ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実 [Kindle]

  • 118人登録
  • 3.76評価
    • (6)
    • (20)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 本木 隆一郎  山形 佳史 
  • 東洋経済新報社 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (226ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ダニエル カーネ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 統計的に調査してみると、世の中の経営者は実はあんまり合理的な経営判断をしてなくて、人間心理に惑わされながら不合理なこといっぱいやってるんですよ、みたいな内容。だと思う。

    申し訳ないけどあんまり面白みが感じられなかったので途中で読むのを諦めました。

    以下メモ。

    ・新聞は実は紙面が小さいほうがコストも安くて読者にも扱いやすいのに、100年以上大きな紙面のまま。習慣を破るのが怖くて誰も変えられないから。

    ・人間には、自分だけが小さな損をするよりも、他の人と同じ失敗をして大きな損をする方がましに感じる性質がある。

    ・間違った方向に進んでいることに気付いていても、誰もそれを口にしなければ、行き詰まるまでみんなでその現状を維持してしまう。

  • タイトルと裏腹に内容は真面目で、様々な研究結果をもとに企業買収やリストラといった経営の世界で当たり前に行われていることについて、主に負の側面について解説されている。
    革新的な企業についての分析や、社員のやる気についての話もある。
    経営者ではない素人でも面白くスラスラ読めるのでおすすめ。

  • 経営学のウラ側が書かれた本。
    今までにない具体的な書きぶりですごく読みやすかった。
    あと、経営学についてこの本が全てだとは思わないけど、実態はこんなものなのかなと思った。経営学っていうとすごい学問っていう気はしてたけど。

    経営学の本だけど、経営しているのは人間なんで、経営というより、普段の生活でも当てはまることが多い。例えば、「自分だけが小さな損をするよりも、他の人と同じ失敗をして大きな損をするほうが、ずっとまし」「黙っていたら暗黙の了解」とか。

    意外だったのが、「社外取締役は、会社の方針に重大な懸念を持っていても、会社の戦略についてあまり反対しない」「経営陣は部下である経営幹部たちが会社戦略への懸念をあまり口には出さない」ということ。
    じゃあなんのために社外取締役を雇っているの?やっぱ体裁?株価対策?って思う。
    あと懸念してるなら言わないと、このまま突き進んだらおかしなことになるんじゃないの?

    特にピンときたのが、「何らかの理由で選ばれた部分的な結果ばかり見て、間違った結論を導き出す、選択バイアス」というところ。
    全体みないとな…

    基本的には、買収はうまくいかない・リストラは逆効果・研究開発部門は他者の技術を真似るため必要、というのが通常言われていることの反対で面白かった。
    確かに買収は1+1=3とか目指してやるわけだけど、なんだかんだ2で収まるか、それ以下の例も多々あると思う。投資銀行の思惑で買収しているケースもあるみたいだし。
    リストラは確かに会社への忠誠心はなくなるわな。短期的には効果はあると思う。でも長期的にはどうなのか…
    実際短期的な結果と求められている(株主等)し、ある種しょうがない部分もあるのかな。
    研究開発部門のことはその通りだと思う。

    全体的に読み応えがあっておもしろい!

  • タイトルは便乗だね。中身は、まあまあ。さほどヤバくない。

  • 経営者といえども人であり、個人的な感情で積極的にも消極的にもなる。データの裏付けがあると言っても、未来を予測することは難しい。かつて成長企業と持てはやされた企業が必ずしも現在も成長し続けている訳では無いことからもわかるであろう。必ず成功する経営というのはないのだということがあらためて認識できた。

  • 新聞の読書欄に載っていたので、気になって読んでみた。
    語り口は軽めだが、取り上げられている内容はすごく真っ当。
    疑う人がほとんどいなかったようなビジネスの常識に対して、どんどん疑問を投げかけていく。
    少し前に呼んだ、『ファスト&スロー』をどことなく思い起こさせる。
    欧米の企業や経営者が調査対象になっているのがほとんどなのでしょうが、意外と日本人と変わらないなと思ったり(あっちがやっているので、うちもやりましょう、みたいな)。

    日本ってこういうタイプの経営学の本って、日本では少ない気がします。

  • ビジネス書に色々目を通す方なら一読しておくべき一冊

  • レビューはブログにて
    http://ameblo.jp/w92-3/entry-11525053061.html

全8件中 1 - 8件を表示

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実はこんな電子書籍です

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実の単行本

ツイートする