第三の時効 (集英社文庫) [Kindle]

  • 70人登録
  • 4.41評価
    • (14)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 横山秀夫
  • 集英社 (2006年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (419ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

第三の時効 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 再読。警察小説の名作です。
    一言でいうと、「勿体ない」です。しかし、僕が通常レビューで使う、設定やらキャラクターの無駄遣いという意味ではありません。6篇の短編に、長編にしても充分な結末を惜しげもなく投下してくる恰幅の良さに唖然としてしまっている表現です。これだけの内容で、一冊分の代金しか貰わないなんて、勿体ないでしょ!
    中でも、表題にもなっている「第三の時効」は、初読の時には独りで「うぉ!」とか思わず声を出してしまったのを憶えてますね・・。
    近いうちに再々読してるかも。それくらいの一冊です。

  • 殺人事件の時効成立目前。現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!? 刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短編集。本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声が高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス。圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ――。大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾!

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
    横山/秀夫
    1957年東京生まれ。国際商科大学卒。上毛新聞社で12年間記者として勤めた後、フリーライターとなる。1991年『ルパンの消息』が第9回サントリーミステリー大賞佳作に。1998年『陰の季節』で第5回松本清張賞を受賞し、デビュー。2000年『動機』で第53回日本推理作家協会賞・短編部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • 本部捜査一課にある3つの班それぞれの班長はアクが強い。
    それぞれに違った能力があり、その能力をもって事件を解決していく様子は気分爽快である。

    3人それぞれに焦点を当てたものと、彼らをまとめる課長や、彼らの部下が主人公になったものなど合計6つの短編集。

  • F県警強行班係の3つの班の班長達の話。朽木、楠見、村瀬の全く違うキャラクターの3人だけれど、どの人の部下にもなりたい。短編集なのに中身が濃い本格警察ミステリは、まさに「硬質のエレガンス」!(帯の表現)

  • 横山さんの代表作、F県警シリーズ。

    その中でもこの短編集は、本当に傑作だと思います。



    前に文庫本で読んでいましたが

    今回Kindle版が出たので、購入。

    一度読んでいてもとっても新鮮な気分で読めました。



    事件とともにF県警の強行班係の3つの班の刑事たちの

    人間模様がまた見どころ。

    横山さんの得意とする心理描写が、自分にも同化して

    一気に話の中にのめり込ませます。

    朽木、楠見、村瀬の3人の班長たちの部下になった気分は

    ハラハラドキドキです。



    こんなに読み返したいサスペンスはなかった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

第三の時効 (集英社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第三の時効 (集英社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

第三の時効 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

第三の時効 (集英社文庫)はこんな電子書籍です

第三の時効 (集英社文庫)の単行本

第三の時効 (集英社文庫)の文庫

ツイートする