天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫) [Kindle]

  • 35人登録
  • 4.60評価
    • (4)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 集英社 (2002年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (173ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
高野 和明
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 涙ボロボロで読み終わりました。静かな夜に老人の昔話にそっと耳を傾けている様な気分であっと言う間に読み終わりました。

  • 人情
    るろ剣を読んでるみたいだった
    下町を歩きたくなりました

  • 「鉄道員(ぽっぽや)」の作者でおなじみの浅田次郎さんの作品です。


    「鉄道員(ぽっぽや)」は、有名すぎるので、
    原作もなんとなく敬遠していました。(少しひねくれモノな私です)


    ですが、斉藤一人さんがおすすめしていたのをきっかけに
    この「天切り松 闇語り」を読んでみたのです。


    面白いです。


    お話のテンポがすごくいいので読みやすく、
    ストーリー展開もグイグイ引き込まれてしまい
    あっという間に読了です。

    泥棒をテーマにしてはいますが、すでに5巻まででている作品ですし、
    故中村勘三郎さん主演でスペシャルドラマにもなっていますし、
    面白いのはそこからも分かります。


    この本をきっかけにすっかり浅田次郎ファンになってしまい、
    その後、著作をたくさん読ませていただきました。
    どれも外れはないなと思います。


    ただ、「鉄道員(ぽっぽや)」は、
    未だに読んでいないのはここだけの秘密で。

全3件中 1 - 3件を表示

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)はこんな電子書籍です

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)の文庫

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)の単行本

天切り松 闇がたり 第一巻 闇の花道 (集英社文庫)の単行本

ツイートする