横道世之介 [DVD]

  • 1100人登録
  • 3.89評価
    • (141)
    • (234)
    • (146)
    • (20)
    • (5)
  • 200レビュー
監督 : 沖田修一 
出演 : 高良健吾  吉高由里子  池松壮亮 
  • バンダイビジュアル (2013年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569645494

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

横道世之介 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 長崎県の港町で生まれ育った横道世之介は、大学に進むために上京する。周囲の人間を引き付ける魅力を持ち、頼まれたことは何でも引き受けてしまう性格である世之介と、彼に関わった人々の青春時代とその後の人生を描く。

    何かのテレビ番組で「出演者に愛された映画」と紹介されていたのが気になったので、観てみた。主人公の横道世之介はお人好しで憎めない性格の持ち主。物語の途中で、世之介の友人達の16年後の様子が挿入されるが、皆世之介を思い出すと笑顔になる。悪い思い出を残さない、たとえ嫌な事があったとしてもそれすら世之介らしさに包まれているような、不思議な人物である。
    その世之介に勝るとも劣らない存在感を示すのは、吉高由里子演じる祥子である。彼女は裕福な家庭に育ったお嬢様で挨拶は「ごきげんよう」。田舎者の世之介とは素性が全く異なるが、天真爛漫で物怖じしない性格は、どこか世之介に通じる部分があるように思う。祥子の「世之介さ~ん」と呼ぶきらきらした声が印象に残っている。
    世之介の友人の一人、加藤は「知り合えただけで人生得した気分になる人間」と世之介を回想している。それってとてつもなくすごい人間だと思うが、それを自覚していないところが世之介の良さである。そんな世之介の姿を見ながら思いがけず微笑んでしまっている私も、世之介という人間から幸せの種をもらっていたのかもしれない。

  • 大好きな映画です。
    この映画で主役の高良健吾君のファンになりました。(それまではなんだか怖いアンダーグラウンドなイメージしかなかった)
    エンディングがどうしても納得がいきません(笑)
    いい方がなくなるというのは、やりきれない。本人が幸せになって欲しかった。それでも、夭折というのは年も事情も少し違うかもしれませんが、そのやさしい鈍感さを持ち合わせたまま亡くなってしまうのは、仕方がないのかもしれなかったですね。きっと彼は人を見捨てる事はできなかったでしょう…。
    私もある意味マイノリティな人間で、泣きたくなることもしょっちゅうです。そんな時にこの映画のエピソードを思い出すと、少し心の痛みが安らぐというか…。マイノリティだとしても、「彼を知っている分、俺の方がお前よりラッキーだったよ」と、ふと思って少し笑顔になれました。
    ヒロインの、現実離れした自由奔放さと、無垢なやさしさも素敵でした。
    今でも時々見たくなるいい映画です。

  • 俳優さんが良かった。自分の青春のどこかにも世之介がいたような気がした。

  • 高良くんが、すごく良かった。癖のある役が多いけど、この世之介みたいな、天然役もぽわんと演じてました。人を疑わないと言うか、誰の胸にもすっと入って行けるような世之介。結構長いのですが、それを感じず、世之介ワールドに引き込まれました。哀しいラストだけど、みんなの心のずっと生き続けるんだろうなと思えて、良かったです。

  • 巷の評判通り良い映画でした。
    あっという間に感じたこの映画が3時間近い長さなんて。
    見終わっても気が付かなかった。

    しかし、ずるい。
    映画を見ている人がみんな
    世之介が好きになる頃合を見計らって
    スッと彼はいなくなる。

    映画の中の誰かの思い出を見ている構成だったのに
    彼が亡くなったことを知らされた時点から
    ただの観客だった私も見ている世之介の姿が
    懐かしくて、切なくて、愛おしくて、寂しい。

    そこには傍観者でいられなくなった私がいた。

    それもこれも作り手の計算どおり。参りました。

    それぞれの成長譚としてしっかり感じられる
    出演陣の今昔の演じ分けも見事。
    特に吉高さんの「あの頃」と「今」のいでたちが
    女優としても、女性としてもその変化が怖くなるほど。
    あれから何かがあったのね、と思わせるに十分な迫力があった。

    世之介と祥子のあれから
    運命のニュースを読むことになった千春さんのこれまで
    倉持夫婦と智世ちゃん家族のあれから
    加藤のカミングアウトのそれから・・・

    全てを語らず、想像の種を蒔くにとどめるという
    テクニックは好みの映画ならではの手法。

    良い映画を見られてよかった。

  • 今の邦画の状況が良い面でも悪い面でもすごくよく見えてくる映画でした。沖田監督は『南極料理人』はすごく好きだけど『キツツキと雨』はイマイチだったので、やはり良い原作つきじゃないとダメで、オリジナル脚本はイマイチなんでしょうか・・・そういう面で実はすごく期待してる監督さんなんです。

    『南極料理人』についての感想を、映画をかなり観てる方(10コ上・・・45歳ぐらいの方)とだいぶ前に話し合ったんですが、「配役の当てはめ方が良い」という結論にお互い達しました。この『横道世之介』も、とにかくキャスティングが素晴らしい!
    「日本映画の悪い状況」ってのは狭さ、狭苦しい感じなんです。キャストにしても「またか!」となる感じ。テレビ→映画という流れだしここが凄く嫌い。
    なのでどうしても世界が狭く狭くなっちゃって、面白みがなくなるんだけども、「売れるものを作らないといけない」っていう状況下でかなり良い配役を毎回されてます。(同じ吉田原作だと、『悪人』はハマりすぎててイマイチでした)

    まず高良健吾くん!自分は男だし、若い男性俳優で好きって人はそんなにいないですが高良健吾だけは好きです。この人、熊本出身なので世之介(吉田修一)の長崎とわりと近い。それとこの映画は「世之介みたいなやついたよね」っていう世之介あるある映画な側面がありますが、自分が知ってる世之介みたいな奴が熊本出身なんです。
    あと吉高バカがバカ可愛くて最高。
    他のキャストだと池松壮亮の演技がダントツでよかったです。こういうのはキャストの演技力だけでは語れなくて、どういう演技を要求するかってのがあると思う。沖田監督のすごいところは演技やセリフの自然さ。

    お話は吉田修一さん世代の、'80年代回顧青春映画。個人的には「'80年代爆発しろ!」と思ってるぐらいバブル期は憎いんですけど、それと表裏一体で愛しい面も多い。監督とは同世代なので'80年代は子どもだったですけど。その「愛しい面」の象徴が世之介、みたいな感じ。だから結末はああなるんじゃないのかなあと思います。
    その「結末」の年が、原作だと2008年、映画だと2003年なのでこれは重要な点だと思う。

    主人公の名前、これは長崎弁で「おうど」とか「おうどう」。横道坊主ってバンドがいますけど(CDも持ってる)、映画のHPにコメントされてました。

    沖田監督はこういうコメディを作らせたらものすごく面白い。演出のつけ方、間の取らせ方、クレーンでの長回し・・・。抱腹絶倒、ゲラゲラ笑いました。
    この人から感じるので一番近いのは森田芳光監督。ただ、森田監督がリアル'80年代なのに対してやっぱり世代差がかなりあると思う。同じファンタジーの『間宮兄弟』よりも断然面白かったです。
    あと、喜八イズムの継承者って面でも期待してるんですが、お勧めが『大誘拐』だからちょっと違うんじゃないかと(笑)。沖田監督の志向って、あんまり変なところに向いてなくて、あくまで普通の感じなんです。ここがもうちょっと、地獄から出てきたような感じでここに到達できてる人だったらもっと好きになれるのになあ・・・。

    音楽の漣ちゃんもとてもよかった!!!
    アジカンはどうでもいい!!

    今の40代の方(世之介世代)や、今の20代の方(劇中の学生と近い世代)等、違う世代の人たちと感想を語り合いたくなる作品でした。

  • 幸福感いっぱいの2時間40分。
    とても幸せな気持ちになれる映画でした。
    不思議な映画だ、なんでこんなに幸せな気持ちになれるんだろう。
    特に何かが秀でてる訳でもないし、難点も確かにある。
    でも、世之介のあののんきな笑顔を見ているとそんな小さなことは、どうでもいいように思えてきます。
    観る人を幸せにする。
    ただもうそれだけで、本作はとても素晴らしい作品だなと思いました。
    やっぱり映画の良し悪しはクオリティや技術云々よりも心が動かされたかどうかなんじゃないでしょうか。

    横道世之介の名が示す通り、ちょっと横道にズレている世之介とその世之介に輪をかけてズレているお嬢様の祥子ちゃんとのバカップルが、もうおかしくて可愛くて愛おしくて。。。映画が終わらなければいいのにと思ってしまうほどでした。
    クリスマス、雪の中で初めてのキスにはしゃぐ二人を真上から映したシーンを観ながら、あの頃大好きだったあの人は今どうしているかな?とふと、自分の青春時代を思い出してしまいました。

    人間って、もう二度とあの頃には戻れないんだと知ったとき、何でもない日常が実はかけがえのないものだったと気づくんでしょうね。

    この作品に、いや世之介に出会えて良かったな。
    ああ幸せ☆

    (2013年 日本)

  • 「出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。」

    長崎から上京してきた大学生・横道世之介が、社長令嬢のガールフレンドやゲイの友人など、多種多様な人たちに囲まれて過ごす何気なくも温かい日常。
    全体として長いのが気になるけれど、世之介の憎めないとぼけた雰囲気が良くて、見終わった後はほんわかした気分になる。

    特別なことをしたわけじゃないのに、普通に生きていただけなのに、その人のことを思い出すとみんな自然と笑顔がこぼれる―それって、結構すごいことだ。それって、結構素敵なことだ。

  • やはりところどころクスリと笑える(笑)
    小説でクスってなったところが押さえられていました。

    終始穏やかではありますが、観終わった後はやはりなんとも言えず、切ない気持ちになります。

    高良健吾の世之介…愛すべきお人好し感ハンパなかったです(笑)
    綾野剛の加藤が素敵すぎます…
    吉高由里子のお嬢様が思わんよかった!
    倉持も阿久津も・・・
    小説ありきで観ないとやはり足りない部分はあると思いましたが、個人的に役がみんなはまっていてよかったです!

  • 知り合った人はみんな 彼の事を思い返すと必ず笑顔になる…、
    そんな横道世之介は 1987年、大学進学のために東京に出てくる。
    世之介は 倉持や加藤といった友人や、
    ガールフレンドの与謝野祥子と知り合い大学生活を過ごしていく。

    当時の映像に今の俳優さんの姿を重ねている(であろう)映像がすごい。
    そして世之介が本当にイイ奴だ~。
    ある点を除いて何も起こらない3時間弱だが、それが人生であり、
    そういう中にこそ人を温かくするエピソードが詰まっているのだ。

  • 長々と書いた感想が消えてやる気をなくした…。



    原作は未読です。
    キャストが良い。

    さいごには、世之介がじぶんの友達かのように思えた。

    予告編はお涙頂戴の綺麗事チックでたいして良くなかったけど、
    本編はなかなかユニークでおもしろかった。
    予告より本編のが明らかに良い映画も珍しい気がする。

    大学生活がなつかしくなったりして観ていて楽しかった。
    世之介の描き方が綺麗すぎなくて良かった。
    普通で良かった。
    ときどき挙動不審なところがだれかに似ていて親近感。

    最後の方
    吉高由里子が友達の子供とレストランで
    肉をパンで挟んでたべるシーンで、
    あー、人って人の中で生き続けるんだなーって、監督か原作者の狙い通りなんだろうことを思ってぐっときた。
    どんな人でもたぶんそうなんだろう。

    わりと長めだし、心にじわっとしみこむので
    時間のあるときに観るのがおすすめ。


    原作も読んでみよー。

  • 蛇にピアスが良かったので、キャストで観てみた。長い、、、よのすけを中心にしてオムニバス形式で物語が進む。大学時代の話と、急に13年後ぐらいに切り替わったりして混乱するが面白い。全体通して星3だがラストが切なくていろいろ思い出させてくれて心地よくて星4。もう一度観たいけど長いので原作にする

  • 横道世之介の、生きている間の記録?

    特別なことは特にない

    ただ周りの人とかが暖かくて人間味があって人生をみた感じ

    横道世之介の人柄が周りの人も優しい
    温かい

    ふわふわと始まり終わった

  • 80年代大学進学から30代後半までの、世之助と出会った人々との何気ない日々の記録。
    周りの人のターニングポイントにひょっこり居合わせる世之助だが、本人は淡々と生きていく。じんわりとうっすらと相手の心に残りながら。最後まで人に優しくて。
    踊らされてるように見えたけど、結局目の前のことを受け入れて生きていく世之助の芯を感じた。きもかっこいい。笑
    ラジオから世之助の死を聞いた時は背筋が凍る気分だった。

  • 高良健吾君の自然体の演技が、すごく好き。
    登場人物それぞれのキャラクターが際立っていて観ていて飽きない。笑って泣ける良作!

  • ニュースで世之介の事故死が伝えられた時、3人だったしすぐあの大久保駅の助けようとしてなくなったニュースを思い出した。
    世之介死んでいたんだね。
    どうりで、現在の世之介の友達たちが、”あいつ最近会ってないな"とか"あいつどうしてるかな”とか言ってたんだ。
    南極の料理人の監督だったんだ。
    きたろうと高良健吾も出てたしな。
    時代設定が80年代で服や髪型やなつかしかった。

    世之介もキャラクターには高良健吾は二枚目すぎかな…

    横道世之介 2013年 160分 BSジャパン
    監督 : 沖田修一
    原作:吉田修一
    出演 : 高良健吾 吉高由里子 池松壮亮 朝倉あき 伊藤歩 江口のりこ 江本祐
    綾野剛 きたろう 余貴美子 国村隼 堀内敬子 ムロツヨシ 

    出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。

  •  思い出すと笑ってしまうような人が、そういえば僕にも何人もいる。 その誰もが決して特別ではなく、でも、僕の人生の中に存在してくれて素直によかったなぁと思う。 もしかしたら、時が経てば、人は人の可愛らしさや可笑しさだけを記憶してゆくのかもしれない。 そして、普通の人が、誰もが、誰かにとって、出会えただけでよかったなぁと思う存在になるのだろう。

     演技が良いのか演出が良いのか、その両方のおかげなのか、とにかく人間たちの姿が可愛らしかった。 全体に横たわる刹那感と、目立ちすぎないユーモアも心地よい。 見てよかった。

  • 高良健吾さん目当てに。
    世之介がとにかく可愛かった。でも、実際こんな男がいたら、シャキっとせい!って張り倒しそちゃいそう。でも、それでも好きになりそう。こういうダメ男にちょっと弱いというか。。そして、何年か経ったあとに、急に昔のことを思い出して、ひっそりと号泣してそう。
    高良健吾、こういう役はリアルやなあと思う。インタビューとか見てると、本当の彼の性格もこんな感じなんだろうなあ。ここまでダメ男ではないとは思うけど。だから、こんなに現実感のある演技できたんちゃうかな。
    だけどさ、やっぱり彼は自信満々タイプの役のほうがかっこいいですよ。高杉晋作役が最強すぎた。
    あと、吉高由里子がごきげんようって言うと、花子とアンだー!花子が貧乏じゃなくなってるーー!とか余計なこと思っちゃったよ。見た目は白百合のような可憐な女の子。それとざっくばらんな性格とのギャップが激しい。。だから吉高由里子を選んだのね。これはリアルにはいないだろ…と思ったけど、大人になったら!!なんと!!リアルすぎる30代に進化してるじゃないですか!あの変化は素晴らしかった。一体、彼女はどんな風にあの後生きていったのか。気になる。そのへんは原作にあるのかな?読んでみよう

  • せつないし、キュンキュン(ちょっと恥ずかしいが)するし、なんか懐かしい作品。
    青春ストーリーです。
    一昔前の設定で、しょっぱなのAXIAの斉藤由貴の看板とかちょっと嬉しかった。
    大学入学のために長崎から上京した主人公や友達、サークルの先輩、アパートの住人、お嬢様な彼女たちが見せる世界がとても面白いです。
    たまには、のんびりほっこり観れる作品もいいなぁと思いました。

  • 世之介のように生きたい


    原作同様、そう思わせる世之介の浅い、でもどこか惹かれる、放っておけない魅力を高良健吾がしっかり出してた。ぴったり。

    吉高さんお嬢様というのも最初はちょっと面喰ったけどこちらも途中からは違和感なし。

    あと個人的に加藤役の綾野剛がハマり役。


    なーんか心のどこかで微笑みながらも少しセンチメンタルなむず痒さをもたらす、しんみり映画。

    邦画ならでは、の作品。

  • いい映画だった。面白くて可愛らしくて愛おしい。

  • 特別な個性があるようにも見えないのになんだかあったかい魅力があって自然と周囲に愛される人、って自分の友人や知り合いの中にもなんとなーく面影が重なるような人たちがいたりするし、自分自身もそんな人間になれたらいいなと思う。それが「横道世之介」という人物。あとキスシーンがめちゃめちゃかわいかったです。

  • 2013年 日本
    監督:沖田修一
    原作:吉田修一『横道世之介』
    出演:高良健吾/吉高由里子/池松壮亮/綾野剛/柄本佑/井浦新/伊藤歩/佐津川愛美

    原作は読んでいないんですが、高良くんが見たかったので観てきました。うーん、青春もの・・・なんだけど、うーん。いやあの、面白くなくはなかったです。日常を積み重ねるだけの話で160分はちょっと長かったけど、それほど気にはならなかったし、キャストが豪華だったので、終盤ARATAが出てきたときとかすごいテンションあがったし(笑)。でもトータルで、何が伝えたかったのか、よくわからないような、わかったような、やっぱりわからないような。ていうか、結局死にオチっていうか、死んだ人を美化して思い出してるだけ、っていうのが、何がしたかったの感になっちゃうんだと思うんだけど、そのへんは原作を読んでないので、映画としてちょっと考えて欲しかったかなと。

    タイトルがずばり主人公の名前なわけですが、この世之介くん、確かに純朴な好青年でちょっと天然で天真爛漫で、垢抜けないがゆえのちょっと変な人っぽさも含めて、非常に良い子だし魅力的ではあるんですが、とはいえ、意外と普通だったり常識人なところもあって、期待するほど突拍子もない子ではありません。高良くんはもちろん好演していたけれども、そんなに皆が語り継ぐほどの「特別な人」感は、正直あまり感じられず・・・。むしろ、吉高由里子ちゃん演じるところの世間知らずのお嬢様・祥子ちゃんのほうがずっと言動がぶっ飛んでいて、彼女にかかったら世之介くんは全然普通の人に見えるし、とにかく祥子ちゃんにインパクトがありすぎて世之介くんは影が薄くなってしまってました(苦笑)。これがこの作品の最大の難点だったかもしれません。

    とはいえキャストの演技は良かったです。とくにこういう極端でコミカルな役を演じさせたら吉高由里子ちゃんは鉄板!ものすっごく可愛かった!ゲイの同級生役で綾野剛もいい味出してたし、柄本佑も大好きだし、佐津川愛美ちゃんは相変わらず可愛いし、おかげでワンシーンワンシーンはとても楽しく見れました。同じアパートの住人の江口のりことか、祥子ちゃんちのお手伝いさんとか、細部で結構笑えたりもして、ひとつひとつのエピソードは悪くなかったので、結局その積み重ねだけで最後まで見れる映画になっていたのかも。で、何が言いたかったのかということだけが、モヤモヤしたまま終わってしまったのでした。
    (2013.06.04)

  • 吉田修一の傑作、横道世之介の実写化。
    監督は『キツツキと雨』の沖田修一。

    与謝野祥子を吉高由里子がやると聞き、
    最初は正直イメージと違うなとガッカリもした記憶が。
    だが、この場で謝らせて下さい。
    これ以上ないぐらい、ぴったりな配役でした。
    吉高由里子という女優を初めてイイ女優だと思えた作品かも。

    微妙な時代物だけあって撮影も大変そうな印象。
    その分、よく再現できていたのではないだろうか。
    ただ、難民の赤ん坊のクダリや
    世之介の最期に繋がるクダリがあっさりだったり
    描かれていなかったのはやはり残念な感はあったが。

    とは言え、余貴美子さんを母親にするキャスティングなど、
    俳優部の力でその辺を補っているのも確か。
    ラストは感極まるものがあった。

  • 無邪気な吉高ちゃんって最強。
    学生をもう一度やりたくなった。あんな学生生活は送っていないし送れないだろうけど。

全200件中 1 - 25件を表示

横道世之介 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

横道世之介 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

横道世之介 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

横道世之介 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする