましい作品。

  • 400年かけて人生の輪廻転生を描いた作品。一人の俳優さんが4~6役こなす映像も必見。そしてある人生では主人公で生きている人生もあり、そして脇役な生き方、そして反対に悲劇的な生き方もあり、それを象徴的に描いている。
    死ぬということはまた新たな扉が開くこと。
    子宮から墓場まで命は自分のものではない。
    あらゆる善意とすべての罪が未来をつくる。

    という内容を説いているシーンがある。
    かなりメッセージがある作品。人によって評価が分かれる作品であり、パズルを解くようにいろんな6の時代が絡み合っている作品なので、私は弐回みました。理解することで面白さが格段に上がる作品。

  • めっちゃ長いけど面白かった!!グランドホテル方式で輪廻転生がテーマ。エピソードが入れ替わる瞬間のカットがよくできてる。ペドゥナとベンウィショーがほんとうにかわいい。特殊メイクはちょっとうそだろダメだろっていう奴もありました笑。

  • 少し複雑で難解な作品ではあるが、メッセージ性は強く。3時間弱という時間で、ギュギュッと凝縮された内容になっている。雰囲気と音楽も良く、輪廻転生というキーワードの中で、目まぐるし場面や時代が変わっていくんで、最初は見にくかったが、最後は引き込まれていた。

  • テーマは輪廻転生。
    30秒ごとに主人公と時代と、
    物語が変わる。
    約6話くらいが同時進行して、
    約2時間50分間。
    最初の1時間は期待をして、
    次の1時間は信じたい気持ちで、
    最後の約1時間は、
    祈りの境地で鑑賞。

    見ていれば自然とその世界に
    引き込んでくれるタイプの
    映画ではないので、
    その時の気分で、
    だいぶ評価が分かれるだろう。
    難解というほどではないが、
    人種差別、同性愛、格差、
    クローン、原子力、民族…
    とにかくあらゆる方面の
    メッセージ性の強いSFである。
    深読みしたい気分の人に
    おすすめ。

    深読みしたくない見方としては、
    各ストーリーの
    誰がリンクしているか、
    神経衰弱のように探すのが
    面白いかも。
    特殊メイクで誰が誰だか
    わからないからね。

  • ( ^o^) Wachowski兄妹監督。
    これは今までに観たことのないすごい作品だ。基本的にはSFものだが、時代も舞台も違う6つのストーリーをランダムに展開する。巧みに練られた脚本と構成で3時間近くの上映時間を全く飽きさせない。それぞれのストーリーをリンクさせるような編集も秀逸。
    また本作では、Tom HanksやHugh Grantなどの俳優がそれぞれのストーリーで、何役も演じている。観ている時にはわからないほどのメイクアップと演技。もう一度観て確認したくなる。本作で初めて知った韓国女優ペ・ドゥナ(Bae Doo-na)が可愛い。

  • 観てる途中も、見終えてからも、「うわあ、すげえや。」と言いたくなる映画。
    いろんなことがつまり過ぎてて1回観ただけでは足りないと思う。
    マトリックスもそうだったから、ウォシャウスキー姉弟はやっぱり宗教観を映画に混ぜたくなるのかな?と思った。
    個人的にはペドゥナが好きなので最後に「えー!あれペドゥナだったの!?」と驚いた。でも男性のほうは逆にアジア系に見せるのに無理を感じたが…。
    いずれにせよ劇場で観て「おやおや?」となっていたところをもう一度観て飲み込みたいです。


    で、改めてblue-rayを借りて観たけど、すごいですね。
    無理を感じてたヘジュ・チャンはジム・スタージェスだったんですね。無理があるとか言ってごめんなさい。
    最後のとこも「何でこのシーンが今?」と疑問だったけど、なるほど…。ということばかりです。
    blue-rayの特典観なきゃ分からないよ!っていう細かいネタも盛りだくさん。

    善人は善人のまま、悪人は悪人のままなのかと思ったら、そんなこともない。しかも人食い人のくだりから、一番未来と過去が繋がっているのかもっていうことも匂わせて…。

    原作者が6つのストーリーを半分にコピー&ペーストによって20分くらいで分けて、前半後半にしたっていうのを、監督らが聞いてOMGになってたけど、この映画はそれだけ「このカットのあとはこの時代のこのカット」というように、繋げかたをものすごい考慮して作ったんだと思う。
    それだけでもすごく憂鬱になる作業なのに、映像美も劣ることなくストーリーも分かりづらくはなく、(このシーンが名台詞!っていうのはないけど)それをこれだけまとめあげたのは、すごい技だと思いました。

    ものすごく考えさせられるわけでもないし、感動するとかではないから、普通の映画が観たい人にはおすすめしないけど、少し映画が好きな人には是非観てもらいたい。「すごいもん見せられたわあ!」になるはずです。

  • 話の作り方はそこらへんのSFよりナンボも上手でした。映像も綺麗やったし。

    6つの話がうまく繋がっていて、「歴史」「人間」「DNA」「道徳観」「男女」「愛情」など様々なテーマがギュッと圧縮された作品かと思います。

    マトリックスとか好きな人にはオススメです。

  • 長い
    エンドクレジットで一人何役か紹介
    ぺ・ドゥナが出ていたのはうれしい誤算
    ハル・ベリーとかスーザン。サランドンとかも

    話自体はちょっと陳腐かな

  • スピリチュアルな世界が表現されていた。 輪廻転生を題材にした物語。

  • レンタル>2回鑑賞。なんとも不思議な感覚,魅力のある映画。珍しいタイプです。前世,(現世)?,来世と時系列の違う6つのお話;群像劇が交錯して進んでいく…単純脳な私にとって、もっと混乱するかと思ったがそうでもなく。1回観ただけでは当然解らず再見したが、やっぱり不思議。解らないでもいいのかもね。今の自分は実は誰かの生まれ変わりで後世へと続いていく輪廻転生の世界。ネオ・ソウルの世界観がちょっとマトリックス的で素敵♪ソンミ;ペ・ドゥナが綺麗でした。ヒューの人喰い族の姿、最高♪悪役も最近よく見かけますねww

  • 長い映画な上に複雑なストーリーライン、しかも原作未読で映画の半分以上は???な状態でありました。
    でも、そんな疑問符の甲斐もあるというもの!
    壮大なストーリーラインにふさわしい、人類愛のようなメッセージが心に残ります。
    たくさんの役者がたくさんの役を色々な時代で演じていて、ヒューゴ・ウィービングやベン・ウィショーが女性を演じていたり、スーザン・サランドンが男性を演じていたり、あのヒュー・グラントが野蛮な人食い族になっていたりして、役者好きにはたまらない。
    それぞれの時代に良さはあるわけですが、やっぱり私は1931年のベン・ウィショーが主役?になる話と、ペ・ドゥナ演じるクローンが主役の2144年が好き。特に2144年の方は、冷凍肉に馬肉が使用されていたり、遺伝子組み換えの肉が店頭に出されていたりと、現代にも起こり始めている感覚が「当たり前」になってしまった感が恐ろしかった。そして、その中でのソンミとヘジュのラブストーリーがピュアで素敵でした。愛とは浄化するものなのかもしれません。
    ベン・ウィショーの話は後半、ずっと泣いていたように思います。彼が演じる報われない人間は、本当に本当にかわいそうで悲しくて、もう元には戻せないものへのやりきれない思いを抱かせます。素晴らしい役者さんですね。

  •  19世紀から数百年後の未来まで、六つの時代の六つの輪廻で結ばれたストーリー。

     六つの話にはっきりとつながりがあるのではなく、あるようなないような絶妙な距離感があってそれがいい。各話が少しずつ進んでいく進行は各話のテーマや輪廻のつながりを意識できるようになっている。ある時代で結ばれる二人は別の時代でも惹かれ合っていたりするのとかはいかにも輪廻転生。
     決められた何かから自由へと旅立つというのがテーマなのかと思った。それが奴隷開放から未来のSF世界までつながっていく様は壮大。
     時間が長いのがちょっと好みが別れる所だけど、この試みは良し。

  • ウォシャウスキー姉弟監督のSFドラマ。

    上映時間は172分!

    6つの時代のストーリーがブツ切りで垂れ流されるぜ。
    一応、各時代のなんかが次の時代に息づいているぜ。
    で、主要なキャストは各時代でいろんな役を演じているという作り。
    輪廻転生にしては、みんな結構近い所に転生したもんだな。

    あと、各時代で姿や立場・人種どころか性別の壁さえ超えているので大笑いです。
    真面目にドラマを見るのが半分、どの俳優がどの役を演じているかを探すのが半分、
    といった、なんかゲームみたいな楽しみ方をしてしまった映画でした。

    1)1800年代、奴隷制度がまだあった時代。
     奴隷公証人の主人公が、アメリカへ帰る船に
     黒人が脱走して密航する話。

     トム・ハンクスはキモイ船医。
     ハル・ベリーは奴隷の一人。

    2)1900年代前半。
      ゲイの若い作曲家が主人公( 1)の主人公が書いた航海日誌の愛読者)。
      老齢の大作曲家の元、傑作を完成させたが、その手柄を横取りされそうになる話。

     トム・ハンクスはホテルの支配人。
     ハル・ベリーは大作曲家の妻。

    3)1900年代後半。
      原発事故を起こした企業を、老人になった2)の主人公の彼氏が告発しようとする。
      それを取材する女ジャーナリストが主人公。

     トム・ハンクスは原発の従業員。
     ハル・ベリーは主人公の女ジャーナリスト。

    4)現代。
      糞作家が批評家をパーティの席で派手にぶち殺し、刑務所へ。
      それで話題となり、糞作家の小説はバカ売れ。主人公の編集者はウハウハ。
      と思ったら、糞作家の手下が編集者を襲い、そこから逃れようとしたら
      厳重な管理の老人ホームに入れられちゃって、ここからどう脱出する?話。

     トム・ハンクスは糞作家。
     ハル・ベリーはパーティにいたインド人女性。

    5)近未来。
      ブレードランナーを綺麗にしたような未来観。
      クローンのウェイトレス、ソンミ451が主人公で、
      自分たちを使役している連中のドス黒い真実に気づいて革命家の男と逃げる話。

     トム・ハンクスはソンミが見る映画の中の俳優。
     ハル・ベリーはキモイ医者。

    6)文明崩壊後の未来。
     女神ソンミを崇める部族の一人が主人公。
     ある時、高い文明を持った部族の女が宇宙船みたいなのに乗ってやって来る。
     彼女の依頼を受け、遺跡のガイドをする話。

     トム・ハンクスは主人公の男。
     ハル・ベリーは高い科学技術を持った部族の女。

    3⇒4⇒5の関連はなんだったかな。
    元は人気小説らしいんだけど、ちょっと読んでみたくなりました。

    あ、誰が何を演じていたかは、スタッフロールで答え合わせをしてくれるので
    「あぁ!あいつがこれだったんだ!」と
    ストレスもたまらず、良い作りになっています。

    ヒューゴ・ウィーヴィングなんて、女医になったり悪魔になったり、大変ですわ。

全87件中 1 - 25件を表示

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]に関連する談話室の質問

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする